マギー、新型Aクラスにメロメロ 「1人ドライブも好きだから、こんな“相棒”が欲しいな(笑)」

ヘアメイク・青山理恵(nude.) スタイリスト・後藤加奈枝 撮影・辰根東醐

スポーツカーも運転できてしまうマギーが選ぶならやはり大きな車?



「実はそうでもないんです(笑)。私の中で“好みのタイプの車”と“日常の中で乗りたい車”の2つがあるんです。もちろんGクラスやSクラスも乗りたいけれど、今の私のライフスタイルを考えると日常で乗るなら、都内の狭い路地にも楽に入って行けたり立体駐車場も確実に利用できたりするサイズの車がベストかな、と。都会で車を乗っている人にとって駐車しやすいというのはけっこう重要ですよね。駐車が大変だったりすると、それだけで車で出かけるのが嫌になっちゃうこともあるし。私も自分で運転していくときは、きちんと停められる駐車場があるか確認してから出かけるようにしています。新型Aクラスなら、立体駐車場でも入るかどうか気にしなくていいし、そのストレスが軽減されるのはかなりポイント高いんですよね」

実際、乗ってみての印象は?



「メルセデスの車って、どのクラスもレベルがどんどん上がっていますよね。この新型Aクラスは特にすごいと思いました。まず運転席に乗り込んだ瞬間、メルセデスのラグジュアリー感を感じました。内装のデザインもそうだし、2画面の大きなディスプレイがついたコックピットが、カッコよくてラグジュアリー。実際に運転席に座った感じも狭いという感覚はなかったです。シートも細かく調整できるから座りやすいですね」


撮影・辰根東醐

多彩な機能を直感的に操作できるMBUXもすぐに気に入ったマギー。



「私は自分1人で運転することも多いので、声とか指先だけでいろいろ操作できるのはすごく助かります。しかも自然な言葉で話しかけても大丈夫とか、すごいですよね。ステアリングから手を離さずに指先で操作できるタッチパネルも、使い慣れたら手放せなくなると思う(笑)」

そもそもマギーがここまでの車好きになったきっかけとは?



「小学校のときにカナダの叔母が真っ赤なSUVに乗っているのを見て、私もああいう車に乗りたい、とあこがれたのが最初です。そこから車に興味を持つようになり、高校生くらいのときにスポーツカーにハマって、20歳になってマニュアルの免許を取り、スポーツカーや大型車にも乗ってみたり。学生のころは一緒に車の話で盛り上がれる女子の友達がいなくて(笑)。見た目のカッコよさも好きですけど、車を運転する気持ちよさが好きなんです。私が好きになるのは、まず乗ったときに高揚感を感じられる車。この車、好きだなーと、ときめきを感じられるかどうか、です。タイプ的にはカッコよさとラグジュアリーさを兼ね備えた車が好き。それとやっぱり安全性。自分はもちろん最大限に気を付けているけど、自分では避けられない場合もありますから。カッコいいけど安全機能が無いとリラックスできないし、安心感があってもカッコよさが無いと乗っていて気分が上がらないし。それを全部併せ持っているのがメルセデスの魅力的なところだと思います」

 何より車そのものが好きだから車とずっと一緒にいたい、と笑うマギー。新型Aクラスとのドライブも心から楽しんでくれたようだ。
メルセデス ミー 東京(六本木)【住所】東京都港区六本木7-3-10【URL】http://www.mercedesme.jp/