第一生命とLDHが“次世代を担う子どもたち”のため連携。ATSUSHIが熱唱するサプライズも

2017.09.14 Vol.Web Original
 9月13日、第一生命保険株式会社と芸能事務所・株式会社LDH JAPANが社会貢献を目的とした包括連携協定を締結した。  パシフィコ横浜で行われた協定締結式には、第一生命保険の代表取締役社長・稲垣精二氏と、LDH JAPANの代表取締役CEOの森雅貴氏が出席。  両者の連携事項は、(1)子どもの育成および子育て支援に関すること、(2)健康増進に関すること、(3)スポーツ振興に関すること、(4)その他、地域社会の活性化に関することの4つ。  今回の連携について、稲垣氏は「生命保険業とエンターテイメント業、まったく異なる業種同士ですが、次世代を担う子どもたちへの育成に貢献したい」、森氏は「第一生命とLDHが手と手を取り合って、今までにない新しい社会貢献ができるよう活動していきたい」とその意気込みを語った。  また締結式後のフォトセッションには、EXILE ATSUSHI(以下、ATSUSHI)も参加。稲垣氏と力強く握手を交わした。

茅ケ崎で障がい児のためのサーフィンスクール開催「楽しかった!」

2017.09.12 Vol.Web Original
 障がい児のためのサーフィンスクール「Ocean's Love(オーシャンズラブ)」が9日、神奈川・茅ケ崎で開催された。今シーズン10回目の開催で、21名の子どもが参加。青空と照りつける太陽のもと、ボランティアとともにサーフィンやレクリエーションを楽しんだ。  参加者全員がスクール初参加。みんなで体操をした後、プロサーファーのアンジェラ・磨紀・バーノンよりサーフボードの乗り方や体の動きなどのレクチャーを受けると、海へ。  ビーチで名前を呼びながら手をふって合図する親御さんやボランティアを目指して、子どもたちは何度も何度も波に乗った。中にはビーチに着くと、すぐに沖に向かって走り戻る子どももたくさんいて、ボランティアたちも水しぶきをあげながら走り回った。  スクールを終えた子どもたちは「楽しかった!来年もお願いね」と笑顔。ランチのあとは、貝殻やビーチグラスなどを使ったオリジナルのフォトフレーム作りなどを楽しんだ。 イベントには、DANCE EARTH PARTY からDream Shizuka、Flowerから鷲尾伶菜、重留真波、中島美央、E-girlsから石井杏奈、山口乃々華、武部柚那、プロサーファーの小川直久、小川幸男、俳優の天野浩成も参加した。 「Ocean's Love」は、アンジェラ・磨紀・バーノンが中心となり2005年より開催している知的障がい、発達障がい児のためのボランティアサーフィンスクール。茅ヶ崎を拠点に全国でスクールを展開、2017年の開催数は11回。LDH JAPANも2010年より活動に協力している。 認定NPO法人「Ocean's Love」については公式サイト へ。

黒木啓司やNESMITHが熊本の被災地小学校を訪問。全校生徒145名にエール!

2017.09.11 Vol.Web Original

■黒木啓司やNESMITHが熊本の被災地小学校に
9月8日、EXILE/EXILE THE SECONDの黒木啓司とNESMITH、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの神谷健太と与那嶺瑠唯が、2016年に熊本地震で甚大な被害に遭った熊本県阿蘇村立南阿蘇西小学校を訪れ、全校生徒145名にダンス教室や「夢の課外授業」を開催。子どもたちにエールを送った。

「夢の課外授業」は小中学生を対象に、各界で活躍する著名人を講師として招き、実際に触れ合うことで「目標」や「夢」を持ってもらうことを目指すプロジェクト。


何も知らされていない生徒の前にサプライズで登場したメンバーに生徒は大歓声。復興支援曲である「Rising Sun」をスペシャルダンスパフォーマンスすると、体育館はさらに熱気に包まれた。

■NESMITH「子どもたちの笑顔は、ふるさとの復興を力強く支える」
授業では、EXILEの代表曲「Choo Choo TRAIN」の振付を指導。メンバーが生徒ひとりひとりに丁寧にアドバイスをし、実際に踊って見せると、みるみるうちに上達。

笑顔でステップを踏んでいる生徒を目前に熊本出身であるNESMITHは「子どもたちの前向きな笑顔は、ふるさと熊本の復興を力強く支えると感じた。1日でも1回でも多く熊本に来て皆さんの勇気になる活動を続けていきたい」と伝え、黒木は「無邪気に踊る姿や心から笑っている姿をみて、逆に僕がパワーをもらった。この活動をとおして夢や何かのきっかけになってくれたら嬉しい」と想いを語った。

