ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011 part.2

2011.06.13 Vol.513

13年目のSSFF & ASIAが見せる“ショートフィルムのさらなる可能性”!


6月16日(木)〜6月26日(日)
原宿・表参道・新宿・六本木・横浜の5カ所開催!


今年も、ショートフィルムの祭典が幕を開ける! 米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2011」。13年目を迎える今年、毎年恒例の人気プログラムだけでなく、新登場となるプログラムやイベントも多数。また、今回は原宿・表参道・新宿・六本木・横浜の5カ所にて上映されるので、鑑賞タイミングが増えたのもうれしい。これまでSSFF & ASIAを見たことが無いという人も、いずれかの会場をのぞいてみてはいかが。


ショートフィルムが生んだ絆で復興を応援


 ショートフィルムの持つ“映像の力”を伝え続けてきたSSFF & ASIAでは今年、東日本大震災の復興に向け映画祭チケット収益の一部寄付を決定。さらに2つのチャリティー企画を実施した。第1弾は「チャリティショートフィルムプロジェクト」。一般から“思いを込めた写真”を募集し、その写真をつなげて一本のショートフィルムを作るというもの(募集終了)。完成した作品は映画祭で上映される。第2弾は、著名人が超レア&貴重なグッズを出品する、チャリティーオークション。名作『スター・ウォーズ』シリーズの巨匠ジョージ・ルーカス監督や、これまでの審査員など、国内外問わず豪華な顔触れが“映像の力で、日本に笑顔を!”という映画祭の趣旨に賛同し続々参加している。今年はこれまでとは違う“ショートフィルムの力”を実感するはずだ。



ph_feature0200.jpg

©Lucasfilm Ltd. & TM. All rights reserved.



世界の映画人が続々参加!
「SSFF & ASIA 2011 チャリティオークション」


 第1弾に出品するのは、SSFF & ASIA創立時から同映画祭を応援しているジョージ・ルーカス監督の直筆サインと、スター・ウォーズの名台詞「May The Force Be With You(フォースとともにあらんことを)」の直筆メッセージ付き「スター・ウォーズ:帝国の逆襲」のメイキング本など。他にも岩井俊二、ガレッジセール・ゴリ、コシノジュンコ、デーブ・スペクター、中田英寿、中村俊輔、蜷川美花、三池崇史、宮本亜門、渡部陽一など、豪華な顔触れが参加を表明している。



<オークション日程>
第1弾 6月11日(土)〜17日(金)
出品者:ジョージ・ルーカス、ジェイソン・ライトマン、ユ・ジテ、サム・テイラー=ウッド
第2弾 6月18日(土)〜24日(金)
第3弾 7月2日(土)〜8日(金)
※第2弾以降の出品者&ラインアップは公式サイトにて順次発表




オフィシャルコンペティション
上映場所 ラフォーレミュージアム原宿/ブリリア ショートショート シアター


“未来の巨匠”たちがグランプリを競うコンペティション(以下:コンペ)。今年、「インターナショナル部門」には映画祭史上最も多い3065作品が応募。うち16カ国・35作品を上映。コンペ出品作品だけでなく、コリン・ファースとキーラ・ナイトレイ共演作『スティーブ』など豪華な作品を集めた「セレブリティショート」も見逃せない。日本とアジアの監督作が集う「アジア インターナショナル & ジャパン 部門」には17カ国から585作品の応募があり、そのうち厳選された17作品を上映。『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督作『波瀾万丈』など、特別招待作品も豪華だ。各部門の優秀賞から選ばれるグランプリ作品は、次年度の米国アカデミー賞ノミネート候補作品となる。他にも、観客の投票によって決まるオーディエンスアワードなどの賞があり、今年の賞金総額は500万円以上となる予定だ。



ph_feature0201.jpg

★豪華な「セレブリティショート」を楽しもう (写真左) コリン・ファースとキーラ・ナイトレイが夢の競演を果たした『スティーブ』


★巨匠たちの「マエストロショート」を堪能! (写真中央) 『オールドボーイ』のパク・チャヌク監督がベルリン映画祭金熊賞を受賞した作品『波瀾万丈』


★コンペティションも秀作揃い! (写真右) インターナショナル部門より『カンバセーション・ピース』




無料上映 旅シヨーット!プロジェクト
上映場所 表参道ヒルズ スペース オー/ブリリア ショートショート シアター


「旅シヨーット!プロジェクト」は、国土交通省観光庁とのコラボレーションにより、2010年から始動したプロジェクト。「旅シヨーット!プロジェクト」は、「旅っていいな」「旅がしたくなった」「日本に行きたくなるね」をキーワードに作品を募集する部門。好評つき今年も無料上映を実施。日本にあふれる多彩な観光資源を映像コンテンツとして表現し、世界中の人々に“日本の魅力”を訴えていくことを目的としている。第2回目となる今年も日本各地のさまざまな魅力を伝える作品が勢ぞろい。


 また、「日韓観光振興プロジェクト」によって特別製作された2作品も見逃せない。日本人監督によるオールソウルロケの作品『スーパースター』(出演:櫻井淳子、キム・ウンス)と、韓国人監督によるオール鎌倉・藤沢ロケの作品『スマイルバス』(出演:パク・コニョン、リュ・ヒョンギョン)の2作品とも鑑賞し両国の魅力を体感してほしい。韓国旅行気分をそそられる「韓国トラベル・ショート」も必見。



ph_feature0202.jpg

(写真左端) 『スーパースター』/(写真左から2番目) 『スマイルバス』


旅シヨーット!プロジェクト 審査員はこちら!
(写真左から) セイン カミュ(タレント・俳優)/中島信也(映画監督)/菊川怜(女優 ※公式審査員と兼任)




無料上映 ストップ!温暖化部門
上映場所 表参道ヒルズ スペース オー/ブリリア ショートショート シアター/ラフォーレミュージアム原宿


 映像の力を信じてストップ温暖化! 今年で4回目を迎え、すっかり映画祭に欠かせぬ部門となった「ストップ!温暖化部門」。地球温暖化防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」との連携により、国内外から温暖化防止を訴えるショートフィルムを募り、今年も無料で上映する。今回は、全世界から282本もの秀作が寄せられ、そのうち厳選した13作品を上映。


