ハマの番長・三浦大輔が松下アナの暴露話にたじたじ

2018.04.22 Vol.Web Original
開幕前にはベイスターズを2位に予想。そのワケは…
 元DeNAベイスターズのエースで野球解説者の三浦大輔氏が4月22日、都内で「ハマの番長!三浦大輔トークショー ~2018年プロ野球の楽しみ方~」と銘打ち、トークショーを行った。  この日、MCを務めたフリーアナウンサーの松下賢次氏に冒頭「解説者になって2年目ですが慣れてきました?」と振られると、三浦氏は「チームが進出していなかったので現役のころにもCSとか日本シリーズのゲスト解説にはよく呼ばれていたので大丈夫」と軽い自虐ネタでファンのハートをガッチリつかむ。  この日までベイスターズはセ・リーグのトップを走る快進撃なのだが、三浦氏は実は開幕前の順位予想ではベイスターズは2位に予想。それについては「去年も2位に予想した。去年は日本シリーズを経験して、若い選手も多くて魅力的なチームになったが、去年のペナントでは3位だった。それも優勝争いをしてのものではなく、巨人と3位争いをしてのもの。その経験をどれだけ生かして上位との差を詰められるかと思って2位にした」と説明。現在ベイスターズはウィーランド、今永、濱口という昨年2ケタ勝ち星をあげた投手3人がいない中での快進撃なのだが「開幕に間に合わないと聞いていたので、その3人が戻ってくるまで5割、もしくは5つくらいの借金でいけば後半勝負できると思っていたが、いま貯金がある。やはり若い選手たちの急成長がすごいと思う」と話した。

堀口「何も変わらない」といつもの自然体【5・6 RIZIN】

2018.04.20 Vol.Web Original
トーナメント優勝後の初戦でマッコールと対戦
「RIZIN.10」(5月6日、福岡・マリンメッセ福岡)に出場する堀口恭司が4月20日、都内で公開練習を行った。  堀口は2分間のシャドーを披露。アメリカでぎっくり腰を患い、また前日に日本に帰国したばかりで「まだ体が重い。時差ボケもある」(堀口)というコンディションだったのだが軽快な動きを見せた。  堀口は今大会、かつてUFCのフライ級で活躍したイアン・マッコールと対戦する。  練習後の会見で堀口は「マッコール選手はレスリング力が強いので、その対策を練ってきた。打撃と寝技になった時の対処を練習してきた」といい、具体的には「相手の得意な入り方、ダブルレッグなどをしっかり防ぐディフェンス力を磨いてきた。寝技になるにしても相手に合わせるのではなく、自分が主導権を持って戦うのが一番いい流れ」などと話した。

サッカー・ハリルホジッチ【AFLO SPORT Presents PHOTOIMPACT-プロの瞬撮-】

2018.04.20 Vol.web Original
この日、会社からの撮影指示は、「監督多め」 アフロスポーツの撮るべきは、報道写真と作品性のあるスポーツ写真。前者を狙う時間が大半、もしくは全てを占める。周囲に気を張り、シャッターチャンスを逃してはならない。試合展開を自分なりに読み取り、次に起こることを予想する。撮影前にエディターと話し、予備知識や狙うポイントを相談することもよくある。 韓国との試合は始まった。 ボールの行き先やプレイヤーを追いながらスキあらばベンチ前へと望遠レンズを向けていた。 ハリルは感情をストレートに表に出す人柄であり、絵になる男。身ぶり手ぶりで指示を出す姿は順調に撮りたまっていった。 そして、次の絵柄を考える。公開練習での熱心なランニングやリフティング姿が参考になった。彼の足元にボールが転がれば、何かが起きるかもしれない。元スタープレーヤーは動ける監督。 まさかここまでとは想像できなかったが。 (松尾憲二郎) ■カメラマンプロフィール 撮影:松尾憲二郎 1985年 東京生まれ。 都立工芸高校デザイン科、東京造形大学デザイン学科卒業。 学生時代よりエクストリームスキーヤーとしてアメリカを中心にワールドツアーを転戦。 選手引退後、バックカントリースキーを中心に撮影者として雪山を登ってきた。 2014 年より「アフロスポーツ」に所属。 現在は様々なスポーツを撮影している。 ■取材歴 2015 冬季ユニバーシアード(スペイン/グラナダ)、EAFF 東アジアカップ(中国/武漢)、世界柔道(カザフスタン/アスタナ) 2016 スキー遠征(モンゴル/アルタイ山脈)、リオデジャネイロパラリンピック 2017 冬季ユニバーシアード(カザフスタン/アルマティ)、冬季アジア大会(札幌)、世界フィギュアジュニア(台湾/台北)、夏季ユニバーシアード(台湾/台北)、フィギュアGPシリーズ(ロシア/モスクワ) 2018 冬季オリンピック(韓国/平昌) ■個展 2011 冷やしボブ(ボブ東京) 2014 YMK_展(EATME GALLERY 南青山)、YMK_展 (UP LAND 札幌) 2016 SKIING MONGOLIA(代官山ヒルサイドテラス)、season(NIKON 新宿フォト・プロムナード)

