パラアーチェリー、ゲリラ豪雨に暑さ対策。自国開催を味方にできるか

「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」の表彰式で優勝カップを掲げる上山友裕
国内最高峰のパラアーチェリーの大会「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」が8日、埼玉県障害者交流センターで行われ、リオパラリンピック7位の上山友裕が大会3連覇を飾った。大会後、選手から語られたのは、急激な天候変化への対策だった。

パラリンピック競技のアーチェリーでは、一般的な弓であるリカーブボウと、先端に滑車がついて小さい力でも引くことのできるコンパウンドボウの2種類の弓が使用される。今大会では、男女別のリカーブオープンとコンパウンドオープン、そして男女混合のW1の計5種目に分かれ、国内トップクラスのパラアーチャーが集結し、日本一決定戦にしのぎを削った。
1 2>>>
トランプ氏が再出馬を示唆
福士蒼汰と小芝風花、仲野太賀と土屋太鳳も出演へ! 豪華すぎる面々が揃う坂元裕二の朗読劇
NHKの膨大な映像・取材記録で振り返る「震災と未来」展が6日からお台場で開催
木村“フィリップ”ミノルが右手中指のケガで全治2カ月と診断され欠場【3・28 K-1】
経産省が「Beyondコロナ」に向けた次世代エンタテイメントの在り方を考えるWGを開催
舞台『陽だまりの樹』開幕! 初主演の菅田琳寧、先輩の言葉を胸に「堂々とやりたい」