またダンス教室後に行われた授業では、生徒が将来の夢を元気いっぱいに発表。

生徒らに、黒木は「夢は1人では叶えられないので、家族や先生、仲間、友達を大切にして、いろんな人に出会ってください。一つの夢が叶わなくても、諦めなければ必ずチャンスはあると思いますし、その先に新たな夢や目標ができたりすると思うので、自分のできることからコツコツと頑張ってください」、NESMITHは「思いをたくさん周りに伝えることが自信や勇気につながる。今みんなが夢を僕たちに伝えたことは、もう夢に一歩近づいていると思うので、自分の夢をたくさんの人に伝えていってください」とアドバイス。

続けて神谷は「自分の憧れの存在の人を真似てみたり、研究したり、諦めないで夢を追い続けることが大事」、与那嶺は「自分の好きなことをどんどん追求していくこと。僕も今日自分のチームを皆さんに知って頂くことが一つの夢になりました」と真剣なまなざしで話を聞く生徒らにエールを送った。

今回の夢の課外授業は、黒木啓司さんやNESMITHさんの「九州を盛り上げたい」という想いと、ロイヤリティマーケティングが運営する共通ポイントPontaの「九州をさらに元気にしたい」という想いで実現した「九州をさらに元気に! Let’s go 九州キャンペーン」の一貫として実施されたもの。夢の課外授業の閉会式において、Pontaが登場し、生徒にオリジナルノートを贈呈した。

 

イノシシ対策は残念な結果に… 新ピザ窯で夏野菜ピザ作り!【Farming】

2017.09.11 Vol.698
 都市生活者が農業を楽しみながら実践するファーミングプロジェクトが8月27日、千葉・リソル生命の森内のファーミングガーデンで行われた。

先週のニュース振り返り〈2017年9月4日~9月10日〉

2017.09.11 Vol.Web Original
9月4日(月)
◆山口俊の処分問題について巨人が文書公表 ◆G7首脳が最も強い表現で北を非難する声明 9月5日(火)
◆屋久島で50年に一度の記録的な大雨 ◆羽田発の日航機のエンジンから出火、緊急着陸 ◆ソフトバンクのサファテが日本プロ野球新記録となる47セーブ ◆楽天が連敗を10でストップ ◆サッカーW杯アジア最終予選で日本がサウジアラビアに0-1で敗れる 9月6日(水)
◆睡眠薬服用し運転のインパルス堤下さんを書類送検 ◆著作権使用料訴訟の第1回弁論 9月7日(木)
◆女子テニスの伊達公子が引退会見 ◆サッカーJ1のG大阪が長谷川監督の退任発表 ◆山尾志桜里衆院議員が民進党に離党届 9月8日(金)
◆阪神・鳥谷が史上50人目の通算2000安打 ◆韓国で微量の放射性物質検出 ◆アントニオ猪木参院議員が北朝鮮要人と面会 ◆レディー・ガガが活動休止表明 ◆ドジャースのダルビッシュがメジャー史上最速1000奪三振(日本時間9日) 9月9日(土)
◆桐生祥秀が100Mで日本人初の9秒台 ◆フィギュアスケート女子リプニツカヤが現役引退 ◆WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥が米国で6度目の防衛(日本時間10日) 9月10日(日)
◆大相撲秋場所で昭和以降初めて初日から3横綱が休場 ◆小田急線沿線火災で車両に引火