 本部門が多くの支持を得ている理由の1つには、ときにユーモアを、ときに感動を味わいながらも、地球への思いを新たにできるという点。今年の上映作もバラエティー豊かな作品セレクトとなっている。北海道・網走の流氷という、日本の風物詩をテーマに温暖化を考えるドキュメンタリー『流氷はいつやってくる?』。ブロッコリーとマッシュポテトで気候を表現した実験的映画『気候という名の料理』。ドキュメンタリーであっても、フィクションであっても、見終わった後に温暖化防止への思いが残るはず。



ph_feature0203.jpg

(写真左端) 『流氷はいつやってくる?』/(写真左から2番目) 『気候という名の料理』


ストップ!温暖化部門 審査員はこちら!
(写真左から) 石原良純(俳優・気象予報士)/江守正多(気象学者)/黒谷友香(女優)




映画祭史上初企画が続々。13年目の注目ポイントを一挙紹介!


ph_feature0204.jpg

『27年後』



3D部門 supported by SHARP
上映場所 新宿


 映画祭初登場として今年注目したいのがこちら、3D部門。3Dの面白さを満喫できるショートフィルムが大集合だ。舞台『テニスの王子様』の川隅美慎とSSFF & ASIA 2010美女暦グランプリの瀬古あゆみ共演作『2028 Belief』、韓国SF映画界の鬼才シン・テラ監督の新作『27年後』など4本を厳選上映。思わず驚くハイグレードな作品ばかりだ。また、山崎貴監督や押井守監督など豪華ゲストが来場するイベントもお見逃しなく!



★スカパー! presents 3Dクリエイターズトークセッション
日時:6月18日19時〜 ゲスト:山崎貴監督ほか


★シャープスマートフォン 3Dコンテスト
CG・アニメーション部門授賞式イベント 日時:6月24日19時〜 審査員:押井守監督ほか




ph_feature0205.jpg

『落としもの』



CGプログラム
上映場所 六本木/表参道/横浜/原宿


 こちらも映画祭史上初となるプログラム。2011年米国アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作品『落としもの』をはじめ、世界基準のフルCG作品を集めた注目プログラムだ。ショートフィルムならではのドラマチックな展開とCGによる、ダイナミックな演出は見ごたえ満点。ちなみにこちらは、IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクールなどを運営するデジタルハリウッド株式会社とSSFF & ASIAとのコラボにより実現したもの。日本から世界へ向けて、CGクリエイターの才能を発信する場としても注目したい。



★上映終了後、デジタルハリウッド講師とクリエイターによるトークセッションを行う予定




ph_feature0206.jpg

『パパの思い出』



フットボールプログラム presented by J.LEAGUE
上映場所 表参道/横浜/六本木


 Jリーグ設立20周年を記念して新設されたのがこちら“フットボール”をテーマにしたショートフィルムを世界中から集めた「フットボールプログラム」。名作『リトル・ダンサー』のスティーブン・ダルドリー監督が父に思いをはせるサッカー少年の姿を描いた『パパの思い出』、第一次世界大戦中の実話をもとにした感動作『オフサイド』など秀作揃い。フットボールを通して描かれる人間模様とドラマの数々に“映像の力”そして“スポーツの力”を感じとることができるプログラムとして注目したい。




ph_feature0207.jpg

『サイレント スクリーム』



ミュージックShort部門(ジャパン/韓国)
上映場所 表参道/原宿/横浜


 本部門で上映されるのは、ショートフィルムの視点でセレクトしたオフィシャルのミュージックビデオ作品と、楽曲をもとにクリエイターが製作したオリジナルショートフィルムだ。今年は、昨年の受賞監督・常盤司郎が、Superflyの楽曲「Ah」をテーマに製作した『皆既日食の午後に』(出演:濱田龍臣他)や、水嶋ヒロが原作、脚本、特別出演を果たした『サイレント スクリーム』などイチオシ作品が満載。韓国ミュージックショートでは韓国で国民的人気を誇るガールズグループ WONDER GIRLS出演作などを上映。




ph_feature0208.jpg

『バス停より愛をこめて』



EOS MOVIE プログラム
上映場所 表参道/横浜


 キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS」で撮影された映像「EOS MOVIE」。国内応募作品から選りすぐりのショートフィルム作品5本を上映する「EOS MOVIE プログラム」が新登場。カメラで撮影された映画と聞いて驚く人も多いかもしれないが、映像業界で「EOS MOVIE」はスタンダードになりつつある。事実、本映画祭の国内応募作品の約4分の1は「EOS」を使用して撮影されている。高画質なだけでなく、コンパクトなボディーや好感度機能により、最小限のスタッフでのさまざまな撮影を可能にすることから、ショートフィルムの撮影現場でも高い支持を得ているのだ。そんな「EOS」の実力を満喫できる作品を上映。映像に興味のある人は必見のプログラムだ。













ph_feature0209.jpg

『ハートタンゴ』



イタリアプログラム
上映場所 六本木/表参道/横浜


 イタリア統一150周年を記念し、映画史に名を残す巨匠から現代の映画界を担う俊英監督の作品まで、イタリアのショートフィルムを一挙上映! 現代イタリアを代表する女優モニカ・ベルッチ主演、『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ監督の『ハートタンゴ』や、2010年カンヌ映画祭主演男優賞を受賞したエリオ・ジェルマーノが主演の『ミツバチと風』、そしてイタリアの巨匠ミケランジェロ・アントニオーニ監督作『街の清掃人』など、レア&豪華な作品ばかり。



 
ph_feature0210.jpg

『MIRROR 〜a documentary film of UNDERCOVER』



桐生プログラム
上映場所 表参道


 今年7月24日から開催される「きりゅう映画祭」とのコラボ企画。人気ブランド『UNDERCOVER』デザイナー・高橋盾の、桐生・東京・パリコレでの姿を追ったドキュメンタリー『MIRROR 〜a documentary film of UNDERCOVER』を始め、これまで映画祭でノミネートまたは受賞している新鋭クリエイター3名が桐生市・みどり市を舞台に撮影したオリジナルショートフィルムなど、計4本を上映する。




ph_feature0211.jpg

『お父さんの手』



高雄映画祭プログラム
上映場所 表参道/原宿/横浜


 SSFF & ASIAとパートナーシップを組んでいる台湾の高雄映画祭からのセレクト作品を上映。国内外の長編映画だけでなくショートフィルムの上映にも力を入れている高雄映画祭から、台湾若手作家の優秀なショートフィルムを“愛の世代”と“となりの英雄”というテーマで厳選。ドラマ『お父さんの手』、アニメ『桜の咲く頃に』など推薦作品を上映する。




