黒田勇樹が男女共同参画を実践。夫演出、妻主演、稽古は子連れで新作公演「シン・デレラ」〈インタビュー〉

 劇作家・演出家で俳優の黒田勇樹が演劇界における真の男女共同参画を実践!? 黒田は自身が脚本・演出を務める三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュースvol.13「シン・デレラ」が2月21日からスタートするのだが、主演に妻の珠居ちづるを起用、子連れで稽古という新しい試みにチャレンジしている。黒田にその経緯、実際の稽古の様子などについて聞いた。

子供を肩車しながら演出する黒田勇樹

女性が育児に専念しないといけないというのはちょっと違うと思った

 まずはなぜ子連れ稽古という形を取ろうと?
「息子も2歳になって、最近は家でも映画などをおとなしく見られるようになったんですが、明らかに面白いものは一生懸命見て、つまらないものはすぐに飽きるんです。“これは稽古場に連れて行ったら面白いのではないか?”というのがまず最初。案の定、稽古場の空気が変わった時とかに静かにし始めたりするし、笑ったりもする。そして2歳の彼が笑った時に俳優たちがすごくうれしそうな顔をするんです。ある程度は想像していたんですが、それを見て“そうだ。この感覚を忘れないで今回は1作品作ろう”と改めて思っています」

 そういう意図でやろうと思ったことについては最初の顔合わせで出演者に話した?
「顔合わせでちょっと言ったくらい。出演をオファーする際にはあまり言ってないです」

 みんなは「あれ? 子供がいる」って感じ?
「今回のキャストは半分がこちらからのオファーで、半分がオーディション。特にこちらからお願いをした方々には説明しておいたほうがよかったかなという気持ちもあったんですが、正直な話、妻をキャスティングするかどうかもオーディションするまでは決められなかったんです。妻をキャスティングするには子供を連れて稽古をしなければいけない。そういう順番でした」

 オーディションで奥さんを超える存在がいたら、キャスティングすることはなかったかもしれない?
「妻を出したいという思いは強くあったんですが、どうしても出てほしい人が“稽古場に子供がいるのは嫌”と言ったら、その優先順位はすごく難しかったかもしれないですね」

 そしてオーディションの結果、奥さんに出演を依頼することになるわけですね?
「僕が舞台を作って、妻が子育てをしていることにみんなが当たり前みたいな顔をしているんですが、僕は以前から“この人は本当は自分も舞台に立ちたいと思っているんだろうな”と思っていたんです。子供を産んだからって女性に育児に専念させる、女性が専念しないといけないというのはちょっと違うな、という思いもありました。そうなると方法は2つ。すごくお金を稼いでベビーシッターを呼んで妻を舞台に立たせるか、僕がそういう現場を作るか。今できるのは後者だった。それに、今回は僕のことが取り上げられて話題になりましたが、子連れ演出家というのは意外に結構いるんです。奥さんが制作さんだったりとか。本当は演劇の現場も開かれてきているんですが、そうではないと思われている。その中で僕がアイコンになることによって、そういったケースがあることを世間に知ってもらえるのではないかとも思いました」

1 2 3 4 5>>>
THE RAMPAGEの鈴木昂秀 ワンチャンドッキリと思った主演映画で魅力ジワリ〈ただ、あなたを理解したい〉
BALLISTIK BOYZ、最新作は「大きなターニングポイントになる」 2年ぶりのニューアルバム『Back & Forth』をリリース
林和希「こういう曲をずっと書きたかった」新曲『東京』で向きあった誰にもある“あの日々”
ガンプロ勝村周一朗が2・23横浜での和田拓也とのSOG世界無差別級王座戦に高揚感「以前の自分と戦うような気がして、そこのワクワクがある」
倖田來未、小児がん支援ライブへの思い「音楽の力で少しでも子どもたちの力になれれば」
教えて、 WOLF HOWL HARMONY! とびきりのバレンタインデー&ホワイトデーの思い出