アジア大会2018 射撃・松田知幸 -照準- 【プロの瞬撮】

2018.08.24 Vol.web Original
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

青木真也が3月大会での五味隆典戦ぶち上げる【ONE会見】

2018.08.23 Vol.Web Original
ONE Championshipが来年3月に日本上陸
 シンガポールを拠点とするアジア最大規模の総合格闘技団体「ONE Championship」(ONE)が8月23日、東京都内で会見を開き、来年3月31日と10月11日に日本で大会を開催することを発表した。  会見にはチャトリ・シットヨートンONEチャンピオンシップ会長&CEOと12人のファイターが出席した。  冒頭チャトリ氏はONEの成り立ちや実績をプレゼンし「アジア各国には5000年の歴史を有する格闘技がある。今度は世界という場で真のヒーローを我々が輩出する時期に来ている。ヒーローを生み出したいと思っている。真の英雄を作りたい。そしてそういった選手たちが世界に希望やインスピレーション、夢を与える、そういった組織を作りたいと思っている。これは他のプロモーションとは全く違うもの。他の団体のミッションは戦いを、喧嘩をするということ。我々は喧嘩をすることを目的としていない。ヒーローを作りたいと考えている」などと理念や方向性を話した。

サモア・ジョーのAJ一家への挑発はまだまだ続く…【WWE】

2018.08.22 Vol.Web Original
ジョーがAJを襲撃「ウィンディ~、パパは寝ちゃったぞ」
 WWE世界王者のAJスタイルズとサモア・ジョーの遺恨が再燃した。2人は「サマースラム」(米国現地時間8月19日、ニューヨーク州ブルックリン)で王座をかけ対戦するも、試合中もしつこくAJ家の家庭内不和をあおるジョーにAJが逆上。AJの反則負けで王座移動なしという灰色決着に終わった。  そのAJは「スマックダウン」(現地時間8月21日、ニューヨーク州ブルックリン)の特設ステージでインタビューを受け「望んだ結果ではないが、反則攻撃したことに後悔はしていない。またジョーが家族のことに口を挟んだら、ただでは済まさない」とジョーに警告。しかしその直後に背後からジョーがAJを襲撃。コキーナ・クラッチで捕まえてAJを失神KOさせたジョーは「ウィンディ~、パパは寝ちゃったぞ」と再びAJの家族に呼び掛けて挑発した。  サマースラムでは完全決着にはほど遠い内容とあり、2人の抗争はまだまだ続きそうだ。

中邑真輔 自画自賛「俺はアメリカのヒーロー!ナカメリカ!!」【WWE】

2018.08.22 Vol.Web Original
「スマックダウン」に映像コメントで登場
 WWE US王者の中邑真輔がWWEの「スマックダウン」(現地時間8月21日、ニューヨーク州ブルックリン)に映像コメントで登場した。 「サマースラム」でジェフ・ハーディを相手に防衛を果たした中邑は「サマースラムで道化師のジェフ・ハーディを破ってタイトル保持したぞ。俺は称賛されるべきアメリカのヒーローだ。ようこそ、ユナイテッド・ステイツ・オブ・ナカメリカ!!」とベルトを掲げて自画自賛した。  一方のジェフはそのサマースラムで謎の動きを見せたランディ・オートンとシングルマッチで対戦。ピアスの穴を引っ張るオートンの卑劣な攻撃に怒ったジェフは金的攻撃を繰り出し反則負けを喫した。怒りが収まらないジェフは試合終了後も場外でオートンに追撃。機材の上からオートンに怒りのスワントーンボムを炸裂させた。

金子晃大「チャンピオンの肩書をナンパに使われるのは困ります」

2018.08.22 Vol.709
 色白で細身、俳優の坂口健太郎似の金子晃大。格闘家には見えないイマドキの男子だが、デビュー以来、無敗でKrushバンタム級チャンピオンに駆け上がったスゴイ選手なのだ。しかし当の本人は…「よく分かんないですよね。6戦しかやってないので、どのくらいでチャンピオンになるのが普通なのか、平均が分からない。大体こんなもんじゃないんですか?」と涼しい顔。会見や勝利者インタビューでもとぼけた発言が目立つが、普段からいわゆる“天然”キャラらしい。 「天然っていうか、よく怒られるんです。この前もジムの先輩の左右田さんの試合で、左右田さんが持ってきたおにぎりを食べたんですよ。食べてもいいって言うから。そしたらちょうど食べている最中に、左右田さんと大宮司代表が入ってきて、すごい変な雰囲気になって…あれっ?って。そしたら案の定、次の日めっちゃ切れられました。左右田さんに。タイミングが悪かったのかな…。もしかして、後から食べようと思って楽しみにしていたのかも。だったら悪い事しちゃったな」  先輩に対してもこの態度。しかし、その物怖じしないところが可愛がられているようで…。   「僕、おねだりはよくしますよ。ジムでも皇治さんや城戸さんがカッコいい練習着とか着てると、“それ下さい”って言ってもらっちゃう。大体みんなくれます。そんなに高いものとかねだらないのがコツです。そこそこぐらいで(笑)。多分すごいおねだり上手です」

