フォトグラファー&クリエイター Dream Aya「フリーランスとして新しいスタート」【2020年重大ニュース】

12人の識者が激動の2020年を振り返る



 2020年が終わろうとしている。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響による緊急事態宣言などで「時間が止まった」こともあり、あっという間の1年だったと思う人も多いのでは? 本来だったら今年は夏に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、今頃は「beyond2020」を旗印に2020年以降の日本のあり方が議論されていたころだろう。ところが現在は新型コロナウイルスの猛威のせいで日本どころか世界中が「withコロナ」の新しい時代を模索している。後世、語り継がれることになるであろう2020年の重大ニュースを各界の著名人の方々に挙げてもらった。
Dream Aya
フリーランスになった

 2020年1月1日からフリーランスとして1人でお仕事をしていくことになりました。何もかもが初めてでどうなることかと不安を抱きながら1年をスタートさせました。今まで大きな会社や素晴らしいスタッフの方々や仲間に支えられてやってきましたが、必ず自立して、いつか恩返しができたら、、、その思いは今でもしっかりと胸に刻みながら一歩一歩前に前進しています。

緊急事態宣言

 誰もが2020年一番のニュースだと思っていると思います。私はたまたま緊急事態宣言が出された時に関西でお仕事をしていたので実家に留まる形になってしまったのですが、上京してから18年、家族と2ヵ月間朝から晩まで一緒に居る時間は初めてで、ある意味、親孝行できた時間にもなりました。

結婚

仲間が結婚するなんて、、、想像もしていなかったことが次々に起きた2020年でした。悪いニュースが毎日流れている中、めでたい事もあります。心からおめでとう!と伝えたい事であふれていました!

Dream Aya(ドリーム・アヤ)…1987年7月16日生まれ、大阪府出身。写真をはじめ、イラストやキャラクターデザイン、ジャケット写真のディレクションなどを手掛けるクリエイター。
城海南 ディズニー歌姫が得たファンとの交流
MIYAVIの挑戦は、2021年もコロナを越える!
プロダンスリーグ 第一生命D.LEAGUE開幕!!
EXILE ÜSA オンラインサロン始動!
DAIGO「400回記念でウィッシュ!」
GENERATIONS 小森隼「新型コロナでライブが延期や中止。自分自身に向き合うきっかけに」【2020年重大ニュース】