倍率200倍!『Fukushima 50』プレミアで佐藤浩市、渡辺謙ら「明日への遺産に」

撮影・堀田真央人
 映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)ワールドプレミアが26日、都内にて行われ、主演・佐藤浩市と渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直人、平田満、萩原聖人、佐野史郎、安田成美らキャストと若松節朗監督が登壇した。

 2011年、巨大地震による想定外の津波に襲われ、全電源を喪失した福島第一原子力発電所に残り、原子炉の制御に奔走、海外メディアから“Fukushima 50”と呼ばれた現場作業員たちのドラマを描く。

 参加倍率200倍だったというワールドプレミアイベント。本作の音楽を手掛けた岩代太郎指揮のもと、劇中音楽の演奏も担当したヴァイオリニスト五嶋龍、チェリスト長谷川陽子、東京フィルハーモニー交響楽団と、そしてNHK東京児童合唱団も加わり、劇中曲3曲の演奏で幕開け。壮大な演奏による感動が広がった会場に、生演奏とともに登壇したキャスト8名と若松監督。
1 2 3 4>>>
霜降り明星の粗品とせいや、ポケモンで声優「子どもの頃の夢が叶いました」
RIZINの榊原CEO「夏に格闘技のメガイベントを開催したい」
RIZINの榊原CEO「K-1だけが非難されるのはおかしいと思った」
伊藤健太郎「振り回されたって何言われたって好き」 令和版『東京ラブストーリー』制作発表
史上初の無観客&2日間開催の「レッスルマニア36」カード出そろう【WWE】
新型コロナで治療中だった田嶋幸三サッカー協会会長が退院