SearchSearch

リベンジに燃える白鳥大珠に直樹が「自分が言えばすぐ再戦できるのが当たり前だと思っているのが腹が立つ」【RISE】

2021.09.22 Vol.Web Original

「RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」(9月23日、神奈川・ぴあアリーナMM)の前日計量が9月22日、都内で行われた。

 ライト級のSuper Fight!で対戦する直樹(BRING IT ONパラエストラAKK)と白鳥大珠(TEAM TEPPEN)が静かに火花を散らした。

 2人は昨年10月に行われた「RISR DEAD OR ALIVE 2020 −63kgトーナメント」準決勝で対戦。直樹がヒザ蹴りで白鳥の額を割り、出血によるドクターストップで1RTKO勝ちを収めている。直樹はその勢いを駆って今年1月には秀樹を破りRISEライト級王座を獲得した。

 トーナメントの優勝候補と目されていた白鳥はそこで実現させることができなかった原口健飛戦が今年2月に急きょ実現したものの、2度のダウンを奪われ判定負け。しかし6月にはRIZINで行われたキックトーナメントで高橋亮と皇治を破り優勝。再起を果たしている。

大﨑孔稀が体重オーバーで失格。繰り上がりの滉大と準決勝の志朗「呪われたトーナメント」【RISE】

2021.09.22 Vol.Web Original

大﨑は再計量も2.95kg オーバー

「RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」(9月23日、神奈川・ぴあアリーナMM)の前日計量が9月22日、都内で行われた。

 今大会では「RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント」の準決勝と決勝が行われるのだが、準決勝第1試合で志朗(BeWELLキックボクシングジム)と対戦予定だった大﨑孔稀(OISHI GYM)がまさかの3.2kgオーバー。2時間後に行われた再計量でも55.95kgで2.95kg オーバーと規定体重をクリアできず、失格となった。

 計量ではリザーブファイトに出場予定の金子梓(新宿レフティージム)も650gオーバー。再計量でも53.65kgとクリアできず。

 この結果を受け、関係者で協議した結果、リザーブファイトに出場予定だった滉大(及川道場)が繰り上がりで本戦に出場し志朗と対戦することとなった。2人は大阪で行われた1回戦で対戦し、志朗が延長ラウンドでダウンを奪い判定勝ちを収めている。滉大にとっては思わぬ形でリベンジマッチのチャンスが回ってきた。

那須川天心が「自分だけの試合」での圧倒的な勝利を約束。鈴木真彦は「下馬評が低いほうが燃える」【RISE】

2021.09.22 Vol.Web Original

6年ぶりの対戦

「RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA」(9月23日、神奈川・ぴあアリーナMM)の前日計量が9月22日、都内で行われ、メインイベントでバンタム級(-55kg)のSuper Fight!で対戦する那須川天心(TARGET/Cygames)と鈴木真彦(山口道場)はともに1回で規定体重をクリアした。

 2人は2015年に行われた「BLADE FC JAPAN CUP 2015 -55kg」の1回戦で対戦し、那須川が1RKO勝ちした。その後、鈴木は打倒那須川を誓い、RISEに参戦。第7代RISEバンタム級王座に輝き、那須川に敗れて以降20連勝を記録した。しかし昨年行われた「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~」の決勝で志朗に敗れ、那須川戦を実現することはできなかったが、折からの新型コロナウイルスによる入国制限などで外国人選手の招聘が叶わず、このタイミングで那須川戦が実現した。

 那須川は来年3月を最後にキックボクシングを卒業し、ボクシングに転向することが決まっており、キックの試合はこの試合を含めあと3試合となっている。

東京パラリンピック『The challenged』【アフロスポーツ プロの瞬撮】

2021.09.22 Vol.web original

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

原点回帰の大仁田厚が高木三四郎とFMW-Eでの初タッグ結成【FMW-E】

2021.09.21 Vol.Web Original

10・24鶴見は世界初の全試合電流爆破デスマッチ

 原点に回帰した大仁田厚がFMW-E旗揚げ第4戦「SKY HIGH」(10月24日、神奈川・鶴見爆破アリーナ=鶴見青果市場)で高木三四郎(DDTプロレス/サイバーファイト社長)とタッグを組み、ミスター・ポーゴ、アブドーラ・小林(大日本プロレス)組と対戦することが決まった(試合形式は未定)。

 さかのぼること21年前、大仁田は念願であった長州力との電流爆破デスマッチ(2000年7月30日、横浜アリーナ)の直前の同月13日、DDTの東京・渋谷clubATOM大会に参戦し、高木とノーロープ有刺鉄線デスマッチ(シングルマッチ)で激突した。高木にとっては、これがデスマッチ初体験だった。当時の大仁田は自身が創設したFMWから離脱し、たった一人で強大な敵・新日本プロレスと戦い抜き、引退していた長州の引きずり出しに成功した。そんなときに大仁田と高木はインディペンデント魂をもって、小規模な会場で相まみえた経緯がある。