AJと中邑真輔が再戦【4・27 WWEサウジアラビア大会】

2018.04.19 Vol.Web Original
中邑は急所攻撃を予告し挑発
 米プロレス団体WWEの「グレイテスト・ロイヤルランブル」(4月27日=現地時間、サウジアラビア)で中邑真輔とAJスタイルズのWWE王座戦が開催されることとなった。 「レッスルマニア34」で行われた “ドリームマッチ”の再戦となる。  この試合について中邑は「AJス タイルズ、お前の痛いところを攻めて、タイトルを奪ってやる!」 と急所攻撃を示唆して挑発。  スタイルズは「本性を現した中邑に報復してやる」と度重なる急所攻撃の仕返しを誓った。  同大会ではこの他にも50人のスーパースターによる「グレイテスト・ロイヤルランブル戦」、 ブロック・レスナーvsローマン・レインズの「スティール・ケージ・ マッチ形式ユニーバサル王座戦」、ジ・アンダーテイカーvsルセフ、 ジョン・シナvsトリプルHなどの試合が予定されている。  WWEとサウジアラビア王国との長期的なパートナーシップの一 環として開催されるこの大会は、WWEネットワークで日本時間4月28日(土)午前1時(4月27日25時)にライブ配信される。

中邑真輔とアスカの日本人スーパースターがスマックダウン所属に!

2018.04.18 Vol.Web Original
中邑がメインに乱入。スタイルズに急所攻撃
 米最大級のプロレス団体WWE「スマックダウン」(4月17日、ロードアイランド州プロビデンス)のメインイベントに中邑真輔が乱入。背後からA Jスタイルズに急所攻撃を見舞い遺恨を深めた。  この日のメインイベントではAJスタイルズ、ダニエル・ ブライアン組vsルセフ、エイデン・イングリッシュ組のタッグマッチが行われた。  スタイルズはルセフのベアハッグやイングリッシュの攻撃で劣勢を強いられるも、ペレキックで打開すると、交代したブライアンがクローズライン、串刺しドロップキックでルセフを圧倒。さらにイエスキック7発を繰り出して“イエス”ポーズで会場を煽ると、ランニング・ニーでルセフを沈めた。これで勝負ありと思われたが、ここで中邑と復帰したビッグ・キャスが乱入。中邑はエプロンにいたスタイルズの背後から急所攻撃で襲うと、キャスはブライアンをビッグブーツで沈めて試合を潰した。中邑はステージでルネ・ヤングにコメントを求められると「ノー・ スピーク・イングリッシュ」と英語が話せないふりをすると、不敵な笑みを浮かべて立ち去った。

近藤魁成「高校生のうちにK-1のチャンピオンになりたい」

2018.04.18 Vol.705
 昨年11月、高校1年、16歳でK-1甲子園優勝。先月、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催された「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1」のプレリミナリーファイトでプロデビュー。1R1分23秒で勝利した近藤魁成。福士蒼汰似のイケメンっぷりでも注目を集めたが、いきなりの大舞台にも「小さい頃からデカい会場で試合をするのが夢だったので、緊張よりワクワクの方が大きかったです」と余裕を見せる。さらに「目指していた舞台でしたが、まだまだこれから。スタートにも立ててないです。試合ではガードの上からくらったんですが、慌てることなく冷静に進めることができました」と語る。その心臓の強さは家庭環境にあった。 「父が空手の道場をしていたので、兄姉全員空手をやっていました。8人兄姉なんですが、姉や妹は近藤家ルールで中学生までやって、男3人はプロの格闘家になりました」

