別所哲也「地縁、血縁から“ネット縁”でつながる時代へ」【BEYOND 2020 NEXT FORUM】

別所哲也(べっしょ・てつや)
90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍し、第1回岩谷時子賞奨励賞、第63回横浜文化賞を受賞。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁文化発信部門長官表彰を受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選出。第14回渡辺晋賞を受賞。

自転車競技の拠点が来春誕生
いろとりどりの短冊に願いを込めて……ミニチュアの世界でも七夕
変わりゆく音楽業界、次への一手は  浅川真次(アーティマージュ社長)
「BEYOND コロナ」のエンターテインメントに求められるパラダイムシフトとは
うどん県“副知事”・要潤も絶賛! 山本ゆり考案の「超簡単うどんレシピ」
今だから実感する「言葉術」 阿部広太郎(コピーライター)