広島県の注目エリア「きてみて三原」ゆるっと瀬戸内の食・絶景・アートの旅③

広島県三原市の美しい景色やグルメ、アートが満喫できる一泊二日の旅をご紹介
 二日目は小佐木島を離れ、再びJR三原駅周辺を散策する。JR三原駅にほど近い「三原城天主台跡」は、毛利元就の三男である小早川隆景公によって建てられた三原城の名残り。当時は櫓(やぐら)が32、城門が14もあり、特に天主台には広島城の天守閣が6つも入る日本有数の広さを誇ったそう。ちなみに三原市の代表的なお祭り「三原やっさ祭り」の“やっさ”とは、三原城の築城を祝って老若男女を問わず踊り出たことが由来とされている。JR三原駅のコンコースから入ることができるアクセスの良さもポイント。

 さらに、JR三原駅構内の「うきしろロビー観光案内所」内には、だるま制作を体験できる「三原だるま工房」が。JR三原駅を降りた瞬間から何かとお目にかかっていた伝統工芸品「三原だるま」。特長は鉢巻き姿で目が描かれ、「願いが成るように」とだるまの中に鈴や小石などの鳴り物が入り、転んでも起き上がること。今回は鉢巻きの柄と眉や目、口を絵付けする「面相書き」に挑戦した。手のひらに収まるサイズの「にぎりだるま」に思い思いの顔を描いていくのだけれど、意外と難しい! ただし、ちょっとゆがんでも愛嬌のある顔に仕上がるので、そんなに気にしなくても大丈夫。自分で描いた「三原だるま」は大切な思い出になるだろう。

「三原だるま工房」
【住所】広島県三原市城町1-1-1
【営業時間】月・木:13〜16時、土曜:10〜20時
【定休日】月・木:午前中、火・水・金・土:午後
【料金】制作体験(土)、面相書き(月・木):各600円
【問い合わせ】0848-67-5877(うきしろロビー観光案内所)
【URL】http://www.mihara-kankou.com/sightseeing/655

「三原だるま工房」でだるま面相書きにチャレンジ、かわいく仕上がりました!
1 2 3>>>
自宅がマジックバーに!? イベント、飲み会、宴会、記念日をプロのマジシャンが盛り上げる
六本木最大級のナイトクラブが誕生 山野高央さん(ZEUS GARDENプロデューサー)
「悲願のK-1チャンピオン」山崎秀晃さん(K-1ファイター)
韓国発‘’NUGU‘’インフルエンサーセレクトのトレンド服をお買いもの♪【FRONT LINE 】
「コロナ禍だからこそできる外交」鈴木隼人さん(衆議院議員)
ツヤツヤキラキラ、イタリア生まれMETROCITY’’拭ける’’BAG【FRONT LINE 】