GENERATIONS 小森隼「新型コロナでライブが延期や中止。自分自身に向き合うきっかけに」【2020年重大ニュース】

気になるあの人の2020年重大ニュース


12人の識者が激動の2020年を振り返る
 2020年が終わろうとしている。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響による緊急事態宣言などで「時間が止まった」こともあり、あっという間の1年だったと思う人も多いのでは? 本来だったら今年は夏に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、今頃は「beyond2020」を旗印に2020年以降の日本のあり方が議論されていたころだろう。ところが現在は新型コロナウイルスの猛威のせいで日本どころか世界中が「withコロナ」の新しい時代を模索している。後世、語り継がれることになるであろう2020年の重大ニュースを各界の著名人の方々に挙げてもらった。
小森隼

「オンラインライブ」

 新型コロナウイルスの影響でエンタテインメント業界の中でLIVEの”延期”または”中止”という言葉をすごく耳にする世の中でした。最初のうちは”中止”の文字を見る度に嘘のように感じていた事が、下半期を迎える頃には違和感なく聞き入れてしまう現状がありました。その中でもエンタテインメントは止まる事なくオンラインライブという新しい形で音楽を発信し続けて、自分たちも新しい表現方法にチャレンジするきっかけになりました。オンラインライブを行う事で、改めて自分自身に向き合うきっかけにもなりました。


「金髪から黒髪へ」

 個人的な話になるのですが、高校2年生の時からやっていた金髪を黒髪にしました。見出しと文章だけ見ると、たかが金髪から黒髪に染めただけのたわいもない話ですが、個人的なニュースとしては、かなりの一大ニュースになります。なんせ17歳から8年近くやっていた髪の毛の色を変えるのですから、自分自身、朝起きた時から仕事に行く時、メイクをして新しいアーティスト写真を撮った時にも違和感は取れないものです。

「ラジオパーソナリティー」

 またまた個人的な話になるのですが、今年の4月からTOKYO FMをキーステーションに全国38局ネットで放送している『SCHOOL OF LOCK!』という番組のパーソナリティーを務めさせていただいています。世の中もニューノーマルになった今、リモートでの収録がメインになり、テレビなどでも表現方法が変わりました。そのなかで、ラジオは改めて言葉を大切にしながら正確な情報を伝えるという、1つ1つの自分の発言に向き合うきっかけになりました。


EXILE TRIBE新世代ユニット、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー。12月31日にはNHK紅白歌合戦に2回目の出演を果たす。
城海南 ディズニー歌姫が得たファンとの交流
MIYAVIの挑戦は、2021年もコロナを越える!
プロダンスリーグ 第一生命D.LEAGUE開幕!!
EXILE ÜSA オンラインサロン始動!
DAIGO「400回記念でウィッシュ!」
流行語・新語・トレンド・サービス キーワードで振り返ってみたけど…「結局は、新型コロナか」