ロンダ・ラウジーが上から目線のステファニーにアームバー【WWE ロウ】

2018.08.21 Vol.Web Original
ステファニーに反発。女子革命への決意伝える
 WWE「ロウ」(米国現地時間8月20日、ニューヨーク州ブルックリン)で前日の「サマースラム」でロウ女子王座を獲得したロンダ・ラウジーへの王座戴冠式が行われた。  ロウコミッショナーのステファニー・マクマホンが「ロンダ・ラウジーは史上初、UFCとロウ女子王座のタイトルを獲得した。これは私のビジネスプランのお陰」と自画自賛しながらロンダをリングに呼び込むが、ロンダは上から目線のステファニーに反発して女子スーパースターたちをエプロンに上げると「女子革命はここにいるみんなが主役。それに私はブロック・レスナーじゃない。闘うチャンピオンよ」と女子革命への決意を伝えた。  これに対してステファニーが「だまされちゃダメ。ロンダはみんなの腕を破壊して1人でスポットライトを浴びるつもりよ」と警告。しかしロンダは「腕を破壊するのはやられて当然の人だけよ」と告げるとステファニーを投げ飛ばしてアームバーで一蹴した。

トリプルHがアンダーテイカーとの“最後の対決”に闘志【WWE ロウ】

2018.08.21 Vol.Web Original
「レッスルマニア28」以来、約6年半ぶりの対戦
 WWEの「スーパー・ショーダウン」(現地時間10月6日、オーストラリア・メルボルン)でジ・アンダーテイカーとの一戦が決定しているトリプルHが対戦を前に「ロウ」(米国現地時間8月20日、ニューヨーク州ブルックリン)のリングに上がり対戦に向けて闘志を燃やした。  トリプルHは「ビンスからアンダーテイカーとの試合を提案された。思い起こせばアンダーテイカーとのヘル・イン・ア・セル戦は一時代の終わりと言っていいだろう。俺は再びスーツを脱いでザ・ゲームとしてリングに上がり、再びアンダーテイカーとの“最後の対決”をする」とコメントした。  2人の対戦は2012年4月の「レッスルマニア28」以来、約6年半ぶりとなる。 「スーパー・ショーダウン」にはジョン・シナ、ロンダ・ラウジー、シェイン・マクマホン、セス・ロリンズ、ローマン・レインズ、ショーン・マイケルズ、ランディ・オートン、ナイア・ジャックス、AJスタイルズ、シャーロット・フレアー、ダニエル・ブライアン、ザ・ミズ、サーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、ビッグ・ショー、ブレイ・ワイアット、アイコニックスらの参戦が予定されている。

ローマン・レインズが初防衛。そしてシールド再集結【WWE ロウ】

2018.08.21 Vol.Web Original
フィン・ベイラーにスピアーで勝利
 WWE「ロウ」(米国現地時間8月20日、ニューヨーク州ブルックリン)で前日の「サマースラム」でユニバーサル王座を初戴冠したローマン・レインズがフィン・ベイラー相手に2日連続の王座戦を行い、スピアーで初防衛を果たした。  レインズは登場するなり「俺は勝ったぞ。約束通り今夜防衛戦をする! 相手はフィン・ベイラーだ」とベイラーを指名。  試合はパワーに勝るレインズがベイラーを持ち上げてパワーボムを繰り出せば、ベイラーもファイナルカットで応戦して白熱の攻防を展開する。しかし、レインズがスーパーマンパンチを2発決めて追撃を狙うと、そこに突然ブラウン・ストローマンが登場。動揺したレインズにベイラーがクー・デ・グラを狙うも、かわしたレインズはスピアーを炸裂させ勝利を収めた。

ゴルフ【プロの瞬撮】

2018.08.21 Vol.web
 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。

ローマン・レインズがブロック・レスナーをスピアー葬【WWE サマースラム】

2018.08.20 Vol.Web Original
試合前にブラウン・ストローマンが突如登場
 WWEの真夏の祭典「サマースラム」(米国現地時間8月19日、ニューヨーク州ブルックリン)でローマン・レインズがユニバーサル王者ブロック・レスナーと対戦。スピアーで3カウントを奪い、王座奪取を果たした。  試合前、両者リング上で向かい合うと、突然、この日の第3試合でケビン・オーエンズと対戦し「マネー・イン・ザ・バンク」が入ったブリーフケースを守ったブラウン・ストローマンが登場。「俺はリングサイドでこの試合を見届ける」とストローマンが見守る中で試合が始まった。 「マネー・イン・ザ・バンク」はWWEで行われている天井に吊るされたブリーフケースを奪い合うラダー・マッチ。このケースの中にはWWE世界ヘビー級王座に挑戦できる契約書が入っている。

ロンダ・ラウジーがWWE初戴冠【WWE サマースラム】

2018.08.20 Vol.Web Original
元UFC王者がアームバーで一本勝ち
 WWEの真夏の祭典「サマースラム」(米国現地時間8月19日、ニューヨーク州ブルックリン)で元UFC女子世界バンタム級王者のロンダ・ラウジーがアレクサ・ブリスが持つロウ女子王座に挑戦。アームバーでギブアップ勝ちを収め新王者となった。  ロンダは独自のアイシャドウメイクで登場。気合十分で試合開始からアレクサを攻め立てるがプロレスのキャリアに勝るアレクサはロープに逃げて攻撃を回避。  のらりくらりのアレクサにイラつくロンダはリング中央に目をつぶって座り込んでアレクサを誘い込む。このワナにはまったアレクサが背後からチョークスリーパーを決めた途端、ロンダは目を見開くと、そのまま持ち上げて投げ飛ばし、さらにアレクサの腕をひねり上げると最後はアームバーを決めてタップを奪って圧勝した。  デビュー4カ月で新ロウ女子王者となったロンダはWWE大阪公演「WWE Live Osaka」(8月31日)に王者として来日することが濃厚となった。

Copyrighted Image