池江璃花子、復帰レースでインカレ標準記録を突破 東京都特別水泳大会

写真提供:東京都水泳協会/ベースボール・マガジン社
 白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子が29日に東京辰巳国際水泳場で行われた東京都特別水泳大会で実戦に復帰した。池江はエントリーした50メートル自由形で26秒32の記録でゴール。大会前に目標に掲げていた10月の日本学生選手権(インカレ)の参加に必要な標準記録26秒86を大きく上回った。

 治療から回復して初めてのレース。「すごい緊張していた」というが、ゴールしてみればその組ではトップ。「タイムよりも、組で1番ということがすごくうれしかった」といい、「自分が泳いでいること、またこの場所で泳げたことに自分のことだけど感動したというか、また戻ってこられたんだなと実感があった」と、レース後の取材で明らかにした。

 レースではまた「アスリートとしての負けたくないという気持ちは残ってるなと感じた。ラスト15メートルで初めて(横を)ちらっと見たときに、体が疲れて動かなくなっているし負けるんじゃないかなというのが一瞬よぎったんですが、最後までここは負けたくないなと思って出し切れました」と振り返った。

 インカレ参加に必要な標準記録は突破したが、この記録が40位以内に入らないと出場はできない。「まずはインカレに向けて。一番の目標はパリ(五輪)に出場することなので、パリに向けて体を戻していければ」と、話した。

1 2>>>
EXILE TAKAHIROが表参道ヒルズでクリスマスツリーに点灯「童心に返る」
渋谷に新ライブハウス「渋谷近未来会館」オープンへ! 香港の廃墟をイメージ
田中将大に何が起きていたのか? 6日放送の『プロフェッショナル』が迫る
紫雷イオらが数的不利を跳ね返して女子ウォーゲームズ戦を制す【WWE NXT】
東京都、6日の新規感染者は7人、重症者は3人
前田敦子、独立後は「怒涛の一年だった」。「お酢好き」念願叶い、タマノイ酢アンバサダーに就任