やっと表に出てきていただけたと思ったのに答弁拒否56回

お疲れのようですが、しっかり答えていただかないと困ります(写真:AP/アフロ)
「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題で、3月27日、衆参両院の予算委員会で佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われた。佐川氏は改ざんが行われた当時の財務省理財局長。

 佐川氏は官邸や政治家の関与はきっぱりと否定。一方で、財務省は「いつ」「誰の指示で」「なぜ」文書を改ざんしたのかという核心部分については「刑事訴追の恐れがあるので差し控えたい」と繰り返し、答弁拒否は56回に及んだ。それでいながら部下に責任をかぶせているとも取れる答弁もあり、後味の悪いものとなった。