ph_feature0212.jpg

『ゴッド・オブ・ラブ』



アカデミープログラム
上映場所 表参道/横浜/六本木


 2010年米国アカデミー賞短編部門受賞作品&ノミネート作品を上映! 同短編実写部門受賞作『ゴッド・オブ・ラブ』、同ノミネート作品『告白』など、アカデミー賞のレッドカーペットを“歩いた”作品をスクリーンで観賞するまたとない機会だ。米国アカデミー賞公認映画祭だからこそ実施可能な、贅沢なプログラム。世界が認めたハイクオリティーなショートフィルムを堪能して。





ph_feature0213.jpg

ブリリア ショートショート シアター


〒220-0012 横浜市西区みなとみらい5-3-1フィルミー2F【交通】新高島駅4番出口から徒歩5分、みなとみらい駅2番出口から徒歩6分【問い合わせ】045-633-2151【営業時間】10〜22時【休館日】火曜【通常料金】一般/学生1000円 シニア800円チケットはシアター窓口、WEB携帯にて販売


www.Brillia-SST.jp




ショートフィルムにハマったら…専門シアターにGO!







ph_feature0214.jpg

「トラベルアイス THE大仏」
バニラ味、黒ゴマ味 各350円 6月18日より期間限定販売。映画祭上映作『スマイルバス』をイメージした大人向けコールドスイーツ。


ph_feature0215.jpg

「フルワット」
2個入り 400円 6月16日より期間限定販売。「アジアインターナショナル&ジャパンプログラム」にちなみ料理研究家・西出美紀子と映画祭のコラボメニュー第2弾!



 横浜・みなとみらいにあるショートフィルムの専門シアター、ブリリア ショートショート シアターでも、6月18日から26日まで「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」を開催。フランス映画祭2011で上映した短編作品を上映するフレンチ・ショート特集は、本会場限定上映となるのでお忘れなく! また、映画祭期間中しか食べることのできない限定メニューも続々登場。オシャレ&こだわりメニューでも評判のシアターだけに、限定メニューも楽しみ。


 さらに6月29日(水)〜8月31日(水)の期間、 2011年度の受賞作品や審査員おすすめ作品で構成するスペシャルプログラムを上映。


 また現在、お得な年間パスポートが通常1万円のところ、8400円にて販売中。シアターの特別イベントへの招待など特典たっぷりの、シアター会員も受付中だ。





www.shortshorts.org


映画ファンと妻夫木・松山が熱いトーク

2011.06.08 Vol.512
ph_myback01

 映画「マイ・バック・ページ」ティーチイン イベントが8日、都内で開催され、沢田役の妻夫木聡、梅山役の松山ケンイチおよび、山下敦弘監督が参加した。会場にはすでに映画を鑑賞した約30人もの映画ファンが集まり、作品に関して熱いトークが繰り広げられた。


 学生運動を背景に、週刊誌編集者として働く沢田と、活動家として革命を目指す梅山が時代に翻弄される姿を描いた「マイ・バック・ページ」。会場には親が学生運動に参加していたという人も参加していて、親はいまだに当時の感覚を引きずっているとのこと。山下監督は、どうしてそういう気持ちを引きずっているのかを考えて脚本を手がけていると語る。




ph_myback02

 作品については、「重いテーマだったのですが、映画って何だろうというのを考えて3年ぶりに作った作品です。映画としてはすでに完成しているのですが、見るたびに、見え方が変わって、いまだに自分の中で決着がついていないのですが。いろんな人の意見を聞いて、やっと映画が完成しつつある状態です」という。
 役作りが難しかったという妻夫木は、「学生運動をメインにしているわけでもないですし、視点がそこにとらわれて、大事なものが見えてこないことが怖かったですね。一人ひとりが時代に翻弄されているのは確かなのですが、人間の欲とか内面から出るものを大切にして役をやっていました」と共感がなかなかできない役へ取り組んだ。その中でも自らの経験から「芸能界に入ると、お金もラクに稼げて、女にもモテてと思っていたけど、何もできませんでしたね。台詞も出てこないし、芝居も意味が分からないし、自分が情けなかったですね。そういう挫折があるからこそ、今の自分がある」と、挫折が人を成長させることを役を通じて再認識させられたようだ。
 松山は、「学生が立ち上がったのは、日本が間違った方向に行くかもしれないという危機感があったからで、国を愛する気持ちは今も昔も変わらないと思うんです。日本人として何ができるかですね」としながら震災後は、「福島に瓦礫を撤去しに行っているんです。バイトは不真面目だったのですが、瓦礫の撤去は時間を惜しんでやっているんですよ。よくこれだけ動けるなというくらい。何かしなきゃという思うのは、昔も同じような気がしますね」と、その熱い気持ちを語っていた。





『マイ・バック・ページ』
全国大ヒット公開中 新宿ピカデリー、丸の内TOEI 他
©2011 映画『マイ・バック・ページ』製作委員会




大人もハマる! 映画”もしドラ”

2011.06.06 Vol.512

"悩める社会人"必見。青春ストーリーとビジネス書解説が合体


ph_feature0100.jpg

累計発行部数268万部を突破したベストセラーがAKB48 前田敦子を主演に迎え映画化! 大ヒット上映中の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は悩める大人たちにもイチオシの一本だ。


 勢い冷めやらぬ"もしドラ"ブーム。アニメ化やコミック化とさまざまな広がりを見せているなか、ブームの集大成ともいうべき待望の映画化作品がついに公開。人気絶頂のAKB48 前田敦子が演じる主人公・川島みなみが、経営学の父・ドラッカーの著作を手にしたことから始まる物語。映画ならではの感動を与えつつ、モチベーションを上げてくれる、社会人も必見の一本なのだ。



監督:田中誠 出演:前田敦子、瀬戸康史、峯岸みなみ、池松壮亮、川口春奈、大泉洋他/2時間5分/東宝配給/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて公開中 http://www.moshidora-movie.jp/
©2011「もしドラ」製作委員会




ph_feature0101.jpg

やる気のないエース・浅野。後輩や監督ともうまくいっていない様子。当然、試合にも悪影響が...



