【FRONT LINE in 韓国】メイクアーティストの思いとノウハウが込められたコスメブランド「JUNGSAEMMOOL」(2)

世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地にいって自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!
【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 第1弾は韓国。 K-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポートします! 

今回は、「JUNGSAEMMOOL(ジョンセンムル)」コスメ編です。
写真・PHILIP


JUNGSAEMMOOLのコスメはどれも本当に良質。デパトコスメのクオリティを、安価で買える感じ。
まずJUNGSAEMMOOLといえば!のベースメイク。
メイクアップ下地は明るく見せてくれるブライトニング、パール感のあるグローイング、肌を均一に整えてくれるスムージングの3つ。個人的には肌をグッと華やかにしてくれるグローイングが好きです。


大人気のクッションファンデ。数多くのクッションファンデを試してきましたが、これはNO.1。
このコスパでこの仕上がりは素晴らしい!さらにおすすめしてもらったエッセンシャルムールクリームを混ぜて使う技を使うと感動の仕上がり!乾燥する時期にぴったりです。韓国クッションファンデ特有の強いつやが苦手な人でも使えます。



続いて人気のアイシャドウ。横長のアーティストアイシャドウパレット、ここ最近いろんなブランドで見るようになったのはJSMの影響かも…捨て色のないテンプティング&クラッシーはすごく使えます。
ダブルシャドウタイプは韓国の人にはブラウン系のサドルブラウン 日本の人にはピンク系のベイルピンクが人気だそう。サドルブラウンの右と、バレットのテラコッタ、ブートシエナを混ぜてつくるグラデーションがすごく綺麗で今っぽい。ヴィンテージローズは涙袋用に。



JSMのヘアメイクアップアーティストの方がメイクする様子を見学させてもらいました。
丁寧に丁寧に、時間をかけて色を混ぜたりなじませたりこだわって仕上げていた印象。特に肌作りは丁寧で、ポイントメイクより重要視されてる様でした。ここでもエッセンシャルムールクリームを使ってました♫

JUNGSAEMMOOLはプロにメイクをしてもらったような”その人本来の美しさ”を見つけるメイクアップアーティストコスメブランド。
【住所】ソウル特別市 江南区 新沙洞 534-5
【URL】http://www.jsmbeauty.jp/
【Instagram】@jungsaemmool11 


【徳井健太の菩薩目線】第38回 欅坂46は、ジョン・レノンのような宗教性を持つからこそハマる
Dream Ayaのフォトコラム【フォトバイアヤ】第45回「恋のつぼみ」
【ひめくりワンダホー】ラブちゃん(13歳9カ月)
【ひめくりワンダホー】けいぽくん(5歳5カ月)
「記憶にございません」は、邦画脚本の到達点だ!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
【ひめくりワンダホー】コロネくん(12歳2カ月)