“複業”で経済的リスクを回避!複数の収入源を得るイマドキの働きかた

「個の時代」「フリーランス流行」も、都心を中心にある程度ありふれたものになってきた。副業を認める企業も若いベンチャー企業を中心にどんどん増えており、「景気の差は努力の差」とも取れるような時代になってきたように感じる。

 今は複数の収入源を得ることを副業、ではなく「複業」と呼ぶようになり、収入先がいくつかある人という人もよく聞く。

 複業とは、時と場合によって就労形態を使い分けて複数から収入を得る働き方のことだ。終身雇用制の崩壊や震災などで「企業務め=安心」という価値観が失われ、この複業という言葉に注目が集まっている。

 とはいえ、実際人々はどんな風に複業をこなしているのだろうか。不景気な世の中、認められるなら少しでもお小遣い稼ぎをしたい。けれど、やるなら効率よくやりたい。そんなあなたが何を複業したらいいのか、選択肢を考えてみよう。



旅行好き・おしゃれさんにおすすめな「買い付け」



 まずは旅行好きのあなたにおすすめなのが「買い付け商品販売」だ。昨今は素人でも商品を販売できるプラットフォームが増えたので意外と簡単に始められる。

 韓国や中国では誰でも入れる卸売市場があるので、旅行のついでに好きな商品を買ってくる。それを国内でメルカリやラクマ、インスタなどで販売するだけ。
 要するに、誰でも簡単にネットで「セレクトショップ」が運営できるのだ。メルカリなどの売買サービスを使えば手数料の代わりに宣伝費をかけず商品を売れる。インスタやBASEなどなら、宣伝は自分でする必要があるが、手数料をかけず商品を売ることができる。

BASE https://thebase.in
1 2>>>
「今だからチャレンジできる事がある」吉田たくみ氏(映像クリエーター)
ラジオJAPAN MOVE UP!が近未来の家「EQ House」から情報をお届け
訪日客需要も見込んで今年3月に開業した都内居酒屋店、怒とうの3カ月を乗り越えて売り上げ回復した理由
環境番組を手掛ける谷崎テトラ 「環境問題を上から目線で伝えるだけだと友人が減っていく」
政治は「見えないガラスの床」中山泰秀氏 (衆議院議員)
ネイルカラーもトップコートも必要なし!そのままの爪が美しくなる「育爪」とは?