大人もハマる Point1「ウチの会社にもこんな人いる!」


 物語は、ごく普通の女子高生・川島みなみが、代理で野球部のマネジャーを頼まれることから始まる。しぶしぶ引き受けたものの、みなみが通う程久保高校野球部は負け続きのダメチーム。みなみは、チームを立て直そうと、書店にマネジャーの参考本を探しに行くが...。ダメチームが立ち直るスポーツ映画は少なくないが、本作では野球部=組織の問題点が具体的にキャラクタライズされている。全体的にやる気がない、人間関係でトラブル多発、リーダーの不在など、社会人なら"他人事ではない"問題ばかり。物語の舞台は高校野球だが、自分の会社やチームを思い浮かべながら見れば、共感せずにはいられない。




ph_feature0102.jpg

「野球部だって��組織�≠セ!」と気づいたみなみ。では、野球部の定義って? 野球部の��顧客�≠チて?



大人もハマる Point2「ストーリーで"なるほど!"解説」


 高校野球のマネジャーになるべく参考本を買いに書店にやってきたみなみ。ところが、勘違いした店長から薦められたのは経営学の父・ドラッカーの名著「マネジメント」。家に帰ってからビジネス書だと気づきがく然とするが「マネージャーの資質とは、才能ではない。真摯さである」という一節に心を動かされ...。


「組織の定義」「マーケティング」「強みを発揮させる」「イノベーションに取り組む」...ドラッカーの理論を高校野球に当てはめ、見事に野球部を改善、成長させていくみなみ。経営マネジメントの理論が、どう生かされていくのか...映画を見てのお楽しみ。




ph_feature0103.jpg

クライマックスの決勝戦に待つ、最大のドラマとは...。甲子園ファンでなくともハンカチ必携



大人もハマる Point3「もう一度"青春"しよう!」


 みなみのマネジメント術によって改善されていく程久保高校野球部。一歩一歩、勝ち進んでいくみなみたち。しかし甲子園出場をかけた地区大会決勝前夜、衝撃的な出来事が起こる...。


"もしドラ"の魅力は、単なるドラッカー解説にとどまらず、主人公や野球部の成長ストーリーに仕上がっていること。ドラッカーの理論によってダメチームが改善され、ついには高校野球界の常識をも覆す。そんなストーリーラインはドラマティックな痛快さと感動にあふれ、大人にも"青春"を味わわせてくれる。主人公のみなみを筆頭に、悩める部員たちの心情がリアルに描かれているのも世代を超えた共感を呼ぶはず。





マネジメントでどう変わる!? 問題アリな登場人物たち




































ph_feature0106.jpg

川島みなみ(前田敦子)
親友・夕紀の代わりに野球部のマネジャーとして入部。ドラッカーの「マネジメント」と出会い、甲子園出場を目標に弱小チームを改革していく



ph_feature0107.jpg

浅野慶一郎(瀬戸康史)
野球部のエース
問題点:やる気なし。監督や部員との信頼関係に亀裂



ph_feature0108.jpg

柏木次郎(池松壮亮)
キャッチャー。みなみとは幼なじみ
問題点:チームの現状に不満はあるが、あきらめ気味



ph_feature0109.jpg

宮田夕紀(川口春奈)
入院中の野球部マネジャー。みなみの親友。部員の誰もが心を開く存在



ph_feature0110.jpg

北条文乃(峯岸みなみ)
後輩マネジャー。成績は優秀
問題点:人見知りで引っ込み思案



ph_feature0111.jpg

加地誠(大泉洋)
程久保高校野球部監督
問題点:野球理論には詳しいが、事なかれ主義



ph_feature0112.jpg

保谷(石塚英彦)
ドラッカーに詳しい書店主。みなみに「マネジメント」を薦める



ph_feature0113.jpg

五十嵐(青木さやか)
チーフマネジャーに昇格し、参考本を探しに来た客



ph_feature0114.jpg

程久保高校野球部
問題点:さぼり、エラー続出のダメチーム。甲子園なんて夢のまた夢






映画"もしドラ"大ヒットの仕掛け人!


 映画"もしドラ"を作り上げた3人のキーパーソンがこちら。メガホンをとった田中誠監督は、以前にも夏帆主演作『うた魂♪』などで青春ストーリーを手掛けた実力派。原作者・岩崎夏海は、かつて秋元康に師事しており、AKB48のプロデュースにも参加。もとは峯岸みなみをモデルに、ヒロイン・みなみを生み出したというエピソードも知られている。そして本作の総合プロデューサーを務めた秋元康。前田敦子、峯岸みなみの女優進出、主題歌、挿入歌とファンを満喫させてくれた。











ph_feature0115.jpg ph_feature0116.jpg ph_feature0117.jpg

田中誠(脚本・監督)
『タナカヒロシのすべて』で映画監督デビュー。映画『うた魂♪』やドラマ『おじいちゃんは25歳』も手掛け、話題に



岩崎夏海(原作・脚本)
2009年に出版した初著書『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』で"もしドラ"ブームを生んだ



秋元康(総合プロデュース)
作詞家。ご存じAKB48、SKE48、SDN48、NMB48の総合プロデューサーも務める




ph_feature0104.jpg

映画"もしドラ"撮影エピソード


★リアルなプレーシーンに注目!


 物語の感動を、よりリアルに伝えてくれるのが野球部員を演じた俳優たち。エースを演じた瀬戸康史をはじめ、ほとんど野球経験が無かったとは思えない迫力を見せてくれる。キャッチャー役の池松壮亮は野球経験者だけあり、バッティングも力強い。前田がバットを手に美しいフォームを見せるシーンもファン必見だ。


ph_feature0105.jpg

一体となって"試合"に挑む俳優たち。その様子は本物の野球部そのもの!



★撮影は冬に実際の球場で


 リアルな演出に、さらに一役買ったののがロケ撮影。程久保高校のグラウンドとして使用されたのは、茨城県高萩市の廃校・旧高萩工業高校のグラウンド。撮影は冬だったため緑の芝生を植え"夏"を演出したり、雪に降られて除雪作業に追われたりという苦労もあったとか。地区大会のシーンでも、鴻巣フラワースタジアムや宇都宮清原球場など、実際の球場で撮影を敢行。野球部員になりきった俳優と、観客・応援役のエキストラが一体となり、実際の試合会場のような雰囲気が生まれている。また、みなみがドラッカーと出会う書店は、西東京市にある保谷書店を借りて撮影されている。



映画“もしドラ”を完全制覇!

