食の第一人者たちが日本の食文化を世界へ広める「日本の食ミュージアム」を構想


 
 東京オリンピック・パラリンピックへ向けて、日本の食への注目度も高まるなか「2020年以降の日本の食・農」を考える「BEYOND2020 NEXT FORUM 農林水産省ワーキング」第2回が1月31日、農林水産省にて行われ、食に携わるエキスパートや有識者らが「日本の食」を広く伝えていく場として「日本の食ミュージアム」構想について語り合った。

 2020年以降の日本の活性化について、さまざまな分野の有識者が語り合う、東京2020公認プログラム「BEYOND2020 NEXT FORUM」と連動して行われるワーキングの第2回。今回は、第1回で上がった「日本の食と農・食文化」の振興を目的とした「日本の食ミュージアム」の可能性を模索。

 まず、国内外の食に関する施設や、幅広い層から人気を集める文化施設が参考例としてあがった。 辻調グループの辻芳樹氏は「教育や普及は大切な役割となるが、世界中から子供たちが訪れてくれるような、学ぶだけでなく楽しみながら日本の食の魅力を伝えていくことができれば。金沢21世紀美術館やニューヨークのアメリカ自然史博物館はリピーターも多い。そういったリピーターを引き付ける要素も参考になるはず」と話した。
1 2>>>
EXILE TAKAHIROが表参道ヒルズでクリスマスツリーに点灯「童心に返る」
渋谷に新ライブハウス「渋谷近未来会館」オープンへ! 香港の廃墟をイメージ
田中将大に何が起きていたのか? 6日放送の『プロフェッショナル』が迫る
紫雷イオらが数的不利を跳ね返して女子ウォーゲームズ戦を制す【WWE NXT】
東京都、6日の新規感染者は7人、重症者は3人
前田敦子、独立後は「怒涛の一年だった」。「お酢好き」念願叶い、タマノイ酢アンバサダーに就任