矢沢が『デンジャラス・ラン』イメージソングを担当

2012.08.28 Vol.563
20120828d.jpg
 矢沢永吉が、デンゼル・ワシントン主演最新作『デンジャラス・ラン』(9月7日公開)のイメージソングを担当することが分かった。曲は、矢沢が、自身のデビュー40周年を記念して発表した最新『Last Song』に収録されている「翼を広げて」。
 
 今回のコラボレーションは、デンゼル・ワシントンと矢沢永吉それぞれが、スクリーン、ステージで力強いパフォーマンスを繰り広げるところに共通項を見出した映画会社が矢沢にオファーし、実現したもの。

 映画は、元CIA最強のエージェントでありながら、36カ国から指名手配を受けている犯罪者フロスト(デンゼル・ワシントン)と、彼が連行されてきた隠れ家の管理人で新米CIAのマット(ライアン・レイノルズ)が、何らかの理由で狙われ、逃亡するという緊迫したストーリー。
 
 矢沢の疾走感あふれるナンバーが、この映画の世界をさらに加速させる。

世界4大映画祭上映作が横浜に集結!

2012.08.28 Vol.563

20120828b.jpg 横浜・みなとみらいのショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショート シアターにて、9月1日より「世界4大映画祭プログラム」と題し、各映画祭で高い評価を得たショートフィルムを一挙上映する。



 上映作品は、ロカルノ映画祭(2011)で上映されたオーストラリア映画『卒業式』、ベルリン国際映画祭(2012)で上映された韓国映画『隠された真実』、ヴェネチア国際映画祭(2009)で上映されたポーランド映画『キネマトグラフ』、カンヌ国際映画祭(2007)で審査員特別賞を受賞したニュージーランド映画『ミルク』の4本。60分で世界4大映画祭上映作品4本を"イッキ見"できる、ショートフィルムならではの必見プログラムだ。



 ブリリア ショートショート シアター「世界4大映画祭プログラム」【期間】9月1日(土)~30日(日)※火曜日休館
【URL】http://www.Brillia-SST.jp/
写真:カンヌ国際映画祭(2007)審査員特別賞受賞作品『ミルク』。

阿部サダヲ、5人の美女を日替わりで…!?

2012.08.27 Vol.563

20120827a.jpg 映画『夢売るふたり』のヒット祈願イベントが27日、神田明神(千代田区)で行われ、出演者の松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、西川美和監督が浴衣姿で登壇した。



 松と阿部が結婚詐欺師の夫婦を演じていることにちなみ、全員で映画のヒットと縁むすびを祈願。神妙に祝詞を聞いていたかと思いきや、浴衣美女5人に囲まれた阿部は「神聖な場所で少しだけいやらしいことを考えました」とデレデレ。一方、結婚詐欺師を演じただけあって、阿部の浴衣姿も女性陣に大好評。西川監督がすかさず「すごく色っぽく見えますね。『愛のコリーダ』(阿部定事件を題材にした大島渚監督の作品)とかできるんじゃないですか」と見事なツッコミを入れ、阿部も「(名前が)阿部サダヲだけにね(笑)」と苦笑。



 そこへ記者から阿部に「誰の浴衣姿が一番?」という質問が。阿部は「そんな質問するんですか?」と焦りながらも「土日は休むとして、月曜日は...」と、日替わりで美女たちと楽しみたいという本音をポロリ。それでも「自分の得意なところで売ってないところが、やるなあと思う」という松をはじめ、女性陣からべた褒めされた阿部は「この浴衣が買い取りになるんじゃないかというくらい汗が...」と照れていた。



 またこの日、前田敦子のAKB48卒業記念公演が行われると聞いた阿部は「芸能ニュースを独占しないで、1つくらい分けてほしいですね。(映画の)客層はAKB48と被らないように思うので、今日AKB劇場に行かない人は全員に見てほしい」と対抗意識を見せつつ映画をアピールした。『夢売るふたり』は9月8日(土)より全国で公開。


 

テクマクマヤコン、テクマクマヤコン!

