ゲキ×シネ『髑髏城の七人』の夏の陣! 6月から新旧6作を上映

©TBS・ヴィレッヂ ©松竹・ヴィレッヂ ©ヴィレッヂ・劇団☆新感線
 劇団☆新感線の『髑髏城の七人』シリーズが映画館に登場する。6月からシリーズ新作と旧作の全6作品を新宿バルト9ほか全国12の映画館で上映する。

 ゲキ×シネ『髑髏城の七人』2019年夏の陣と題して展開される企画。360°回転シアター、IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として上演された『髑髏城の七人』の最新作 Season 花・鳥・風に、『髑髏城の七人~アカドクロ』、『髑髏城の七人~アオドクロ』、『髑髏城の七人 2011』を加えた6作品。

《ゲキ×シネ》は、劇団☆新感線の話題作を映画館で上映するもの。作品ごとに映像版の監督を擁立し、映像はスクリーン向けに新たに編集。音声も劇場向けにリミックスされて、映画館の大スクリーンと高音質で最大限に舞台の魅力を味わえるのが特徴。
 
 現在、シリーズ新作の、花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)、極(『修羅天魔』)は、ゲキ×シネにて上演中。


ゲキ×シネ:http://www.geki-cine.jp/
劇団☆新感線のオフィシャルサイト:http://www.vi-shinkansen.co.jp/
武田玲奈、水着グラビア一旦休止発表も「私は私のままであり続けたい」
金のNEWクレラップは誰の手に? 白熱の「クレハカット選手権」決勝大会
「第32回東京国際映画祭」見どころPick Up!【10.28〜11.5開催】part.1
堀ちえみがエッセイ出版「話すことができない分、気持ちを文字として綴った」
黒部三奈が青木真也の決めフレーズ丸パクリで女子初代王者への執念見せる【11・24 修斗】
フェザー級戦でSASUKEが一本勝ちで復帰後2連勝。敗れた稲葉聡は引退表明【10・20 修斗】