【いまライブで聴くべきバンド】下北沢「LIVEHOLIC」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月うかがったのは、音楽情報フリーペーパー「Skream!」「激ロック」を出版する激ロックエンタテインメント株式会社が運営するライブハウス「下北沢LIVEHOLIC」。激ロックといえばラウド系に強い印象があるが、実際の下北沢LIVEHOLICでは、さまざまなジャンルのイベントを敢行しているという。メディアを持つライブハウスとして、店長の今中さんに本気の「2019年ネクストバズ」的推しバンドを教えてもらった。




謎の多い逸材「sikisi」、確かな実力でフェス常連になるのも時間の問題


 僕、都内でライブをするバンドは、いろんなライブハウスのスケジュールを見たりして、だいたいひととおり聴いてみるんです。sikisi(シキシ)はそうやって掘り当てたバンドで。まだSNSのフォロワーも少なく、「何者?」って雰囲気なんですけど、sikisiは今後、さまざまなフェスにも呼ばれるようになりそうなイケてるバンドです。

 サイケっぽい怪しい雰囲気と、ボーカルのスモーキーな声色がベストマッチしてて、なんといっても演奏が……特にドラムが本当に上手い! あえてリズムをよれさせたり、クラブシーンの新しいビート感もサラッと取り入れたりしているのもsikisiの特筆すべき点ですが、それをバンドでやろうとするとすごく難しいことなんです。センスだけに頼らずに演奏力の裏付けがあるのも彼らの魅力です。洋楽しか聴かない人やクラブっぽいサウンドが好きな人にもオススメしたいですね。様々な音楽シーンに新しい風を吹かせる可能性があるバンドだと思います。
1 2 3>>>
やす子、満席ギョーザイベントに「ブレイク芸人1位なのにライブのチケットが売れない」
⼩松菜奈「小さいころに不思議な体験をして…生まれ変わりや天国ってあるのかなと考えた」
松⽥⿓平、野⽥洋次郎からクレーム?「お前の芝居、何考えているか分からない」
村重杏奈が弟・匠真君を紳士にすべく英才教育「“そう言うと女の子は喜ぶよ”って教えている」
村重杏奈がティモシー・シャラメ演じるウォンカをべた褒め「理想の男性像。男性は紳士過ぎるくらいがちょうどいい」
EXILE AKIRA「僕自身の他にはない何かを感じ取って」ラルフ・ローレン最高峰ラインで2度目のグローバル広告モデル