 その頃のことが脳裏をよぎった大仁田は「あのときの有刺鉄線デスマッチは感動しました。もう一度、俺たちも原点に戻り、あの頃の自分に、ガムシャラに何かをつかみたいと思った時代に戻ってみませんか? 10月24日、鶴見爆破アリーナでお待ちしています」とラブコールを送った。

 この投げかけに対し、高木は「長州戦を2週間後に控えているにも関わらず、自分と戦っていただいた。その試合が『コロッセオ』(日本テレビ)、『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日)で流され、私はプロレスラーとして世間に認知されるようになりました。今回の大仁田さんからのタッグ要請、私に断る理由などありません。大仁田さんの隣に立ち、大仁田さんと戦ったあの頃の気持ちを取り戻したいと思います! 10月24日、よろしくお願いします」と快諾し、両者のタッグ結成が決定した。

 これを受けて、大仁田は「高木さん、2人で魂が燃え上がるようなデスマッチをやろうぜ! ポーゴよ、小林よ! 雁首揃えて出て来い。返答無用。10月24日、鶴見爆破アリーナ、逃げるなよ!」としてメインカードを即決した。

 9月12日、鶴見大会のメイン(大仁田vsポーゴ)終了後、大仁田とポーゴは握手を交わして、ポーゴが退場。その後、小林が乱入し、有刺鉄線バットで大仁田を攻撃。すると、ポーゴが再び現れ、大仁田に裏切りのビッグファイアーを放ち、ポーゴと小林は結託する可能性をもうかがわせていた。

 大仁田と高木はDDTの8月21日、富士通スタジアム川崎大会などでも組んでいるが、高木のFMW-E参戦は初となり、2人だけの純粋タッグとなるとレアケースで、どんな化学反応を示すのか? ポーゴと小林のコンビが果たして機能するのか注目が集まる。

 また、大仁田は10・24鶴見の全試合(6試合を予定)を電流爆破デスマッチで行うことを決め、「米国に行く前に、FMW-Eのアピールをしたい!」と意気込んだ。同大会では「女子電流爆破プリンセス・トーナメント」2試合(鈴季すずvsマドレーヌ、世羅りさvsライディーン鋼)も予定されている。

ユニバーサル王者レインズが新旧WWE王者ビッグE、ラシュリーとのトリプルスレット戦を制す【WWE】

2021.09.21 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月21日、ノースカロライナ州ローリー/PNCアリーナ)でユニバーサル王者ローマン・レインズが新WWE王者ビッグE、前WWE王者ボビー・ラシュリーとメイン戦で激突するとスピアーでラシュリーを沈めてトリプルスレット戦を制した。

 スマックダウン所属のレインズがウーソズと共にロウ・オープニングに現れると対峙したビッグEらニュー・デイと火花を散らして6人タッグ戦に突入した。しかし、試合途中に突如現れた前WWE王者ラシュリーがビッグEにスピアーを放ち、エグゼビア・ウッズやウーソズを無差別に蹴散らすとそのすきにレインズがウッズにスピアーを叩き込んでタッグ戦に勝利した。

“小悪魔”アレクサが人形“シャーリー”を引きちぎったシャーロットに怒りのDDT弾【WWE】

2021.09.21 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月21日、ノースカロライナ州ローリー/PNCアリーナ)で“小悪魔”こと次期挑戦者アレクサ・ブリスがプレゼントした人形“シャーリー”を引きちぎったロウ女子王者シャーロット・フレアーに怒りのDDTを叩き込んだ。

 アレクサズ・プレイグラウンドにシャーロットが登場するとアレクサは「シャーリーを連れてきてないのね」と言いながらシャーロットが捨てたはずの人形“シャーリー”を取り出した。シャーロットに「シャーリーは必要ない。以前、アレクサはタイトルを持っていたのに今では人形を抱いている」と侮辱されたアレクサは「タイトルがなかったらあなたは何者なの? 何の価値もないじゃない」と言い返すと「エクストリーム・ルールズでは私のことを王者と呼ぶことになるわ」と王座奪取を宣言。

“忍者”戸澤陽が24/7奪取作戦を仕掛けるも再び王者レジーに逃げられて失敗【WWE】

2021.09.21 Vol.Web Original

 WWE「ロウ」(日本時間9月21日、ノースカロライナ州ローリー/PNCアリーナ)で“忍者”戸澤陽がRトゥルース、ドリュー・グラックと共にドレイク・マーベリック指示の下で24/7奪取作戦を仕掛けるも今回も24/7王者レジーに逃げられて王座奪取に失敗した。

 バックステージでマーベリックに「作戦はシンプルだ。網でレジーを捕まえて24/7を奪取するぞ」と指示を受けた戸澤はRトゥルース、グラックと3人でレジーを捕まえようとしたが、網はレジーにかわされてグラックに誤射。さらに戸澤が機材置き場で王者を追い詰めたかに思われたが、レジーは華麗なジャンプで機材から飛び降りるとそのまま余裕の表情でその場を後にした。

