オタクも2.0! アニソンDJイベント行ってみたらダサいオタクがいなかった

 みなさんは「オタク」というとどんなイメージを持つだろう。リュックサックにポスターをビームサーベルのように入れ、チェックシャツをジーパンにインして秋葉原を歩く…そんな「典型的オタク像」を作ったのは、名作『電車男』だろうか。しかし、『電車男』が放映されたのは2005年、もう14年も前なのだ。時が経つのが早すぎて怖い。

 サブカルがサブカルではなくなり、アニメも日本のメインカルチャーのひとつになっているといっても過言ではない。そんな今のオタクを象徴するイベント「jumeaux in TOWN 2019」の様子をリポートする。


 4月14日、女子クリエイターユニット『jumeaux(じゅーも)』による、アニソンDJ×アパレルファッションという異色のコラボイベント「jumeaux in TOWN 2019」が、渋谷のクラブ「lounge NEO」で行われた。

 じゅーもは服飾出身の女子2人からなる「おたくりえいたー」ユニット。アパレルブランド「じゅーも」として、季節ごとにコレクションを展開している。

 オタクといえば、外見に関わるものよりもコンテンツにお金をかけたい生き物。そんな先入観から考えると、クラブDJというパリピイベントはオタクのイメージから遠くかけ離れたものであり、その上、デザイナーズブランドのアパレル展開というファッショナブルなものが、オタクから受けそうには到底思えない。
1 2 3>>>
ゴールデンボンバー 、キリッ!「闇営業するほどお金に困ってない」
イオが王者シェイナを失神させるも試合は「負け」で豹変【WWE NXT】
この夏乗りたい! 走って泊れる北斎キャンピングカー登場
最先端カルチャーが広げるエンタメの未来【BEYOND 2020 NEXT FORUM】第1部
中村倫也が推したスーパーステションは見せ場作るも11着
中村倫也がTCKの帝王賞を予想。まさかの人気薄「スーパーステション」に◎