髙田延彦が新型コロナ問題に「台湾や韓国にできて、なぜ日本ではできないのか?」

新型コロナ問題で政府の対応に苦言を呈した髙田

安倍政権の対応に「場当たり的」とばっさり


 タレントで元総合格闘家の髙田延彦が3月2日、新型コロナウイルス問題に対する安倍政権の姿勢について物申した。

 髙田はこの日、弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。番組では髙田が疑問に思う、政治・社会・スポーツといったさまざまなジャンルのニュースについて語り、そこに横粂氏が弁護士かつ元衆議院議員という立場ならではの解説を加えていく。

 この問題では現在、全国の小中高に臨時休校が要請され、大型のイベントの自粛も要請されている。

 髙田はまず「時系列で見ると矛盾しているように思える。2月25日に基本方針を発表してからイベントの自粛や休校問題について、1日ごとに方向性が変わる。その1日でなにがあったのかの説明がない。唐突だし。メディアによると、萩生田文部科学大臣とすりあわせをして文科大臣は全校休校は良くないと反対したらしいが、その後、側近と決めて発表をしたということらしい。寝耳に水という人が自民党内にも政府関係者にも多かったようだし、政調会長の岸田さんですら、こういう時期だから分からないでもないけど“唐突感”は否めないと言っている。石破さんを含めた閣僚経験者が強い懸念を示していたということもメディアで流れていた」とこの間の政府のぶれについて言及。

 29日に行われた安倍首相の会見についても「“しっかりやる!”“真摯に向き合って”とか声には力が入っていて、言葉の思いは強いが、実際に何をやるかとか、医療に関する政策も経済的なバックアップも全部これから。なにか場当たり的に閃いて“後手後手って言われているから、ここは一発先手打ってやっておこうか”という感じが伝わってきた」「答えられないから35分で切り上げて、まだ質問したい記者がいるのに、とっとと家に帰っちゃうんだよ」などとばっさり。
1 2>>>
コロナブランク【アフロスポーツ プロの瞬撮】
都、東京アラート発動! 小池知事、都内新規感染者34人は「警戒すべき数字」
半分オンラインで半分リアルな新しい展示会 有明の「SMALL WORLDS TOKYO」から発信
アスカvsシャーロットの王者対決実現もナイアの登場で灰色決着【WWE】
カイリが猛攻も“大女”ナイアがレッグドロップ葬【WWE】
「面接マナー」に新常識。コロナ時代の失敗しないオンライン就活とは