2011.06.06 Vol.512
ph_feature0200.jpg

AKB48のエース 前田敦子 待望のソロデビュー! デビューマキシシングル『Flower』(Act1〜3)がYou,Be Cool! / KING RECORDSより6月22(水)発売。表題の「Flower」と「この胸のメロディー」の他、Act1〜3それぞれに異なるお楽しみが盛りだくさん!
【公式HP】http://www.kingrecords.co.jp/maedaatsuko/



ドラッカーに、AKB48に…ハマる要素満載


 先週封切りされ、大ヒット中の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」。高校野球とドラッカーという、一見まったく異なる要素が一体化して感動の青春ストーリーになるという想定外の面白さに加え、映画ならではのドラマ要素も満載。さらにヒロイン・みなみ役を前田敦子が務めるなど、AKB48のファンも見逃せない映画となっているのも、ヒットの要因に違いない。


 内容そのものはもちろん、AKB48、原作本、ドラッカーなど、ハマる要素がめじろ押しの話題作だ。




主題歌でAKB48、挿入歌でソロ・前田敦子を満喫!


 映画“もしドラ”の大きな見どころとなっているのは、ヒロイン・みなみを演じた前田敦子の存在。昨年12月、キャスティングが発表されたときには「以前から(野球部、サッカー部といった)マネジャーをやってみたいと思っていましたので、みなみ役をいただいたときはうれしかったです。マネジャーという役を通して周りの方たちをサポートする側にもなれるように頑張ります。チームプレイでステキな作品に仕上げたいと思います!」というコメントを寄せていた。初主演にも関わらず、ときに熱血、ときに繊細なヒロインを生き生きと演じきった前田の魅力を再発見するファンも多いはず。5月に行われた完成披露イベントでは、後輩マネジャー・文乃役を演じた峯岸みなみも、前田の演技について「普段は甘えんぼなのですが、芝居になると女優さんの顔になるので、間近で見ていて刺激になりました」とコメントしている。


 彼女たちの楽曲を主題歌・挿入歌で楽しめるのも映画ならではだ。主題歌は現在記録的な売り上げを誇るAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」。そして挿入歌は、6月22日に発売となる前田のソロデビューシングル「Flower」。タイムリーな楽曲を映画館で堪能できるのはうれしいかぎり。


ph_feature0201.jpg

完成披露イベントでは前田敦子や峯岸みなみら主要キャストが勢ぞろい。前田は大ヒットを目標に甲子園さながらの“宣誓”



 さらに、TVCMでも“もしドラ”2人組みが活躍。「ワンダ」ブランド新TVCM「映画もしドラ応援」編が先月28日より放映中だ。毎日朝が早くて大変だった前田、峯岸は朝専用缶コーヒー『ワンダ モーニングショット』を飲んで頑張ったというエピソードを披露する内容。先輩・後輩を演じた2人の、息の合った掛け合いに注目。


 公開前、勝負事の神様として信仰を集める箭弓(やきゅう)稲荷神社に大ヒット祈願をした前田。「(自身も)6月はいろいろあるので、笑顔で過ごせたらいいなと思います!」と語っていた通り今後の活躍にも目が離せない。先日、前田は7月スタートのドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」で“イケメン男子”を演じるため髪をバッサリ。本作で見せるポニーテールの女子高生姿は貴重な映像になりそうだ。














ph_feature0202.jpg ph_feature0203.jpg ph_feature0204.jpg

「Flower」【Act1】
CD+DVD 1600円(税込)

全6曲。共通楽曲の他「頬杖とカフェ・マキアート」など。DVDには共通映像の他「前田敦子スペシャルインタビュー『今、考えていること』」とPVメイキング映像。初回製造分にジャケット撮影オフショットのフォトブック付き



「Flower」【Act2】
CD+DVD 1600円(税込)

全6曲。共通楽曲の他「夜明けまで」など。DVDには共通映像の他「Flowerが咲くまで 〜前田敦子の軌跡〜」。初回製造分にMV撮影時オフショットのフォトブック付き



「Flower」【Act3】
CD+DVD 1600円(税込)

全6曲。共通楽曲の他「La Brea Ave.」など。DVDには共通映像の他「前田敦子ファッションブック『今、着てみたいお洋服』」。初回製造分にはファッションブック(10ポーズ)付き




主題歌「Everyday、カチューシャ」ランキングぶっちぎり!


ph_feature0210.jpg

 本作の主題歌はAKB48の新曲「Everyday、カチューシャ」。5月に発売され、初週で133万枚の売り上げを記録。オリコンによると、発売初週としては、1996年に120.8万枚を記録したMr.Childrenの「名もなき詩」を15年4カ月ぶりに更新した。6月6日付けのオリコン週刊シングルランキングでも堂々1位。これで、2009年10月発売の「RIVER」以降8作連続で首位を獲得したことになり、ピンク・レディーが78年に打ち立てた記録を32年8カ月ぶりに塗り替えたことになる。



AKB48 21st Single『Everyday、カチューシャ』通常版 CD+DVD 1600円・税込 You,Be Cool! / KING RECORDSより発売中




ph_feature0205.jpg

勘違いした書店主から「マネジメント」を薦められたみなみ。すべてはここから始まった



映画が数倍楽しくなる! ドラッカー関連情報


“ドラッカー山脈”と称されるほど膨大な著作をしるしたP.F.ドラッカー。“もしドラ”ワールドも、それに劣らぬ広がりを展開中だ。


 映画を見て、もっと“もしドラ”を知りたくなったのなら、岩崎夏海の原作本は必須。コミック、アニメまで網羅してしまったら、「エースの系譜」「甲子園だけが高校野球ではない」といった岩崎の他著作もおススメだ。


 ドラッカー自身に興味を抱いたなら「マネジメント」をはじめとする“ドラッカー山脈”に挑戦してみては。ドラッカーの“精神”に触れたい人には「決定版 ドラッカー名言集」など、至言の数々をまとめた本を探してみるのもよさそう。また、映画の公開前後には「100分で名著」(NHK教育)に取り上げられるなど、関連番組を予定しているので、こちらもおススメ。本格的に理念を学びたい人は、ドラッカー学会による講演会情報などをチェックしてみてはいかが。



ph_feature0206.jpg

映画では、みなみが「マネジメント」と出会った書店に、ドラッカーのソックリ人形が…



そもそも“ドラッカー”ってどんな人?


