メルセデスの新ワゴンでセレブなサンタに

1. E 400 4MATIC Stationwagon EXCLUSIVE(1050万円) 2.クーペのフォルムを生かしたリアエンドデザインはE-Classらしい優美さ  3.E 200 Stationwagon AVANTGARDE(712万円)  4.E 250 Stationwagon AVANTGARDE Sports(803万円)  5.ワゴンならではの積載量を誇りつつ、リアデザインはパワフルで爽快な走りを感じさせる。ディーゼルターボエンジンを搭載したE 220 d Stationwagon AVANTGARDE Sports(787万円)  6.室内照明アンビエントライトが上質な室内空間を彩る (以上、税込・メーカー予定小売価格) 7.ラゲッジスペースは後部座席を倒さなくても十分な広さ! これならサンタさんもプレゼントをたくさん積めそう
E-Classの醍醐味! 未来型の運転支援システム

 大容量のラゲッジスペースを活用したいユーザーにとっても、メルセデスの安全運転支援システムは頼もしい限り。特に高速道路での走行時に、ドライバーの負担を大きく低減してくれるのが、完全自動運転に近づいた革新的な技術「ドライブパイロット」だ。システム起動時に高速道路上での渋滞時に自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動で再発進することが可能。ちょくちょく停止と発進を繰り返して疲れてしまう渋滞時もかなり楽になるはず。また、先行車との車間距離はもちろん、周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視してステアリングアシストしてくれたり、ウインカーを2秒以上点滅させると行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更してくれたり、さらには走行中にドライバーが反応しなくなる万一の事態には自動的に車線を維持しながら緩やかに減速、停止までしてくれる。これなら、たくさんの荷物を乗せた高速走行時や渋滞時でも、リラックスして運転できるはず。
<<< 1 2
2021のテーマは「CINEMADventure」! ショートフィルムでつながる世界へ大冒険「Short Shorts Film Festival & Asia 2021」
SSFF2021 注目のプログラム&イベント満載!
争点は新型コロナ対策と五輪後の東京!?【7月4日投開票・東京都議会議員選挙】
いきものがかり水野、楽曲の映画化に感激!内田英治監督は「挑戦を受けてやるという気持ち」
デビュー20周年のEXILE【橘ケンチ & EXILE NESMITH】
池田エライザら“スマホ映画”が競い合う「スマートフォン映画作品部門」審査員に決定