THE RAMPAGE長谷川と後藤がトーク、靴は「観る」それとも「履く」?【The best Kicks by R×K Project】

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE×K·SWISS【The best Kicks by R×K Project】vol.03

 靴にこだわりがある、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの長谷川慎と後藤拓磨が、半世紀以上にわたり愛され続けるシューズブランド「K·SWISS」とコラボレーション! オリジナルコラボシューズの開発がスタートしている。
後藤、長谷川(左から)
 連載第3回目となる今回は番外編として、靴トークをしようと2人を訪ねた。

 ちょうどこの日は平成最後の日。天気はあいにくの雨模様だったが、リクエストを快諾して、2人は今のお気に入りの一足を履いてきてくれた。

――それぞれ、なぜそのチョイスだったのでしょう。

後藤:この靴を見たとき、一目惚れしたんです。僕はぶっとんでいる靴が好きなんですけど、この靴には、その“ぶっとんでる感じ”が詰まっています。例えば、このエア。パンパン過ぎるぐらい入ってるんですよ! 普通の靴にはない近未来感があって、すごく自分に刺さりました。存在感もすごいです。その時は衝撃がすごすぎて買ったんですけど、いまバズっていて……斬新な形なのでどうかなと思っていたんですけど、意外ときたなあって(笑)。バズる前に目をつけられたていうのが、一番の満足ポイントだったりしますね(笑)。バズってからだと買わないと思うので。

――斬新ではありますが、ブラック一色で。買う時には「あの服に合わせられる」といったことも考えながら決めていますか?

後藤:多少はありまあすね。この靴は服に合わせていろんな表情を見せてくれます。それに履き心地もいいんでうしょ! だから、よく履いています。元取れたぐらい履きました(笑)。

長谷川:……元取れたって(笑)。

――長谷川さんのお気に入りついて教えてください。

長谷川:この靴は15年ぐらい前に出たものなので、……ソールも黄ばんでいて壊れてきてます。Supreme(シュプリーム)好きはみんな知ってる、やばい靴です(笑)。復刻してないので、僕は1~2年前に2万円ぐらいで買ったんですけど、今ではとてつもないプレミアム価格がついています。この靴は、滅多に、いやほとんど履きません。お気に入りを持っていくということでこの靴に決めたんですけど、外出たら雨で……うわっまじか!と。でもまあいいやと履いてきました。
1 2 3>>>
趣味合わないカップルに聞く【相手の“不思議”受け入れ法】
秋山真太郎が多彩な才能を発揮!
「CINEMA FIGHTERS PROJECT」第3弾の最新情報を発表! 【SSFF & Asia 2019】
橘ケンチが京極夏彦の「魍魎の匣」に挑む
料理人・野村友里が伝える食の醍醐味「心が満たされる“心の食”が大切」【Be Style】
「敏腕コピーライターが新入社員にエール」阿部広太郎さん (コピーライター)