BMXフリースタイル・パーク 中村輪夢『孤独』 【アフロスポーツ プロの瞬撮】

2018.12.07 Vol.web original
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

紫雷イオがシェイナに強烈アッパー炸裂【12・6 WWE NXT】

2018.12.06 Vol.Web Original
MMAフォー・ホースウィメンからダコタを救出
 WWE「NXT」(日本時間12月6日配信)で紫雷イオが盟友ダコタ・カイの救出に登場し、王者シェイナ・ベイズラーが率いるMMAフォー・ホースウィメンを蹴散らした。  イオは前回のNXTでセイン・カイリ、ダコタとともに共闘してMMAフォー・ホースウィメンに対抗していくことを表明していた。  この日はシェイナ対ダコタのノンタイトル戦が行われた。シェイナがダコタの左腕関節を決めて優勢となるも、ダコタは右手一本で反撃。串刺しスライディングキック2発を叩き込んで意地を見せるがシェイナは再び左腕を捻り上げると、最後はキリフダクラッチ。レフェリーが試合を止め、シェイナがダコタを退けた。  シェイナが試合後もマリナ・シェファー、ジェサミン・ デュークとともに3対1でダコタに暴行を加え続けるとイオが救出に駆け付け、マリナとジェサミンにダブルキック、シェイナには強烈なアッパーを叩き込んで3人を蹴散らした。

AJスタイルズをいたぶるブライアンに大ブーイング【12・4 WWE】

2018.12.05 Vol.Web Original
変わり果てた姿にファンも失望
 WWE「スマックダウン」(現地時間12月4日、テキサス州オースティン/フランク・アーウィン・センター)でWWE王者ダニエル・ブライアンが再戦が決まっているAJスタイルズとの対戦に向け大デモンストレーションを敢行した。  この日はザ・ミズがMCを務める「ミズTV」に登場。WWE王座を獲得して変貌したブライアンは「お前たちの言うことを聞くのはやめた。これからは夢が俺を動かす」と会場のファンを失望させると、「古いブライアン、イエスムーブメントは死んだ。誰もニュー・ブライアンを変えることはできない」と我が道を行くことを主張した。  するとそこへ「TLC:テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ」(12月16日、米カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)で再戦が決定しているAJが登場。ブライアンはミズをAJにぶつけて逃走したが、最終的にミズとブライアンが共闘。ミズがAJにスカルクラッシング・フィナーレを炸裂。その結果、メイン戦でAJ vsミズの対戦が急遽決定した。  試合ではゲスト解説のブライアンがAJに握手を求めたり、足を引っ張るなどミズに加勢するも、最後はAJがカーフ・クラッシャーでミズにタップ勝ち。しかし、ブライアンは試合後、AJを襲撃して左足に集中砲火。ポストに叩き付け、ヒールホールドで左足を痛めつけると顔面にストンピングの連打。徹底的にAJをいたぶるブライアンに会場のファンは大ブーイングを浴びせた。

TLC三つ巴戦を前にアスカとシャーロットが失態【12・4 WWE】

2018.12.05 Vol.Web Original
王座かけ対戦の3人が舌戦を展開
 WWE「スマックダウン」(現地時間12月4日、テキサス州オースティン/フランク・アーウィン・センター)のオープニングでスマックダウン女子王座TLCトリプルスレット戦の調印式が行われた。  ここでアスカ、シャーロット・フレアー、王者ベッキー・リンチが舌戦を展開。  シャーロットが「私は竹刀一本でロンダをやっつけた。でもベッキーはナイアのパンチ一発で怪我。TLCではどうなるのかしら」と王者に警告すると、アスカも「ベッキーはシャーロットを倒してるけど、私を倒したことはない。私だったらロンダに勝てたのに」と2人を挑発。しかし、ベッキーは「2人ともロンダにも、私にも勝てない」と言い放ってサインをすると、そのまま立ち去った。

アンブローズが「TLC」で対戦のロリンズを返り討ち【12・3 WWE】

2018.12.04 Vol.Web Original
客席になだれ込み大乱闘
 WWE「ロウ」(米国現地時間12月3日、テキサス州ヒューストン/トヨタセンター)でディーン・アンブローズがガスマスクを付けてセキュリティーと共にリングに登場。「TLC: テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ」(12月16日、米カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)で対戦するセス・ロリンズと派手な乱闘を繰り広げた。  アンブローズは「お前たちの病気が感染しないようにしないとな」と観客を挑発すると、さらに「TLCでは力尽くでIC王座を奪い取る」とロリンズに向けて宣戦布告した。  すると突然ロリンズがリングに現れると、アンブローズやセキュリティーを次々に場外へ排除。なおも場外へのトペ・スイシーダを繰り出すも、これを回避したアンブローズは客席でロリンズと乱闘を繰り広げる。  アンブローズはガスマスクでロリンズの顔面を殴りつけると、場外でダーティ・ディーズ。さらにリングでも観客に見せ付けるようにダメ押しのダーティ・ディーズでロリンズを沈めると、倒れたロリンズを見下ろしてリングを後にした。

