秋葉原にあるSODの「女子社員酒場」は大きく進化していた!今度は男子目線でリポート

 2018年5月にアダルトエンターテインメントグループのSODが秋葉原にオープンした居酒屋「立ち飲みSOD女子社員」。オープン当初は木金が営業、土日はイベントという形態だったのだが、好評につき今では店名も「女子社員酒場」に変え、月〜土もオープンと進化し続けているという。


今回は男性ライターが「女子社員酒場」に潜入!!



 TOKYO HEADLINE編集部ではオープン時に女性ライターを派遣。女子目線でお店をリポートしてもらったのだが、「どう考えてもお客さんは男のほうが多いわけだから…」ということで、今回は男性ライターが潜入、そして得も言われぬ甘美な時間を過ごしてきた。

 基本は女子社員が働く立ち飲み屋なのだが、入店時は店頭で「女の子に触らない」「頭を撫でない」といった禁止事項を告げられる。やはり店員=女性社員は普段はアダルトコンテンツの世界で活躍しているとあって、その子目当てのお客さんも多い。あこがれの彼女を目の当たりにしてアルコールが入ってしまうと、ついつい暴走という可能性もゼロではないので、これはこれでしょうがない。もっとも「ここに来るお客さんは基本的に女の子を応援している人ばかりなので、そんな変な人はいません」とは同店のキャスティングを担当するSODクリエイトの薗部さん。

 ちなみに店頭に長机を出し、お会計をしながら注意事項を告げる姿は遠目に見ると小劇場の公演のよう。いや、全然関係ないんだけど。
1 2 3 4 5>>>
六本木でアートなオールしちゃう? 一夜限りのアートの饗宴! /5月25日(土)の東京イベント
汐留イタリア街に人気店の多彩な肉料理が集結!/5月24日(金)の東京イベント
「六本木アートナイト2019」今年のメインプログラム・アーティストに韓国のチェ・ジョンファ氏
海外監督が日本の伝統「金継ぎ」を描き銀座のショートフィルムコンテスト最優秀作品賞に輝く
小田急新宿店で今日から「鹿児島」→「長崎」物産展リレー!/5月22日(水)の東京イベント
日本各地でフランス料理を気軽に楽しむ「フランス レストランウィーク」今年は2500円から8000円まで