 ピーター・フェルディナンド・ドラッカー(1909〜2005)は、20世紀から21世紀にかけて、経済界に対して最も影響力のあった経営思想家といわれている。現在の経営理論にも生かされているマネジメントの主な概念と手法を生み出し、マネジメントの父、経営学の父と称された。


 そんなドラッカーが1974年に刊行したのが「マネジメント―課題、責任、実践」。それまで彼が発表してきた自らの経営論を体系化しまとめた本書は、世代、国を超えたベストセラーとなる。ちなみに、主人公のみなみが読んでいるのは、本書のエッセンスを初心者向けにまとめた“エッセンシャル版”。





映画と合わせて楽しもう! “もしドラ”ワールド












ph_feature0207.jpg

『マネジメント【エッセンシャル版】』
P.F.ドラッカー著 上田惇生 編訳 定価・2100円(税込) ダイヤモンド社 刊
すべてはここから始まった! 映画の主人公・みなみが出会ったのは、『マネジメント』のエッセンスを初心者向けにまとめた【エッセンシャル版】


ph_feature0208.jpg

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
岩崎夏海 著 定価:1600円(税込) ダイヤモンド社 刊
2009年の発売以降、累計発行部数236万部という驚異的なベストセラーを記録。日本中に“もしドラ”ブームを巻き起こし、次々にアニメ化、映画化されている


ph_feature0209.jpg

コミックス版「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
原作:岩崎夏海 漫画:椿あす 集英社 ジャンプコミックス デラックス
“もしドラ”ワールドをコミックスで楽しく、分かりやすく満喫。原作やアニメ、映画との違いもチェックしてみて!



『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

2011.06.06 Vol.512

X-MENの“起源”が今、明かされる!


ph_movie0100.jpg

X-Men Character Likenesses TM & ©2011 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and ©2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.



 遺伝子の突然変異により、超人的なパワーが覚醒した人々=ミュータントの苦悩と冒険を描く大ヒットシリーズX-MENの最新作が登場! これまでウルヴァリンやサイクロプッスらを中心とした物語が描かれてきたが、本作で語られるのは“エピソードゼロ”。物語の中核を担うのは、後にプロフェッサーX と呼ばれるX-MENの設立者チャールズ・エグゼビアと、後にテロリスト軍団・ブラザーフッドの首領マグニートーとして恐れられるようになるエリック・レーンシャー。若き2人の出会いから友情を交わした日々、そして決裂までを描き、X-MEN誕生の知られざる真実を明かす。


 チャールズ役に『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ。エリック役に『イングロリアス・バスターズ』のマイケル・ファスベンダー。『キック・アス』で世界中の映画ファンから絶賛された気鋭監督マシュー・ヴォーンがメガホンをとっているのも見逃せない。



STORY:裕福な家に生まれたチャールズと、母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリック。強力なテレパシー能力を持つチャールズは、磁力であらゆる金属を操ることのできるエリックと出会い親友となるが…。


監督:マシュー・ヴォーン 出演:ジェームズ・マカヴォイ他/2時間11分/20世紀フォックス映画配給/6月11日よりTOHOシネマズ スカラ座他にて公開 http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg/



ファッション業界に嵐? 「SERENE Dept.」ローンチ

2011.06.06 Vol.512

表参道発



ph_tokyo0200.jpg

(写真左)「グッドガール」をキーワードに「ベーシック・クラシック・キュート」をコンセプトにしたスタイルだ。“おばあちゃんが着ていた服を今風にアレンジ”。 (写真中央上)SERENE Dept.は靴にも注力。リーズナブルな価格帯で多数のアイテムを投入予定。 (写真中央下)注目度の高いアイテム、フード付きキルトコートは1万2000円(予定)。
(写真右端)総合プロデューサーの佐々木大輔氏。「ファストファッション、ハイメゾンはある意味完成された市場。それとは違う新しい層を生み出したい」。世代を代表するデザイナーを起用し「ジャパンカルチャーを世界に発信したい」とも語った




 5月24、25日、都内で東京スタイルが手掛ける新しいブランド「SERENE Dept.」の展示会が開催され、多くのマスコミ、アパレル業界の関係者が詰めかけた。本ブランドは東京スタイルが初めてF1層をターゲットにしたブランドとして話題を集めている。


 総合プロデューサーには、札幌コレクションなどを手掛けた佐々木大輔氏を迎えた。ファストファッションとハイメゾンの2極化が進むF1層の中で「パイ(客)を取り合うのではなく、新しいマーケット、新しいカルチャーを創出したい」と佐々木氏。キーワードは「グッドガール」。「家族も仕事も大切にしながら自由を謳歌する女性」のイメージで、「日本のユーザーには世界を感じてもらいながら、海外から見ると“東京ポップ”を感じさせる」スタイルを作り上げている。


 イメージアイコンには、アメリカの名門7女子大学のセブン・シスターズをモチーフにした「セブンスターズ」を使用するなど、視覚的・聴覚的なイメージ戦略にも力を入れており、今後さまざまな展開を行っていく予定だ。今年秋に旗艦店となる路面店をオープンし、今秋5店舗展開を目指していく。



【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア】×【TOKYO HEADLINE】コラボ企画 WEB連載[3]

2011.05.30 Vol.511

ph_movie9900.jpg


東京から世界に発信!「ショートフィルム・フィーバー」



米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011」が6月16日から開幕。映画祭開催の記念企画として、ヘッドライン・WEBでは、映画祭の注目情報を連載で紹介。短い時間の中にこめられたショートフィルムの無限の可能性を探ります。



SSFF & ASIAの呼びかけで豪華出品者が続々集結!

チャリティーオークションが6月11日(土)からスタート




ph_movie9902.jpg


(写真、左から) ジョージ・ルーカス監督は直筆サイン&メッセージを記した『スターウォーズ:帝国の逆襲』のメイキング本を出品。あの名フレーズ“May The Force Be With You(フォースとともにあらんことを)”。ルーカス監督のサインは“GL”の2文字がほとんどで、メッセージ付きのサインは超レア!(© Lucasfilm Ltd. & TM. All rights reserved.) / 『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督 / 韓国の実力派俳優、ユ・ジテ / 現代アーティスト、サム・テイラー=ウッド







 東日本大震災からの復興に向け、各地でさまざまなアクションが生まれている。SSFF & ASIAでは“映像の力で、日本に笑顔を取り戻そう!”を合言葉に、6月16日(木)の映画祭開幕に先駆けチャリティー企画を始動した。「チャリティショートフィルムプロジェクト」に続く企画第2弾となるのが、SSFF & ASIAの呼びかけで集まった著名人がお宝グッズを出品するチャリティーオークション。この出品者の顔触れが、かなりスゴイ。オークションは3回に分けて実施される予定で、第1回目(6月11〜17日)には、ご存じ『スター・ウォーズ』のジョージ・ルーカス監督、『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督、韓国の実力派俳優ユ・ジテ、映画監督としても活躍する現代アーティストのサム・テイラー=ウッドが参加。ルーカス監督はSSFF & ASIA創立時から同映画祭を応援している経緯があり、他の3名も過去映画祭で受賞歴を持つというつながりがある。ライトマン監督は商業メジャーデビュー前に観客賞を、ユ・ジテは自らの監督作で特別賞を、サム・テイラー=ウッドは初長編監督作『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の前に撮ったショートフィルムでグランプリを受賞している。