ロンダとナイアがダブルヘッダーで前哨戦【12・3 WWE】

2018.12.04 Vol.Web Original
12・16「TLC」でロウ女子王座戦
 WWE「ロウ」(米国現地時間12月3日、テキサス州ヒューストン/トヨタセンター)でロウ女子王者のロンダ・ラウジーが「TLC」での対戦が決まっているナイア・ジャックスとタッグで前哨戦を行った。  ロンダはナタリアを、ナイアはタミーナをパートナーに試合に臨むが、ここでライオット・スクワッドが乱入。5対2の圧倒的に不利な状況でナタリアはライオット・キックでテーブル葬となってしまった。  これに怒りを抑えられないロンダは負傷のナタリアの代理にエンバー・ムーンとタッグを組んで、再びメインイベントでナイア&タミーナと対戦。  しかし、ここでもエンバーが入場する前にナイア&タミーナがロンダを襲撃。駆け付けたエンバーがクロスボディー、コードブレーカーを決めてナイア組を蹴散らしていく。  一度はエンバーがパワーに勝るナイア組に捕まって苦戦するも、最後はタミーナに的を絞りロンダの一本背負い、エンバーのエクリプス、そしてロンダがアームバーを決めてタミーナからタップを奪った。 「TLC: テーブルズ・ラダーズ・アンド・チェアーズ」(12月16日、米カリフォルニア州サンノゼ/SAPセンター)ではロンダvsナイアのロウ女子王座戦が行われる。

冬こそ体を鍛えるチャンス! “時短”“日本初上陸”“がんばらない”最新ジム事情

2018.12.04 Vol.web original
 寒さとそれにともなう厚着で体を動かすのが億劫なこの時期。さらにクリスマスや年末年始など、豪勢な食事をする機会も多く、痩せたい人には辛い季節だ。しかし、ここでしっかり運動して体を鍛えれば、来るべき来年の夏にはいち早く、ナイスバディを披露できるというもの。最近では“効率よく”、“楽しく”、“飽きずに続けられる”など、ズボラで怠け者にもうれしいジムが続々誕生。近所のプライベートジムに行ったら「あなたが痩せるのには150万円かかる」と言われすごすご帰ってきたメタボに悩む中年グルメ探偵が、それらのジムを体験リポート!

羽生結弦・フォトジェニック 【アフロスポーツ プロの瞬撮】

2018.12.04 Vol.WEb original
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

林健太「ゴンナパーにリベンジしないことには始まらない」【12・8 大阪K-1直前インタビュー】

2018.12.03 Vol.Web Original
 新生K-1初の大阪大会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)の開催まで1週間を切った。本紙ではここに出場する選手の中からさまざまな角度でピックアップした選手にインタビュー。  今回は関西出身で、東京に拠点を移し活動中の林健太に話を聞いた。

工藤監督と現役プロ野球選手が子どもたちに一足早いクリスマスプレゼント

2018.12.02 Vol.web original
夢の課外授業郊外型スタイル 〜チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2018〜  2年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの監督・工藤公康が毎年12月に開催している野球教室「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2018」(主催:二十一世紀倶楽部、夢の課外授業実行委員会)が2日、東京・神宮室内野球練習場で開催された。

林健太が新必殺技開発? 謎の公開練習披露【12・8 大阪K-1】

2018.12.01 Vol.Web Original
パンチのラッシュ? 声だけは気合満点だったが…
 新生K-1初の大阪大会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)で開催されるトーナメントに出場する林健太(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が12月1日、公開練習を行った。  林は弟の林勇汰相手に1分間の「ミットを打たないミット打ちwith声だけは気合満点」という謎の動きを披露した。  その後の会見で、林はこの動きについて「新しい必殺技です。これから試合当日までにゆっくり完成させようと思っています」と話した。  動き的にはパンチのラッシュと思われるが林は「気合です(笑)」と説明。「この前(安保瑠輝也戦)は公開練習でやった“二段パンチ”を出さなかったから負けたんだという声がすごくたくさんあったんで、今回は使うと思います」と続けた。

Copyrighted Image