おまえは誰やねん!? ベルリンマラソンで珍事

(写真:ロイター/アフロ)
 第40回ベルリンマラソンが9月29日、ベルリンで開催され、男子はケニアのウィルソン・キプサングが2時間3分23秒の世界新記録で優勝した。

 ベルリンマラソンのコースは平坦な市街地で世界記録の出やすい世界屈指の高速コース。2008年に2時間3分台に突入し、2011年にはケニアのパトリック・マカウが2時間3分38秒の世界記録を出していた。

 そして今回、ロンドン五輪の銅メダリストでもあるキプサングがこれまでの記録を15秒短縮した。

 ここまでなら「まあキプサングだしベルリンマラソンだし…」と納得できる話なのだが、びっくりするのはこの写真。

キプサングが世界新記録のゴールテープを切る直前、突如、男がコースに乱入し先にテープを切ってしまうというハプニングが起こったのだ。

 キプサングは「問題ないよ」と大人の対応だが、なんとも罪な話ではある。