プロ格闘家になり切って撮影!! 格闘技写真の第一人者が撮影イベント

2018.04.17 Vol.Web Original
ゴールデンウイークに1日5組限定で開催
 格闘技写真の第一人者・長尾迪氏がゴールデンウイークに撮影イベントを開催する。  これは長尾氏がファイターのポーズ写真、プロフィル写真、ポートーレート、コスプレ写真、家族写真、ペットと一緒の写真、友人との記念写真など、どんな写真でも1日5組限定でスタジオで撮影してくれるというもの。  着替え場所もあり、MMAグローブやボクシンググローブは無料でレンタルできるとあって、ファイターになり切っての撮影もOKだ。  撮影は約30分で30~50カットを予定。撮影後には2Lサイズのプリントとデータ(CD)が進呈される。  カメラ持参者で希望があれば撮影終了後には写真の撮り方のアドバイスを受けることも可能という(当日の混雑具合によりできない場合もあり)。  また会期中はスタジオ内で、ミニ写真展「Portraits in Fighters」(入場無料)を開催。長尾氏が撮影したヒクソン・グレイシー、アンディ・フグなどのレジェンドファイターや那須川天心、堀口元気、真珠・野沢オークライヤーらのスタジオ写真、約20点が展示される。

髙田延彦氏が比嘉の体重超過に「本人が一番の犠牲者」

2018.04.17 Vol.Web Original
「一言で言うと、陣営のミス」と苦言呈する
 RIZIN統括本部長の髙田延彦氏が4月16日、元衆議院議員で弁護士の横粂勝仁氏との生ワイドショー番組『髙田横粂の世相談義』内で、その前日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチで起こった比嘉大吾の「体重超過」問題について、持論を語った。  この日のテーマは「加計学園と森友学園問題」「アメリカのシリア攻撃」だったのだが、番組冒頭に横粂氏が「比嘉大吾の減量失敗」について髙田にコメントを求めると、髙田氏は「簡単に一言で言うと、陣営のミス。戦うファイターを1から10まで管理しているのは陣営。適正体重も分かっているはず」とコメント。さらに「無理な減量ではなく、適正体重で試合ができるように管理・徹底することが大事」とボクシング界だけでなく、スポーツ界にも苦言を呈した。その一方で「本人が一番の犠牲者」と比嘉を気遣う場面もあった。  同番組は元総合格闘家の体育会系・髙田延彦と、東京大学法学部出身の文化系コメンテーター・横粂勝仁が、「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論する生ワイドショー番組。映像配信プラットフォーム「FRESH!」で配信されている。

東京マラソン・3万6千人の光景【AFLO SPORT Presents PHOTOIMPACT-プロの瞬撮-】

2018.04.17 Vol.web Original
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

サッカー・関根貴大【AFLO SPORT Presents PHOTOIMPACT-プロの瞬撮-】

2018.04.13 Vol.web Original
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

「東北・みやぎ復興マラソン2018」エントリー受付中!

2018.04.13 Vol.705

 被災地復興を願い2017年に初開催されたフルマラソン大会が今年も開催。コース全域は、東日本大震災の浸水エリア。一歩ずつ復興の道を歩む、復興の“いま”を走りながら体感することができる公認フルマラソン・大会コース(予定)だ。大会では、東日本大震災により転居を余儀なくされた元地域住民が故郷に再び集う「BACK TO THE HOMETOWN」をはじめ、被災した岩手県、福島県を含む約19カ所の地元のフードなどが楽しめるエイドステーションも展開。  さらに、東北・熊本のグルメを味わえる「復興マルシェ2018」をはじめ、石巻の雄勝石を使った完走メダルなど、マラソンを通じさまざまな復興支援に貢献。参加者一人一人のランが、被災地の元気につながるマラソン大会だ。復興が進む被災地の“いま”を駆け抜けてみない? 申し込みはローソン・ミニストップ店頭Loppi( http://l-tike.com/fc/guide_marathon.html )で!

Copyrighted Image