篠原涼子、最新作で反抗期の娘に弁当で逆襲「いずれ来るのかな」

左から、塚本連平監督、ダンディ坂野、佐藤寛太、佐藤隆太、篠原涼子、芳根京子、ざわちん、松井玲奈、村上知子
 映画『今日も嫌がらせ弁当』の完成披露試写会が28日、都内で行われ、主演の篠原涼子をはじめ、主要キャストが登壇した。篠原は「すごくワクワクしています。自分の息子を届けるみたいな気持ち。試写会のときも2回も見てしまって、それくらいおもしろい」と、あいさつした。

 人気ブログ『kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ』をまとめたエッセイ本『今日も嫌がらせ弁当』を映画化したもの。 八丈島に暮らす料理好きで働き者のシングルマザーのかおりが、反抗期で話しかけても返事もない高校生の娘の双葉に、娘の嫌がるキャラ弁を作り続けて逆襲していくというストーリー。

 篠原は、かおりとは「(共通点は)母親っていうところぐらい」と笑い、「どちらかっていうと、私、男の子育ててるので、育て方とか教育方針とか違うんですけど、いずれ自分の息子が中学生高校生になったときに、思春期を迎え、反抗期っていうのがこうやってくるのかなって想像しながら撮影に臨みました」と、コメント。

 反抗期真っただ中の娘・双葉を演じた芳根京子は、篠原と親子を演じたことについて「本当に夢のようで、本当に幸せでした」。また「緊張とうれしさと、いろんな感情が爆発して、前日に体調が悪くなって、ぶっ倒れてしまいまして……」と、改めて篠原への想いを爆発させた。

1 2>>>
藤井夏恋が初の単独写真集「こだわりは2面性」
宇垣美里アナ「冷凍したい出来事は……」体験型イベントで料理を披露
佐藤健、山田孝之ら“ドラクエ好き俳優”が選んだのはビアンカとフローラどっち?
ロリンズが「サマースラム」でのレスナーへの挑戦権獲得【7・15 WWE】
終わりなき襲撃合戦でリコシェとAJの遺恨が激化【7・15 WWE】
不気味なマスク姿のブレイ・ワイアットがベイラーを襲撃【7・15 WWE】