EXILE ÜSAとEXILE TETSUYAがアンバサダー就任!「楽しく歩く」をサポート

左から、EXILE TETSUYA、EXILE ÜSA、鈴木大地スポーツ庁長官
 EXILE ÜSAとEXILE TETSUYAが、1日、都内で行われた、「歩くことをもっと楽しく、楽しいことをもっと健康的なものに変えていく」官民が連携の取り組み「FUN + WALK PROJECT」の、強化月間のキックオフイベントに出席した。2人は、この取り組みについてより多くの人に知ってもらうために活動するアンバサダーに就任。ポスターなどに登場する。

「歩くのが大好き」だというÜSAは、「忙しいビジネスパーソンのみなさんにも、歩くことを(普段の生活のなかに)取り入れてもらえるように、楽しい歩きかたを提案できたらと思う」と、意気込みのコメント。

 TETSUYAは「歩くことも踊ることも僕らにとっては同じことだなと思っている」とし、「歩くこと、踊ることの両方の楽しさというものを多くの人に伝えられるようにアンバサダーとして盛り上げていきたい」と話した。
「これは……文部科学省の建物ですよね」と、鈴木長官
 この日2人はスーツに白いスニーカーを合わせた歩きやすい服装「FUN + WALK STYLE」で登壇。鈴木長官は「なんといっても……かっこいじゃないですか! 我々のような、おじさんが言うのと説得力が違う!」。
 
 イベントでは、同プロジェクトのアプリに登場するご当地キャラクターと撮影したポスターも紹介。「イメージ通り、スタイリッシュでかっこいい。パッと見、ファッション雑誌のような感じもある」と、ÜSA。TETSUYAは「ご当地キャラクターが同僚という設定なので、かなりシュールな感じにもなってますし、撮影現場も違和感のある現場だたんですけど、出来上がりを見てみるとシュールな中にもおしゃれさがある。働きながら歩く楽しさが伝われば」と話した。

 
 また、 ÜSAが「より歩くことを楽しんでいただけるように」と考案中だという音楽体験型ウォーキングダンス「DANCE EARTH WALK」を「Choo Choo TRAIN」に乗せて披露。愛知県岡崎市のご当地キャラクターのオカザえもんも加わってダンスした。

「FUN + WALK PROJECT」の取り組みを強化する「FUN + WALK 月間」。期間中は、全国の百貨店などで通勤にあった「FUN+WALK STYLE」の商品のキャンペーンが行われるほか、1日8000歩以上歩くと串カツ田中でワンドリンククーポンがもらえるなど楽しいサービスが受けられる「アフター5+WALK」が実施される。26日のプレミアムフライデーと連動した企画もある。