坂本勇人 今年一番の思い出は「阿部さんの引退試合でのホームラン」

賞金300万円のボードを高々と掲げる坂本

「東京ドームMVP賞」3度目の受賞


 2019年度の「東京ドームMVP賞」の表彰式が10月8日、東京ドームで開催された。

 同賞は東京ドームをフランチャイズとする巨人軍の公式戦で最も顕著な成績を収めた巨人の選手に贈られる賞。今年は選考委員会で坂本勇人が満場一致で選出された。

 坂本は今年、ドームで64試合に出場し、247打数84安打、打率.304、22本塁打、49打点。規定打席に到達した選手の中では打率、安打数、本塁打数でチームトップの成績で、巨人の5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。

 坂本は「優勝した年にこのような賞をいただけて素直にうれしく思っている」と挨拶。そして「東京ドームはホームグラウンドでロッカーも居心地がいいですし、やりやすい。12球団の中でも一番やりやすい球場だと思っている。自然とメンタル的にもいい状態でバッターボックスに立てているのだと思う」と好成績の要因を振り返った。
1 2>>>
宇宙人が誠品生活日本橋とタッグ! 「紹介することができてとてもうれしい」
勘九郎、大河主演の長谷川へエール。「かっこいい光秀演じて」
DOBERMAN INFINITY、念願のアリーナツアー収めた映像作品を4月1日にリリース
世界を夢中にさせたミュージカルが来日「ドリームガールズ」
【インタビュー】瀬戸利樹 遅刻したら、スマホを使かったら…自殺催眠発動! 映画『シグナル100』
今年は日本映画が熱い「2020年公開映画ピックアップ」