パラアーチェリー、ゲリラ豪雨に暑さ対策。自国開催を味方にできるか

「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」の表彰式で優勝カップを掲げる上山友裕
国内最高峰のパラアーチェリーの大会「第5回JPAF杯パラアーチェリートーナメント大会」が8日、埼玉県障害者交流センターで行われ、リオパラリンピック7位の上山友裕が大会3連覇を飾った。大会後、選手から語られたのは、急激な天候変化への対策だった。

パラリンピック競技のアーチェリーでは、一般的な弓であるリカーブボウと、先端に滑車がついて小さい力でも引くことのできるコンパウンドボウの2種類の弓が使用される。今大会では、男女別のリカーブオープンとコンパウンドオープン、そして男女混合のW1の計5種目に分かれ、国内トップクラスのパラアーチャーが集結し、日本一決定戦にしのぎを削った。
1 2>>>
「終末のワルキューレ」コラボマッチは神軍の勝利。ゲスト解説の長州力さん「僕もみんなとこういうプロレスをしたかった」【DDT】
ダムネーションが5年の活動に終止符。佐々木大輔「俺たちは確実に解散する」【DDT】
EXTREME王者・青木真也が堀田祐美子に敗れ10・12後楽園で王座をかけて「RIZIN」男女戦士対決へ【DDT】
高木三四郎がフェロモンズ壊滅を宣言。11・3大田区でのKO-D6人タッグ王座決定戦に名乗り【DDT】
25周年記念プロジェクトが始動。来年3月20日の両国国技館大会が決定【DDT】
竹下幸之介がクリス・ブルックスとの死闘を制しKO-D無差別級王座初V。「『D王GP』絶対王者として僕が優勝したい」【DDT】