グリンピースのポタージュ【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】

 献立は、昭和の名脇役と呼ばれる沢村貞子さんが残した約26年間の「献立日記」から。料理とレシピは、フードスタイリスト・飯島奈美さん(映画『真実』・ドラマ「深夜食堂」他超多数)。映画やドラマで数々の美味しい場面を彩ってきた飯島さんが、「日記」を見つめ、沢村さんと話をするように、自由に作りました。

※本記事は『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』(リトルモア)より一部を抜粋、再編集したものです。
『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』より
グリンピースのポタージュ 昭和54.9.19

【材料(2人前)】
グリーンピース(茹でたもの・冷凍) 250g
玉ねぎ 1/4個
米 大さじ1
鶏スープ(※) 400mℓ
バター 10g
牛乳 150mℓ
塩 適量
白こしょう 適量
生クリーム 適量

※鶏スープ 500mℓ
  鶏ひき肉 150g
  水 500mℓ
  塩 適量
 鶏スープを作ります。火にかける前に、鍋に鶏ひき肉と水を入れ、よく混ぜます。弱めの中火で沸騰させて、ひき肉に火が通ったら目の細かいザルなどで濾して完成です。もちろん他の料理にも応用できます。


【作り方】
 玉ねぎをみじん切りにします。鍋にバターをひき、玉ねぎ、塩ふたつまみを入れ、しんなりするまで弱火で炒めます。グリーンピース、米、鶏スープを加えて、米がやわらかくなるまで10〜15分ふたをして弱火で煮ます。

 火を止め、粗熱がとれたらミキサーにかけ、なめらかにし、鍋に戻します。牛乳も加えて、火にかけ、塩、白こしょうで味をととのえたら、器に盛って生クリームをたらしてできあがり。

〈POINT〉
 沢村さんは旬の春にたくさん茹でて、冷凍庫に大切にしまっておき、使っていました。米でとろみを出すテクニックは昭和初期の料理本を参考にしました。

・料理名は沢村さんの献立日記のままの表記です。
『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』書影
『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』
【著者】飯島奈美【刊行】リトルモア【定価】本体2000円+税【URL】http://www.littlemore.co.jp/store/products/detail.php?product_id=1021
にぎりずし【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】
https://www.tokyoheadline.com/495119/

炒り豆腐【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】
https://www.tokyoheadline.com/495287/

カレーライス【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】
https://www.tokyoheadline.com/495539/

ドーナッツ【沢村貞子の献立 料理・飯島奈美】
https://www.tokyoheadline.com/495768/
その時代を生きる人々の暮らしが見えてくる!「隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則」
【明日は何を観る?】『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』『モータルコンバット』
【明日は何を観る?】『アオラレ』『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』
注目と話題は本物に出会うキッカケ【オススメミュージック】
ヒノマルを胸にオリンピックの舞台で飛んだ“選手ではない”英雄たちの物語『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』
“海の宝石”タカラガイの魅力に迫る決定版!『日本と世界のタカラガイ』