地球を救え! プログラム supported by リンレイ【SSFF & Asia 2019】

「Short Shorts Film Festival & Asia 2019」5.29(wed)〜6.16(sun)

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2019がいよいよ開催。誕生から21年目を迎えた今年は、世界130の国と地域から寄せられた作品数、約1万本! その中から選りすぐりの約200作品を上映する。

 今年のテーマは「Cinematic Attitude」。メインビジュアルに描かれるのは、海外から伝わり日本で育まれたさまざまな文様。そこに成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現している。また、米国アカデミー賞短編部門への推薦枠が拡大するというビッグニュースや、新たにオンライン会場が加わるなど、今年もますます目が離せないショートフィルムの祭典となるはず。
[全プログラム無料上映]※一部、有料イベント除く
加藤英明(静岡大学教育学部講師)、冨永愛(モデル)、宮沢和史(シンガーソングライター) ジェレミー・アイアンズ主演 『おじいちゃんの願い』
 2008年からスタートした「地球を救え!」部門では、環境問題を中心としたテーマの多彩なジャンルの作品が国内外から集結。『戦慄の絆』『運命の逆転』の名優ジェレミー・アイアンズ主演作『おじいちゃんの願い』といった豪華作品をはじめ、ドキュメンタリーやアニメーションなど、さまざまなジャンル、切り口で地球環境について考えるきっかけや新たな視点を与えてくれる。

 今年の審査員はモデルの冨永愛、アーティストの宮沢和史、テレビなどでも活躍する爬虫類学者、生態学者の加藤英明が務める。

上映会場[iTSCOM]

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 (SSFF & ASIA 2019)

【開催期間】5月29日(水)〜6月16日(日)
【上映会場】東京 計5会場予定 およびオンライン会場 ※開催日時は各会場によって異なる
【各上映期間】5月30日(木)〜 6月2日(日):iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ/6月6日(木)〜6月9日(日):表参道ヒルズ スペース オー/6月11日(火):赤坂インターシティコンファレンス the AIR/6月11日(火)〜6月14日(金):アンダーズ 東京 Andaz Studio/6月13日(木)〜6月15日(土):シダックス・カルチャーホール
【料金】無料上映(一部、有料イベントあり)
【鑑賞方法】オフィシャルサイトにて予約申し込み ※当日券あり
【URL】公式サイト
日本代表・堂安律が小学生に「世界で活躍するためにはメンタルがすべて」とアドバイス
『ストレンジャー・シングス』主要キャストが日本を満喫!
Netflix最新作がやばい?山田孝之「仕事なくなっちゃうかも」と本音
乃木坂46齋藤飛鳥「過去を振り返ってもいいんだって思えるホッコリ出来る作品です」【映画『いつものまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』】
元阪神の赤星憲広氏が永尾まりやに「めっちゃ好き! 結婚する! すぐする」
AJスタイルズがメーンでリコシェに貫録勝ち【6・24 WWE】