高橋真麻、第一子は「鶴竜似」!?銀座「ピングー展」で母の顔

 中央区の松屋銀座で12日、「40周年記念 ピングー展」オープニングイベントが行われ、フリーアナウンサーの高橋真麻が登場した。

 会場でゲストのピングーを見つけると「ピング〜!」とソーシャルディスタンスを保ってハイタッチ。物心ついた時からクレイアニメ『ピングー』を見ていたという真麻は、その魅力を「何をしゃべっているか分からないからこそ『こう言っているんじゃないか』『こういうお話なんじゃないか』と、想像力が豊かになるところが今までのアニメとの違い」と語る。

 いち早く展示を見た感想を「アニメを見ていた私としては『これを使って撮影していたんだ』と知れて良かった。大人はそうした撮影工程などを、小さいお子さんはピングーの人形や大きなオブジェを見て楽しめると思います」と太鼓判。会場のピングーグッズにも目を輝かせ「娘が今3カ月で、ようやく黒と赤を認識できるようになった。ピングーのぬいぐるみを買って帰ったら分かるかも」と母の顔に。
「40周年記念 ピングー展」オープニングイベントに登場した高橋真麻
 4月に第一子を出産した真麻。最近の様子を「とにかく食欲が旺盛で、けっこうな量のミルクを飲んでいるのに『もっと欲しい』という感じで泣いているので、やっぱり私に似たのかな」と語る。子どもの将来像を問われると「もしかしたらギャル曽根ちゃんみたいにフードファイターになる可能性もある。すでに太ももや足がムチムチで、同じくらいに生まれたお子さんと比べるとひと回り太い。お風呂に入ると、私や主人じゃなく(大相撲の)鶴竜に似ている」と、笑いを誘った。

 父の高橋英樹は「ピングー展」に興味があるかとの質問には「孫と一緒に行こうよと誘ったら二つ返事ですぐ来ると思う」と笑顔に。今日は英樹ではなく夫が子どもを見ているそうで「主人が一緒に子育てをやってくれている。完璧にいろいろなことをやってくれるのですごく助かっています」といい、外出自粛中も「主人がずっと家にいてくれたので子育ても一緒にできましたし、夫婦や家族の時間が長く取れたのは良かった」と協力体制に感謝した。

 最後に「親子3世代で、男女分け隔てなくみんなで楽しめます。3密を避けた展示になっていますので、安心してこの夏の思い出を楽しんでいただきたい」とPRした。「40周年記念 ピングー展」は松屋銀座8Fイベントスクエアにて9月2日まで。

<<次ページはピングーと息ぴったり!高橋真麻ギャラリー
1 2>>>
椿原に判定負けの江川優生が試合前に左足を骨折していたことが判明【K-1大阪】
A.B.C-Zが先輩・少年隊の門出を応援! 後輩HiHi Jetsとはジャンケン対決!?
“番狂わせ男”の椿原龍矢が「早くケガを治して僕と再戦よろしくお願いします」【K-1大阪】
卜部功也「秀さんとはやめておきます」と三階級制覇は断念【K-1大阪】
悲願の王座獲得の山崎秀晃「胸を張ってチャンピオンとしてK-1を見せていきたい」【K-1大阪】
高梨がMIOに辛らつコメント「フィジカルから鍛え直してこい」【K-1大阪】