映画『シン・ウルトラマン』主演の斎藤工「壁ドンとかしてきた人間なのに…」

この日トークセッションを行った斎藤工(左)と樋口監督

『TSUBURAYA CONVENTION 2019』が開催


 円谷プロダクション史上最大のイベント『TSUBURAYA CONVENTION 2019』のオープニングセレモニーが12月14日、イベントのメイン会場となる東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで開催された。

 イベントの最後に2021年に公開予定の映画『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督と主人公のウルトラマンになる男を演じる斎藤工が登壇し、トークセッションが行われた。

 樋口監督は「昭和40年生まれで、物心がついたときに再放送でウルトラマンをずっと見ていた。再放送は週1ではなく毎日やる。ものすごい密度で浴びるように見ていた。親が厳しくて小学校に入るときに怪獣の人形を捨てられてしまった。それが自分の心に大きな穴をあけてしまい、それを埋めるために今がある。ウルトラマンは心の一部」

 斎藤は「小学校がシュタイナー学園というところで、ちょっと変わった教育を受けていて、テレビや映画、人形といった遊び道具も与えられなかった。父が映像業界の人間で、円谷プロでバイトをしていた。ウルトラマンタロウの現場にいて、父が爆破のスイッチングとかをやっていた。その影響もあってかウルトラマンのフィギュアだけは家にはあって、僕の唯一の遊び道具がウルトラマンのフィギュアだった。自分の中で想像しながらウルトラマンと怪獣で遊んでいた」などとそれぞれウルトラマンの思い出を語った。
1 2 3>>>
m-flo、最新の“loves”はchelmico! 新曲「RUN AWAYS」12日に配信スタート
久保優太がK-1引退。ボクシング転向で「東京五輪で金メダル目指す」
松井玲奈が9歳年下と恋愛 大人気少女漫画原作のFOD新ドラマ
THE RAMPAGEの陣とRIKU、チュートリアルで体験型オンラインイベント VJ務めるスペシャの『LIVE YEAH!!! 』
Creepy NutsのDJ松永が「文學界」でエッセイの連載スタート
コロナブランク【アフロスポーツ プロの瞬撮】