パラアーチェリー、ゲリラ豪雨に暑さ対策。自国開催を味方にできるか

「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」の表彰式で優勝カップを掲げる上山友裕
国内最高峰のパラアーチェリーの大会「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」が8日、埼玉県障害者交流センターで行われ、リオパラリンピック7位の上山友裕が大会3連覇を飾った。大会後、選手から語られたのは、急激な天候変化への対策だった。

パラリンピック競技のアーチェリーでは、一般的な弓であるリカーブボウと、先端に滑車がついて小さい力でも引くことのできるコンパウンドボウの2種類の弓が使用される。今大会では、男女別のリカーブオープンとコンパウンドオープン、そして男女混合のW1の計5種目に分かれ、国内トップクラスのパラアーチャーが集結し、日本一決定戦にしのぎを削った。
1 2>>>
女子高生ファイターのNOZOMIとケイトがそろってデビュー勝ち【Krush-EX】
レインズが挑戦者ジェイに“アイ・クイット”戦での一族追放を予告【WWE】
オーティスとミズのMITB権利書争奪戦が法廷で決定【WWE】
サーシャが元盟友の王者ベイリーに王座奪取と因縁決着を宣言【WWE】
中邑&セザーロがタッグ王者を追い詰めるも8人タッグ戦で無念の敗戦【WWE】
桜井日奈子が大井競馬場のメガイルミを点灯「ドレスで駆け抜けたい」