 他にも岩井俊二、ガレッジセール・ゴリ、コシノジュンコ、デーブ・スペクター、中田英寿、中村俊輔、蜷川美花、三池崇史、宮本亜門、渡部陽一など、豪華な顔触れが参加を表明。審査員や受賞者、プレゼンターなど過去の映画祭に参加した顔ぶれも多く、改めてSSFF & ASIAが映像の力で築いた“絆”を感じさせられる。



 オークションは、Yahoo!オークションにて6月11日より3回に分けて実施される。第2回(6月18〜24日)、第3回(7月2〜8日)の出品者は追って発表される予定だ。本オークションの収益金は、日本赤十字社を通じて被災地の支援復興に役立てられる。



 まずは特設ページにて、豪華な顔触れ一覧をチェックしてみてはいかが。



オークション特設ページ
http://www.shortshorts.org/2011/charity/








ph_movie9901.jpg



★いよいよ6月16日(木)より開催!【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2011】

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭が今年も原宿に帰ってくる! 今年は映画祭初の「3D部門」「CGプログラム」がスタート。6月16日(木)〜19日(日)まで表参道ヒルズスペース オー、6月22日(水)〜26日(日)までラフォーレミュージアム原宿ほかにて開催。 http://www.shortshorts.org



★「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」とは?

短いもので1分、長いものでも25分というショートフィルムを上映するユニークな国際短編映画祭。1999年に原宿で誕生し、今年で13回目の開催となる。世界中から毎年4000品以上の応募作品が寄せられるコンペ部門だけでなく、著名な映画人たちが参加する豪華作品も多数上映される。







【関連記事】




【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア】×【TOKYO HWEADLINE】コラボ企画 WEB連載[1]



【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア】×【TOKYO HWEADLINE】コラボ企画 WEB連載[2]




ショートフィルムで伝えたい“魅惑の日本旅行”

2011.05.30 Vol.511


SSFF & ASIA 2011と観光庁のコラボプロジェクト「旅シヨーット!プロジェクト」が“日本を元気に”!



米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2011。日本の魅力を再発見したい今、観光庁(国土交通省)とのコラボで生まれた「旅シヨーット!プロジェクト」に注目した。







ph_tokyo0200.jpg


『あついぞ!熊谷』 “ムサシ”が逃げた! 4人家族の熊谷家。長男・太郎が連れ出した飼い犬・ムサシが行方不明に。家族を、ご近所を、そして熊谷中を巻き込んだ、大捜索の行方は?



ph_tokyo0201.jpg


『A Sense of Onomichi』 過去と現在のつながりを大切にする町・尾道。その長い歴史と伝統がごく自然に人々の日常生活の一部となり、家族や社会をひとつにしている様子を描く





映像を通じて伝える日本各地の魅力!!



「旅シヨーット!プロジェクト」は、「旅っていいな」「旅がしたくなった」「日本に行きたくなるね」をキーワードに作品を募集する部門。日本にあふれる多彩な観光資源を映像コンテンツとして表現し、世界中の人々に“日本の魅力”を訴えていくことを目的としているプロジェクト。第2回目となる今年は86本が応募し7本が入賞に選ばれた。ロケ地は、関東近県の熊谷や東京から、観光地としても人気の小樽や尾道などさまざま。ジャンルもドラマあり、アドベンチャーあり、ドキュメンタリーあり。見る人の住む場所によって旅情をかきたてられたり、地元の魅力を再発見できるのも、この部門の魅力だ。昨年に続き、今年も多彩な日本の風景を楽しむことができるはず。しかも上映は無料!









ph_tokyo0202.jpg


『スマイルバス』 パク・コニョンとリュ・ヒョンギョン共演で、鎌倉・藤沢を舞台に繰り広げられるハートフルなラブストーリー。日韓観光振興プロジェクト特別製作作品



ph_tokyo0203.jpg


『スーパースター』 韓流スターにあこがれる日本人女性が、韓国で出会った“事件”とは? 日本の女優・櫻井淳子と、韓国の俳優 キム・ウンスが共演。日韓観光振興プロジェクト特別製作作品





豪華作品製作!「日韓観光振興プロジェクト」



 日本の魅力をお隣・韓国にもっと知ってもらいたい。そして韓国の魅力ももっと知りたい。韓国カルチャー人気がますます高まりを見せる今、ぜひ注目してもらいたい企画がこちら。「旅シヨーット!プロジェクト」では、「日韓観光振興プロジェクト」と称し、映像を通じた日本と韓国の相互交流を図っている。今年はその特別制作作品として、日本人監督によるオールソウルロケの作品『スーパースター』(出演:櫻井淳子、キム・ウンス)と、韓国人監督によるオール鎌倉・藤沢ロケの作品『スマイルバス』(出演:パク・コニョン、リュ・ヒョンギョン、田中要次)を上映。2作品合わせて鑑賞すれば、両国の文化を満喫できるはず。









ph_tokyo0204.jpg


『チョンアのソウル・アドベンチャー』 隠れた名所がたくさんあるソウルの街を女優イ・チョンアが紹介!



ph_tokyo0205.jpg


『ボン・ヴォヤージュ:ワールドツアー2008』 韓国国内の場所を、世界の有名な旅行地に見立てたコメディー





人気俳優も出演!「韓国トラベル・ショート」



 さらに今年は「韓国トラベル・ショート」も見逃せない。SSFF & ASIAでは、韓国の国民的俳優、アン・ソンギが実行委員長を務めるアシアナ国際短編映画祭(AISFF)とタッグを組み、映像を通じた日韓観光振興を目的とした取り組みを行っている。その一環として行われているのが、プログラムの相互上映というユニークな試みだ。昨年、SSFF & ASIAの「旅シヨーット!プロジェクト」をAISFFで上映。そして今年のSSFF & ASIAで「韓国トラベル・ショート」を上映する。SSFF & ASIA同様、韓国最大級の国際短編映画祭が選りすぐったショートフィルム、これは見逃せない!






ph_tokyo0206.jpg


昨年の好評にこたえコラボ2年目!