【キーワードで見るニュース】2017.9.8~2017.9.14

2017.09.08 Vol.Web Original
定年65歳
 日本生命保険が内勤社員の定年を60歳から65歳に引き上げる新雇用制度の導入を検討していることを9月5日、明らかにした。ベテラン社員の豊富な経験やスキルを生かし、グループの成長を加速させるのが狙い。平成33年度から実施する方針。対象となるのは、内勤社員約1万5000人。37年度に予定されている公的年金支給開始の65歳への引き上げに間に合わせる。 人生100年時代構想会議
 安倍晋三政権の看板政策「人づくり革命」の具体策を検討する有識者会議。9月5日にメンバーが発表された。超長寿時代の生き方を提唱し、日本でもヒットした「LIFE SHIFT」の著者で、英ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授(62)ら10~80代の幅広い年代から13人を起用。最年少は中学生のときに起業し、現在もIT企業の社長を務める慶大2年生、三上洋一郎氏(19)、最年長は定年後にパソコンを学び、81歳でゲームアプリを開発した若宮正子氏(82)。 大統領選「無効」
 ケニアで8月8日に行われた大統領選の開票結果について、同国の最高裁は9月1日、判事6人のうち4人が選管当局に不正があったと認定。「根拠がなく無効だ」とする判断を下し、60日以内に選挙をやり直すよう命じた。選管当局は現職のケニヤッタ大統領が投票総数の54.3%を獲得し勝利したと発表。対立候補の野党指導者オディンガ氏の得票率は44.7%だとしていた。「結果は虚偽だ」とする野党支持者らが暴徒化し、20人以上が死亡、90人以上が負傷したとされる。 待機児童2万6000人
 認可保育所や認定こども園などの入所を希望しても入れない待機児童は、今年4月1日時点で前年比2528人増の2万6081人と3年連続で増加したことが1日、厚生労働省の集計で分かった。待機児童の判断基準は自治体ごとに異なっていたが、厚労省は3月に定義を見直し「保護者が育休中」の場合も復職の意思があれば待機児童に含めることで統一。集計によると、都道府県別では東京が8586人で最多。沖縄2247人、千葉1787人、兵庫1572人、福岡1297人が続いた。青森、富山、石川、福井、山梨、長野、鳥取の計7県ではゼロだった。 著作権使用料訴訟
 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を示したのは不当として、教室を運営する約250の事業者が、徴収権限がないことの確認を求めた訴訟。9月6日に第1回口頭弁論が東京地裁(佐藤達文裁判長)で行われた。著作権法は、公衆に聞かせる目的で楽曲を演奏する「演奏権」を作曲家らが専有すると規定しているのだが、この演奏権の解釈をめぐり両者は真っ向対立。原告側は「音楽教室での演奏は教育目的で集まった特定・少数の者の間での演奏で、公衆に対する演奏ではなく、聞かせることを目的としたものでもない」として、演奏権は及ばないとしている。JASRAC側は全面的に争う姿勢。

【NEWS HEADLINE】PHOTO OF THE WEEK[2017.8.25〜2017.9.7]

2017.09.08 Vol.698
 目で見るニュース、気になるキーワードの解説、話題を集めた発言などなど、使えるニュースをよりコンパクトにお届け!!

【動画付き】三代目JSBの山下健二郎、母校で生徒423名にダンスを指導!

2017.09.08 Vol.Web Original
 ダンス&ボーカルグループ、三代目J Soul Brothersパフォーマーの山下健二郎が5月23日、自身の母校である京都府長岡市立長岡第四中学校で開催された「夢の課外授業」にダンスの講師として参加し、全校生徒423名にダンスの授業を行った。  今回サプライズで登場した山下。国民的スターを目の前に生徒らは飛び上がり大興奮。授業では、三代目J Soul Brothersの代表曲である「R.Y.U.S.E.I.」の振り付けを指導。象徴的なサビのダンス“ランニングマン”では、「第四中の皆さんはこのステップを完璧にして帰ってくださいね」と伝え、生徒に直接アドバイスをしたり、実際に踊って見せたりすると「いいね~、うまいね~」とみるみる上達していく生徒たちに驚く山下。最後は、会場がひとつとなり「R.Y.U.S.E.I.」を全員でパフォーマンスし、子どもたちの顔からは自然と笑顔がこぼれた。