2012.08.27 Vol.563
 魔法のコンパクトに「テクマクマヤコン」と唱えれば、なりたい姿に変身できる! 今年、誕生50周年を迎える赤塚不二夫の名作マンガ「ひみつのアッコちゃん」が、初の実写映画化! 綾瀬はるかが、“ココロは10歳、カラダは大人”の主人公・加賀美あつ子(アッコ)役に挑戦した話題の一本。コドモらしいピュアさ満点の役作りはもちろん、劇中さまざまにな姿に変身する“ファッション変化”まで、綾瀬のチャーミングな魅力がぎっしり詰まった一本だ。恋の相手・エリート社員・早瀬尚人役を演じる岡田将生をはじめ、谷原章介、吹石一恵、塚地武雅、大杉漣、もたいまさこ、鹿賀丈史、香川照之らバラエティー豊かな実力派俳優が勢ぞろい。監督は『のだめカンタービレ最終楽章 後編』の川村泰祐。さらにYUKIが本作のために書き下ろした新曲「わたしの願い事」が主題歌に決定。  原作ならではのポイントを押さえつつオシャレ要素もたっぷり盛り込んだポップなラブファンタジー。

『キック・オーバー』試写会に15組30名 

2012.08.27 Vol.563
 メル・ギブソン、アクション復活! 『マッドマックス』『リーサル・ウェポン』シリーズなど、数々のアクションエンターテインメントで人気俳優としての地位を確立し、近年では映画監督としても高い評価を得る彼が、再びタフでワイルドな男を熱演!  マフィアから大金を強奪した男、通称“ドライバー”。アメリカからメキシコへ逃亡を図るがあえなく失敗。逮捕された彼の行き先は、史上最悪の刑務所“エル・プエブリート”だった。悪徳所長から地元警察、凶悪な囚人まで、あらゆる者を敵に回すドライバー。はたして彼は金を取り戻し、ここから抜け出すことができるのか…!?  10月13日より新宿バルト9他にて公開。

『キック・オーバー』試写会に15組30名

『SAFE/セイフ』試写会に15組30名 

2012.08.27 Vol.563
『トランスポーター』シリーズのジェイソン・ステイサムが、最強キャラクターに挑む! ワイルドな鉄拳バトルはもちろん、壮絶な銃撃戦、ド迫力のカーチェイスと、アクションの醍醐味がノンストップで展開。  元市警の特命刑事だったルークは、ある事件で職を追われ今ではマイナーな総合格闘技のファイターにまで落ちぶれていた。ある時、負けなければならない八百長試合で相手をKOしてしまい激怒したロシアンマフィアに妻を殺されてしまう。廃人のようになったルークが自ら命を断とうとしたそのとき、1人のアジア人少女が妻を殺した男たちに追われているのを目撃。ルークは少女を救い出すが…。  10月13日より新宿ピカデリー他全国ロードショー。

『SAFE/セイフ』試写会に15組30名 

森泉は「白雪姫よりワガママな女王」!?

2012.08.23 Vol.562

20120823b.jpg ジュリア・ロバーツ主演の映画『白雪姫と鏡の女王』衣装展のオープニングイベントが22日、スワロフスキー銀座にて行われ、モデルの森泉が来場。トークショーを行った。



 森は、ブルーガールの黒いドレスとジミュー・チュウの靴、スワロフスキーのアクセサリーを着用して登場。会場では、コスチューム・デザイナーの故・石岡瑛子氏が手掛け、ロバーツが着用した劇中衣装が展示されており、スワロフスキー・エレメントをふんだんに使った豪華なドレスを目の当たりにした森は「あー、着たい!!」と大興奮。「オープニングに(ロバーツが)着ていたゴールドのドレスが、女王らしくて迫力があって好きだったけど、実際目の前にしてみると、ウエディングドレスがすごく素敵だなあ、いろんな意味で」と意味深発言も飛び出した。



 ロバーツ演じるワガママな女王のエステシーンがお気に入りという森。「注目してもらえると幸せな気分になるから、女度を上げるために手は抜けないなと、映画を見て思いました」。さらに「ワガママだけど憎めなくて、むしろかわいく見えてきてしまうのがジュリア・ロバーツの素晴らしさ。不思議と好きになっちゃう女王だったな。ワガママなとこはちょっと私と似てるかも(笑)。いつまでも美しくいたい、注目されていたいっていう気持ちは結構分かる」と森。もし自分が演じるなら「やっぱり女王かな。ワガママなところとか(笑)」。美しさへのこだわりだけでなく、ワガママなところも女王に共感?
 


写真:約9万個ものスワロフスキー・エレメントを使ったリンゴのオブジェを手に微笑む姿は、女王より白雪姫のイメージだけど...!?
 
