棚ぼた有給は伊豆高原へ一人旅! 隠れ家リラクゼーションホテル「リクラシア伊豆高原」で自分を癒す



 客室が少ないホテルなので、運が良ければ露天風呂も独り占めできる。アメニティも充実しており、オイルシャンプーでしっかり髪を洗い、入浴後もホテル特製のスキンケア用品でしっかり保湿。いつもの自分にご褒美……とはまさにこのこと!

 入浴後は「リクラシア伊豆高原」ならではのサービスのリンパドレナージュの施術を楽しむ。大人のラグジュアリーホテルをうたうだけに、全室の部屋料金にエステ施術が含まれていて、フェイス〜デコルテのデトックスマッサージを受けることができる。

 リラクゼーション中心のマッサージかと思いきや、しっかりとフェイスラインをゴリゴリしてくれる。とはいえ痛いという感じではなく、あくまで「気持ちいい」が勝つ。アロマな香りのオイルの匂いも相まって、気を抜くと一瞬で眠りの世界に落ちていきそうだ。特にデコルテは背中側までマッサージしてもらえるので、デスクワークの多い女性にはありがたい。終わった瞬間の首肩の可動域の広さに驚くはずだ。

 ハンドマッサージのあとは全身でコラーゲンを浴びる「コラーゲンマシン」。温泉の美肌成分をコラーゲンでしっかり閉じ込めれば、明日の肌はいつもとは比べものにならないポテンシャルを見せてくれるはずだ。



 食事にもこだわっている。朝夕の食事はすべてコースで、夕食ではなんとモエのシャンパンを使ったフルコースを堪能できる。シャンパンの酒蒸しから始まり、メイン料理にこのシャンパンのだしが使用される。透明だったシャンパンだしはクリームスープやカルボナーラに姿を変えて出されるのだが、どれも絶妙にシャンパンの風味が香り、片手のワインも進んでしまう。一人酒をしない女性でも美味しくお酒がいただける料理、という感じだ。メインの最後に登場した肉料理は目の前でフランベして出してもらえる。思わずインスタにあげたくなるムービージェニックさだ。

 こんなに自分に贅沢をさせてあげたことが未だかつてあっただろうか……と思うほど、まさに「いたれりつくせり」を味わえた。
半分オンラインで半分リアルな新しい展示会 有明の「SMALL WORLDS TOKYO」から発信
卵と乳製品を使わない バナナケーキ【菅野のなさんのレシピ】
ふりかけやおにぎりにも ごまひじき【菅野のなさんのレシピ】
ヘッドライン、新スポット「SMALL WORLDS TOKYO」に社屋設立!「SMALL WORLDS TIMES」でニュースを発信
切り干し大根入り 葉っぱのおにぎり【菅野のなさんのレシピ】
生け花で前向き志向の効果も。コロナ禍こそ始めたい、おうち華道キット