先週のニュース振り返り〈2017年8月28日~9月3日〉

2017.09.04 Vol.Web Original
8月28日(月)
◆羽田孜元首相が死去。82歳 ◆青森県板柳町の松森俊逸町議が豊田真由子衆院議員の政策秘書を辞職 ◆政活費の架空請求疑惑の橋本健神戸市議が辞意 ◆新宿駅で白煙 ◆テニスの伊達公子が自身のブログで引退表明 ◆全米オープンテニス女子シングルス1回戦でシャラポワが四大大会復帰戦で勝利 ◆ブルージェイズの青木が戦力外(日本時間29日) 8月29日(火)
◆北朝鮮がミサイル発射。裳岬沖の太平洋上に落下 ◆政務活動費不正請求疑惑の橋本健神戸市議が辞職願を提出 ◆埼玉県の少女誘拐事件の寺内樺風被告が判決公判で不規則発言連発 ◆石破氏が自民党総務会から外れる ◆真木よう子のツイッターアカウントが削除 ◆テニスの全米オープン女子シングルス1回戦で大坂なおみが昨年覇者破り2年連続の初戦突破 ◆国連安保理が北朝鮮非難声明採択 8月30日(水)
◆安倍首相とトランプ米大統領が異例の2日続けて電話協議 8月31日(木)
◆小樽の石原裕次郎記念館が閉館 ◆サッカー日本代表が豪州破りW杯出場決定 ◆イギリスのダイアナ元妃が事故死してから20年 9月1日(金)
◆民進党の新代表に前原誠司元外相 ◆待機児童が 3年連続増加 ◆企業の内部留保が過去最高の406兆円に ◆サッカー日本代表のハリル監督が続投を明言 ◆EXILEのTAKAHIROと女優の武井咲が結婚発表 ◆ソフトバンクにマジック16点灯 ◆ケニアの最高裁が大統領選無効を宣言 9月2日(土)
◆将棋の藤井聡太四段が初の連敗 ◆元WBA世界王者・宮崎容疑者が公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕 ◆ヤンキースの田中投手がメジャー通算50勝(日本時間3日) ◆メッツが青木獲得(日本時間3日) 9月3日(日)
◆安倍首相とトランプ米大統領が3度目の電話協議 ◆眞子さま小室圭さんが婚約会見 ◆将棋の藤井聡太四段が森内俊之九段破る ◆北朝鮮が「ICBM搭載用の水爆実験に完全に成功」と声明発表 ◆世界柔道で初実施の男女混合団体戦で日本優勝

EXILE TETSUYAプロデュースのコーヒースタンド、3店舗目は大阪に!【メニュー紹介付き】

2017.09.02 Vol.Web Original
 8月29日、EXILE TETSUYAがプロデュースするテイクアウト専用のコーヒースタンド「AMAZING COFFEE(アメージングコーヒー)」の3店舗目が、初の関西に出店。大阪・南堀江にオープンした。  店の名前は「AMAZING COFFEE SOUTH SIDE」。

【キーワードで見るニュース】2017.9.1〜2017.9.7

2017.09.01 Vol.Web Original
UUUM
「ユーチューブ」に動画を投稿して収入を得る「ユーチューバー」のマネジメントなどを手掛ける会社。8月30日に東京証券取引所マザーズに上場し、上場2日目の31日に6700円の初値をつけた。公開価格2050円の約3.3倍。上場した30日は買い注文が殺到し、値がついていなかった。UUUMは平成25年に設立。はじめしゃちょーさんやHIKAKIN(ヒカキン)さんら人気ユーチューバーが所属している。29年5月期の売上高は69億円 8億2873万円
 東京都議会は8月30日、平成28年度分の政務活動費の収支報告書を公開。交付額は1人当たり月60万円で全国最高。総額9億180万円のうち91.9%の8億2873万円が使われ、残りは返還された。支出のうち最も多かったのは、「広報紙(誌)発行費」で3億568万円(構成比36.8%)。次いで職員などの「人件費」で3億312万円(同36.5%)。各種団体との意見交換に充当できる会費については、最大会派だった自民党系会派が会費全体の8割以上となる1043万円を使用。うち6割は1~2月に集中し、領収書には「新年会」「賀詞交歓会」などと記されていた。 SDGs
 国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。「貧困をなくす」「飢餓をゼロに」「気候変動に具体的な対策を」「産業と技術革新の基盤をつくる」といった17項目からなる。現在、SDGsを基本理念に取り入れたり、対応商品をそろえたりするといった取り組みが企業などに広がっている。経団連は会員企業向けの行動指針「企業行動憲章」にSDGsの理念を取り入れるよう改定した。 臍帯血
 母親と胎児を結ぶへその緒と胎盤の中に含まれる血液。赤血球や白血球などの血液細胞のもとになる「造血幹細胞」を多く含み、白血病などの重い血液の病気の治療に使われる。他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療を国に無届けで行ったとして、再生医療安全性確保法違反容疑で東京や京都の医師や業者ら6人が27日に逮捕された。臍帯血の移植は1回当たり300万~400万円台で行われていたとされる。 概算要求総額101兆
 政府は8月31日、平成30年度予算の各省庁からの概算要求を締め切った。一般会計の要求総額は101兆円前後に上った。4年連続で100兆円を突破。医療や年金などの社会保障費が増えた一方、借金返済に充てる国債費は低金利で29年度要求より減った。重点施策に優先配分する「特別枠」への要求は上限の約4兆円近くに積み上がり、安倍晋三政権が掲げる「人づくり革命」に絡めた事業が目立った。財務省は年末にかけた査定で3兆円程度絞り込む考え。