『白雪姫と鏡の女王』公開記念スワロフスキー衣裳展
 【日時】8月23日(木)~9月23日(日)11~20時【会場】スワロフスキー銀座 入場無料
映画『白雪姫と鏡の女王』9月14日(金)より全国公開

アッキーナ、ゾンビに! でも「噛みたい人は今いない」

2012.08.22 Vol.562

20120822c.jpg 映画『バイオハザードV:リトリビューション』のイベントが22日都内にて行われ、タレントの南明奈がゾンビ姿で登場した。



 ボロボロの衣装とリアルなゾンビメイクで、アッキーナならぬゾンビーナに変身した南。実は、映画の原案となったゲームの大ファンとのことで「"バイオハザード"が好きな人間としては、いつかゾンビメイクをしたいと思ってました。仕事でいろいろな衣装を着たけれどこういう特殊メイクはしたことがなかったのでうれしい」と大満足の様子。ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるヒロイン・アリスと戦うことになったら、と聞かれ「こぶしでは勝てないと思うので、私にできてミラさんにできない、和太鼓で勝負します!」とコメントし取材陣の笑いを誘った。



 と、ここで「マスコミの皆さんにも感染してもらって映画の宣伝をしてもらいましょう」と、南が取材陣のなかから"標的"を指名。カメラマンや記者を"噛む"迫真のパフォーマンスを披露した南は「実は本気でキックボクシングを始めようと思っているんです。いつかアクションをやってみたい」と明かし、ミラとの直接対決にも「実現したらいいですね」と大乗り気だった。ちなみに現在"噛みたい相手"は「いません(笑)」とのこと。


映画は9月14日より丸の内ピカデリー他にて全国公開。



 写真:もし映画に出ることになったら「戦う側よりゾンビ側をやりたい」と言うアッキーナゾンビ、なかなかの迫力!


 

すべてが破格! 日本映画の新境地、誕生!

2012.08.20 Vol.562
 原作、キャスト、スタッフ…破格の布陣が、かつてない日本映画を誕生させた! 和月伸宏の大ベストセラーコミック「るろうに剣心—明治剣客浪漫譚—」(集英社刊)が、超豪華キャスト&スタッフで実写映画化。原作は、連載時より世代・性別の枠を超え圧倒的人気を誇り、日本中に熱狂的ファンを生んだ作品。そんなモンスターコミックを映画化するのは、社会派ドラマ「ハゲタカ」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」で絶賛された大友啓史監督。主人公・剣心役には、製作陣および原作者からも“彼しかいない”と熱望された佐藤健。大友監督の「龍馬伝」では、岡田以蔵を演じ若手演技派としての評価を確立した。加えて、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、奥田瑛二、江口洋介、香川照之ら豪華なキャスト陣が集結。人間味あふれるドラマ描写に定評のある大友監督のもと、個性豊かな実力派俳優たちが命を吹きこんだキャラクターがぶつかり合うド迫力のバトルシーンはまさに見ものだ。この夏必見の一本!

『人生、いろどり』試写会に15組30名 

2012.08.20 Vol.562
 過疎の町・上勝町で起きた奇跡の実話を映画化した注目作。70代の3人の女性を主人公に描く、奇跡の“葉っぱビジネス”サクセスストーリー!  徳島県の上勝町は四国で最も人口が少なく、住民の半数近くが高齢者。さらにミカン産業の衰退によって町は活気を失っていた。そんなある日、若き農協職員・江田は、ひょんなことから葉っぱを売ろうと思いつく。さっそく町民を集めるが乗り気となったのは雑貨店を営む未亡人・花恵だけ。友人の薫、花木農家に育った路子を巻き込み、少しずつ売り上げを伸ばしていくのだが…。  9月15日よりシネスイッチ銀座ほか全国公開。

『人生、いろどり』試写会に15組30名 

『アウトレイジ ビヨンド』試写会に15組30名

2012.08.20 Vol.562
 再び、あの“悪人”たちが帰ってくる!! 2010年に公開され大ヒットを記録した前作『アウトレイジ』に続く、北野武監督最新作。  関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。し烈な下剋上は決着がついたはずだった。しかし暴力団壊滅を図る警察が動き始める。利用されたのは“死んだはずの男”大友だった。やがて“騙し”“裏切り”の火種がくすぶりはじめ“関東VS関西”の巨大抗争へと発展していく…。  前作に続き、ビートたけし、三浦友和、加瀬亮、小日向文世らに加え、西田敏行、高橋克典、桐谷健太、新井浩文らが参戦。  10月6日より新宿バルト9他にて全国公開。

『アウトレイジ ビヨンド』試写会に15組30名

Copyrighted Image