東京都、警戒レベルを最も高い水準に引き上げ

小池百合子東京都知事。写真は11月12日のモニタリング会議後。(Photo by Pasya/AFLO)
 東京都は19日、都庁で感染状況や医療提供体制を分析・評価する20回目のモニタリング会議を開き、感染状況の警戒レベルを最も高い段階に引き上げた。

 会議では、前日に新規感染者が過去最多の493人確認されたこと、特に重症化リスクの高い高齢者の新規感染者が増加していることなどから、急速な感染拡大の局面を迎えたとして、総括コメントを4段階のうち最も警戒度の高い「感染が拡大していると思われる」に引き上げた。同レベルは9月10日に1段階引き下げられて以来、約2ヶ月ぶりとなる。

 医療提供体制は4段階のうち3段階目にあたる「体制強化が必要であると思われる」に据え置いたものの、今後重症患者数の増加が続けば通常医療の維持との両立が困難になるとして、病床確保が急務であるとの認識を示した。

 こうした状況を踏まえ、小池知事は「都民の皆さんには基本的な感染対策である手洗い、マスク、3密を避けることに加え、こまめに消毒・換気を徹底することをお願いしたい。また年末年始で飲食の機会が増えるこの季節に、会食を計画するときは、少人数、長時間にならない、こまめに換気ができる場所を選ぶ、正面に座らないなど飛沫の避けるための工夫をするなど、店の感染予防策に協力していただきたい。帰宅時には手洗い・消毒を徹底して、ウイルスを持ち込まないよう協力いただきたい」と呼びかけた。また、事業者へはガイドラインの徹底やステッカー掲示、従業員に対する感染対策の徹底を呼びかけた。
厳戒態勢の中バイデン大統領が演説
飛び込み界のホープ、14歳の玉井陸斗が東京五輪の出場枠獲得
緊急事態宣言延長も「人流の減少という初期の目的は達成できた」と菅首相
小池都知事「現場監督として務めていきたい」緊急事態宣言延長受け
SALU、21日に新曲「TO-GET-HER」リリース! LINE LIVEで生配信も
沢口靖子 VS 佐々木蔵之介! 『科捜研の女』シリーズ最大最強の敵役に