2020年、AIで故手塚治虫氏の新作が30年ぶりに発表

作品執筆中の手塚治虫氏
「#世界新記憶」プロジェクト第1弾「TEZUKA2020」

『鉄腕アトム』『ブラックジャック』『ジャングル大帝』といった数々の名作を世に送り出し、1989年に亡くなった“漫画の神様”ともいわれる手塚治虫氏の新作が2020年2月、30年ぶりに発表されることとなった。

 これは手塚氏の膨大な作品群をデータ化し、高速・大容量フラッシュメモリとAI技術を駆使して新たに作品を生み出そうという試み。

 フラッシュメモリを発明した東芝メモリ株式会社が「キオクシア」へ社名を変更するにあたり立ち上げた「#世界新記憶」プロジェクトの第1弾「TEZUKA2020(テヅカ 二―ゼロ 二―ゼロ)」として行われるもの。
【明日は何を観る?】『パンケーキを毒見する』『返校 言葉が消えた日』
こんな時代だからこそ演劇が見たい プリエールプロデュース『マミィ!』
夏の暑さよりも熱く、大切なストーリーがここにある!『進撃の巨人』『怪獣8号』『キャプテン翼 MEMORIES』
TSUTAYAプレミアム 動画配信おすすめラインアップ!韓国ドラマ『リーガル・ハイ』『東京リベンジャーズ』
六本木で日本美術の奥深い魅力にハマる!生誕 260 年記念企画 特別展「北斎づくし」
こんな時代だからこそ演劇が見た 劇団普通『病室』