【いまライブで聴くべきバンド】下北沢「LIVEHOLIC」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月うかがったのは、音楽情報フリーペーパー「Skream!」「激ロック」を出版する激ロックエンタテインメント株式会社が運営するライブハウス「下北沢LIVEHOLIC」。激ロックといえばラウド系に強い印象があるが、実際の下北沢LIVEHOLICでは、さまざまなジャンルのイベントを敢行しているという。メディアを持つライブハウスとして、店長の今中さんに本気の「2019年ネクストバズ」的推しバンドを教えてもらった。




謎の多い逸材「sikisi」、確かな実力でフェス常連になるのも時間の問題


 僕、都内でライブをするバンドは、いろんなライブハウスのスケジュールを見たりして、だいたいひととおり聴いてみるんです。sikisi(シキシ)はそうやって掘り当てたバンドで。まだSNSのフォロワーも少なく、「何者?」って雰囲気なんですけど、sikisiは今後、さまざまなフェスにも呼ばれるようになりそうなイケてるバンドです。

 サイケっぽい怪しい雰囲気と、ボーカルのスモーキーな声色がベストマッチしてて、なんといっても演奏が……特にドラムが本当に上手い! あえてリズムをよれさせたり、クラブシーンの新しいビート感もサラッと取り入れたりしているのもsikisiの特筆すべき点ですが、それをバンドでやろうとするとすごく難しいことなんです。センスだけに頼らずに演奏力の裏付けがあるのも彼らの魅力です。洋楽しか聴かない人やクラブっぽいサウンドが好きな人にもオススメしたいですね。様々な音楽シーンに新しい風を吹かせる可能性があるバンドだと思います。
1 2 3>>>
ニューヨーク嶋佐、鬼越坂井、おかずクラブが同期で助け合い『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞』授賞式
三代目 JSB『Welcome to TOKYO』が空港での大バトルを盛り上げる!? 映画『唐人街探偵』新映像解禁
『女芸人 No.1決定戦 THE W 2021』エントリー受付開始
佐藤健が「どっから食べる?」ハーゲンダッツの食べかた悩む
ノスタルジックでかわいいゲームと思ったら……『にょろっこ』
いきものがかり水野、楽曲の映画化に感激!内田英治監督は「挑戦を受けてやるという気持ち」