レキシ楽曲のミュージカルの東京公演がフィナーレ!「生きていて良かった」



 人物や出来事など歴史をテーマにした楽曲で人気を集めるアーティスト、レキシの楽曲で綴ったミュージカル『愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」』の東京公演が24日、東京・TBS赤坂ACTシアターで千穐楽を迎えた。

 ひきこもり歴25年のニートを演じるとともに、土方歳三など複数の役を演じた主演の山本耕史は、「東京千穐楽までやりきることができました! 劇中、ギターも演奏させていただきました!」と、コメント。



 カーテンコールには、本作の演出・たいらのまさピコこと河原雅彦に手を引かれ、レキシこと池田貴史が登壇。

 たいらのまさピコは「いろいろな方がみんなで楽しんで、稲穂を振っていただいているのを、後方の座席で眺めることができて、本当に幸せでした! そして池田さん、生まれてきてくれてありがとうございました!!」

 レキシも「本当に素晴らしい舞台でした。ただただ、感謝です。生きていてよかった!!」と、手放しで喜んでいた。

 30、31日にオリックス劇場にて大阪公演が行われる。

ノア新社長に就任の高木三四郎「業界1位を目指す」と新日に挑戦状
選手村の中心施設が公開。カフェや交流エリアも予定
パラ競泳のレジェンド、パラリンピック日本代表選手団の団長に選出
川口春奈、ネイル一生分のプレゼントに「今までもらったなかで一番うれしいかも」
吉本が若手芸人育成のため「神保町よしもと漫才劇場」開館
Six months to go【アフロスポーツ プロの瞬撮】