約1万個のキャンドルが六本木に灯る「和紙キャンドルガーデンーTOHOKU 2021ー」

過去の様子

 2011年の東日本大震災以降、キャンドルの光とともに被災地の人々の思いを伝えてきた東京ミッドタウンのキャンドルイベント。震災から10年の節目を迎える今回で最後の開催となる。多摩大学日本大好きプロジェクトの学生が、被災地である東北3県(岩手県・宮城県・福島県)を巡り、1枚ずつ手で漉いた和紙にメッセージを集めてキャンドルに仕立て、ミッドタウン・ガーデンと芝生広場に灯す。今年のテーマは「つなぐ」。テーマには被災地と全国の人々、そして過去と未来を「つなぐ」という意味が込められている。また今回はイベントの様子をオンラインで配信するほか、SNSにて過去10年分の全メッセージを公開する。



「和紙キャンドルガーデンーTOHOKU 2021ー」
【期間】3月9日(火)~3月11日(木)
【時間】17~20時【場所】東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン、芝生広場
【料金】入場無料 ※雨天・荒天中止
【URL】https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/5387/
いきものがかりの楽曲を日本アカデミー賞監督がスマホでショートフィルム化
玉川温泉の4月は昭和レトロ月間。昭和の日に「集まれ!懐かしのレトロカー展」を開催
“アニメオタク”はやがて世界に広まった…「アニメージュとジブリ展」リポート
浜松コラボの新メニューとは?【JAPAN MOVE UP】
ナウシカ役声優・島本須美「私も知らなかった」“幻の青いテト”に「怖くない、怖くない」
サンシャイン水族館の人気者!「コツメカワウソ」赤ちゃんの名前募集