初参戦で勝利の石井慧「いずれ京太郎選手とやりたい」、京太郎を破ったカリミアンは「石井が京太郎より強いならぜひ戦いたい」【K-1】

2021.09.21 Vol. Web Original

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)の一夜明け会見が9月21日、都内で開催された。

 K-1初参戦で愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に判定勝ちを収めた石井 慧(チーム・クロコップ)は「一安心。コーチの誕生日でもあったのでいい誕生日プレゼントになったなと思います」と勝利に笑顔を見せた。

 試合については「昨日の試合映像を見て、もっと自分から仕掛けていって、コンビネーションも出していけたらなと。次の試合に向けて、今回できなかったことを次回にできるようになって戻ってきたい。(自己採点は)50点くらいかな。気持ちで負けず最後競り勝てたのは良かった。自分から組み立てることができなかったのは良くなかった。100点は難しい」、愛鷹については「振り回してくることを想定していた。それに対しての練習をかなりやってきた。そこが予想と違った。相手がそうじゃなかったときに自分で組み立てることができなかったのが次の課題かと思う」などと振り返った。

3連続KOでトーナメント制覇の野杁正明「次は外国人を倒せる姿を見せなければいけない。その舞台が欲しい」【K-1】

2021.09.21 Vol. Web Original

4人制トーナメントで2階級同時開催も提案

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)の一夜明け会見が9月21日、都内で開催された。

「K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」を3連続KO勝ちで制した野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は「有言実行できた、充実したいい1日だった。1回戦と準決勝は実力差を見せつける内容にすると言っていて、実現できたので合格点を出せる試合だったと思う。決勝も1RでKOしたかったが、無理して1Rから攻めるのはリスクもある。セコンド陣と直前に対策を練って、3Rかけて倒せばいいということ言っていた。試合を見るとセコンド陣ともちゃんとやり取りができていたので、良かったと思う」などとトーナメントを振り返った。

 そして「今、ベルトを持っているが、世界一かと言われたら、この階級の強豪は海外にはまだまだたくさんいる。ピケオーをはじめこのベルトを狙っている海外の選手はいるので、海外の選手を呼んでこのベルトをかけて世界トーナメントをやりたいと思っている」と王者としての次の展開を語った。そのトーナメントについては「今のK-1は8人制トーナメントだが、昨日のトーナメントを見ても、無理して8人にすることもないかなと思っている。1日3試合は疲れるということもありますし。4人トーナメントにすれば3試合ですむ。それなら2階級のトーナメントができる。1日に2階級のトーナメントができるというのは贅沢。そういったことを僕が王者になって発言をすることで、今のK-1にはない新しい感性を見出していきたいと思っている」と提案する場面もあった。

 野杁は階級アップ後、外国人選手相手に判定で圧勝するものの“倒せない”試合が続いていた。前日は一転、日本人相手に3連続KO勝ちを収めたのだが「倒せなくて、記者の皆さんにもたくさん言われて悔しかったので、フィジカルを鍛えたんですよ。それが今回いい結果になった。今は外国人でもKOできる自信がある。これからさらに強くなった僕の戦い方を楽しみにしてほしい。日本人選手とやって倒せるところを見せられたので、次は外国人を倒せる姿を見せなければいけないと思っている。その舞台が欲しい」と改めて世界トーナメントの開催へのこだわりを見せた。

“判定マシン”村越優汰がK-1に要望「完封したらマイクを握らせて」【K-1】

2021.09.21 Vol. Web Original

「判定マシンを貫こうかと思っている」

「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」(9月20日、神奈川・横浜アリーナ)の一夜明け会見が9月21日、都内で開催された。

 スーパー・フェザー級のスーパーファイトで西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)に判定勝ちを収めた村越優汰(湘南格闘クラブ)はK-1に「判定でもマイクを握らせて」と要求した。

 前日の西元戦はダウンを奪った上での判定勝ち。きっちりとテクニックを見せたうえでの勝利に村越は「試合前から言っていた通り、相手に何もさせないで完封できた。有言実行できたかなと思う。そんなに目立った攻撃はもらっていないので理想の戦い方をできたかなと思う」と語った。

 今回の試合前に「判定マシンvs KOマシン」という言われ方をしていたことについては「いいと思う。自分でも判定マシンと言っているので、貫こうかと思っている(笑)。人それぞれ味があると思う。俺には俺の味がある。判定まで行って、テクニックを見せて3分3Rしっかり相手を調理して見せるところが俺の戦い方。昨日は結構いい出来。70~80点くらい」と自己採点。

 そして最後に「ひとつK-1にお願いしたくて。俺は判定でしっかり勝つということにこだわっていて。昨日みたいに完封してきれいな勝ち方をした時には、俺にも喋りたいことがあるので、マイクを持たせてほしい」と基本的にはKOした場合に許される試合後のマイクについての注文を出した。

Copyrighted Image