「旅シヨーット!プロジェクト」は、観光庁(国土交通省)とのコラボレーションにより、2010年から始動したプロジェクト。第2回目となる今年は、コンペ部門入賞作に加え「日韓観光振興プロジェクト」によって特別制作された日韓合作2作品と選りすぐりの韓国ショートフィルムを上映。本部門参加作品は、映画祭の会期中、ラフォーレミュージアム原宿、表参道ヒルズ スペース オー、ブリリア ショートショート シアターで、なんと無料で上映される。



 公式サイトからトレーラーが視聴可能な作品もあるので、こちらもチェックして!











「旅シヨーット!プロジェクト」 SSFF & ASIA 2011 特別イベント



 SSFF & ASIA 2011・旅シヨーット!プロジェクトでは、会期中、映像を通じた観光振興トークイベントを実施する予定。映像で伝える旅行の魅力を、『スマイルバス』『スーパースター』の監督・キャストが語る予定。



開催日:6月23日 17時40分〜19時30分

場所:ラフォーレミュージアム原宿

※応募方法は6/1(水)WEBサイトにて発表




ショートフィルムで世界旅行! ブリリア ショートショート シアター



ph_tokyo0207.jpg


 横浜・みなとみらいにある、ショートフィルム専門のブティックシアター、ブリリア ショートショート シアターでは、毎日多彩なショートフィルムを上映中。6月17日までは「カンヌ映画祭特集プログラム」と題して、カンヌ国際映画祭で注目を集めた珠玉のショートフィルムを上映。6月18日からは「SSFF & ASIA 2011」の「旅シヨーット!プロジェクト」をはじめ出品作品を多数上映する。

http://www.Brillia-sst.jp








いよいよ6月16日(木)より開催!【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011】



http://www.shortshorts.org/2011/



会場:表参道ヒルズ スペース オー(6月16〜19日)、ラフォーレミュージアム原宿(6月22〜26日)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(6月17〜18日 オールナイト上映)、シネマート新宿(6月17〜24日 3D部門上映)、ブリリア ショートショート シアター(6月18〜26日 横浜開催)※チケット発売中




『パラダイス・キス』

2011.05.30 Vol.511

女子の夢と希望がぎっしり詰まったキラキラな1本!


ph_movie0100.jpg

©2011「パラダイス・キス」製作委員会



 絶大な人気を誇る矢沢あい原作の同名コミックを超豪華キャストで映画化。「20代の女性が2011年観たい邦画ランキング」で1位を獲得した注目作。


 特に夢も無いまま受験勉強に明け暮れる女子高生が、将来の目標に向かって励むファッションデザイナーの卵たちと出会い、彼らとの交流の中で、少しずつ成長していく姿を描く。主人公の女子高生・早坂紫役に映画・ドラマ・CMなどで大活躍中の北川景子。天才的なファッションセンスを持つ青年・ジョージに、今最も注目を集める向井理。劇中、さまざまな衣装をまとう2人の姿には、思わずため息。この豪華初共演に加え、山本裕典、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人、加藤夏希ら人気の顔触れが揃う。ゴージャスなシチュエーションにうっとりしながらも、登場人物たちのリアルな痛みや喜びに共感できる青春ストーリーに仕上がっている。原作とは異なる、映画オリジナルのラストにも注目!



STORY:有名進学校に通う女子高生・早坂紫は、矢澤芸術学院の生徒・永瀬嵐から、学園祭で開くファッションショーのモデルにスカウトされ、カリスマ的な魅力を持つデザインの天才・ジョージたちと知り合う。しだいに紫は夢に挑む彼らにひかれていき…。


監督:新城毅彦 出演:北川景子、向井理、山本裕典、五十嵐隼士、大政絢、賀来賢人、加藤夏希他/ワーナー・ブラザース映画配給/6月4日より全国公開 www.parakiss.jp



ルーカスが、中田氏が、そしてあの戦場カメラマンが!

2011.05.26 Vol.510

超豪華著名人が続々参加するチャリティーオークションが開催!


ph_Lucas

ジョージ・ルーカス監督は、直筆サイン&メッセージを記した応援レターと『スターウォーズ:帝国の逆襲』のメイキング本を出品。直筆メッセージは、あの名フレーズ“May The Force Be With You(フォースとともにあらんことを)”。ルーカス監督のサインは“GL”の2文字がほとんど。メッセージ付きのサインなんて超レア!
© Lucasfilm Ltd. & TM. All rights reserved.



 米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」が、東日本大震災からの復興に向け、国内外の著名人が参加するチャリティーオークションを開催。その参加者の顔触れたるや、そうそうたるもの。
 オークション第1弾(6月11〜17日)には、巨匠ジョージ・ルーカス監督の他、同映画祭で受賞歴のあるジェイソン・ライトマン監督(『マイレージ、マイライフ』)、韓国の実力派俳優ユ・ジテ、映画監督としても活躍する現代アーティストのサム・テイラー=ウッドが参加。他にも、岩井俊二、コシノジュンコ、中田英寿、中村俊輔、蜷川美花、三池崇史、渡部陽一など、さまざまなジャンルから著名人が続々参加を表明している。オークションの実施は、Yahoo!オークションにて、6月11日より開始。第2段(6月18〜24日)、第3弾(7月2〜8日)の出品者は追って発表される。
 SSFF & ASIA 2011は6月16日、ラフォーレミュージアム原宿他にて開幕。

オークション詳細についてはこちら(http://www.shortshorts.org/2011/charity/)から。



吉祥寺バウスシアター名物! 第4回爆音映画祭開催決定

2011.05.23 Vol.510

 音楽ライヴ用のサウンドシステムを使用し、映画を“爆音”で上映するという、吉祥寺バウスシアターの人気企画「爆音映画祭」が6月24日から7月9日まで開催される。
 今年は、オープニング作品『ザ・ローリング・ストーンズ レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザーHDリマスター版』を皮切りに、リクエストで上位を獲得した『キック・アス』『AKIRAデジタル・リマスター版』『狂った野獣』の他、『セーラー服と機関銃』『ゼイリブ』『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』といった多彩なラインアップ。後夜祭オールナイトでは『ゴジラ』など特撮映画4本を上映する。また、シークレット上映作品も追って発表される予定。
http://www.bakuon-bb.net/2011/

Copyrighted Image