アルコ&ピースの平子「今、○ン○コと言えるのはテレ東だけ」

真顔で下ネタを連発した平子

齊藤工が総監督務めた映画『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』上映開始


 俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で、企画・原案・脚本・撮影・写真・声そして総監督を務めた映画『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』が2月21日、初日を迎え、齊藤をはじめスタッフ、出演者総勢15名が東京・吉祥寺のUPLINK吉祥寺で行われた初日舞台挨拶に登壇した。

 同作は国際的な一大イベントの開催を目前に控え、日々、忖度やコンプライアンス問題がニュースのみならず日常会話においても語られ、“自主規制”が加速し続ける現代日本に一石を投じるべく齊藤が自ら総監督として製作を手掛けた作品。

 鬼才・岩切一空監督、気鋭の人形映像監督・飯塚貴士監督、そして齊藤自らもメガホンを取り、3本のショートストーリーで構成され、さまざまなケースで現代日本における「コンプライアンス」の滑稽さをシニカルに描く。

 舞台あいさつでは齊藤がいきなり「マスコミの皆さんは今日はいろいろビッグニュースがある中、こちらに来ていていいんでしょうか?」と真裏で行われた中居正広のジャニーズ退社会見を引き合いに出し挨拶。
1 2 3>>>
皇治が天心の言う「格闘技の本質」に同調しつつも「プロスポーツの本質」にも言及【RIZIN.24】
バンタム級王者・朝倉海が王者の貫禄示す1RKO勝ち【RIZIN.24】
那須川が判定決着も皇治を圧倒「格闘技の本質を思い出してほしい」【RIZIN.24】
GENERATIONSが映画祭授賞式でナビゲート! 主演オムニバス制作も発表
GENERATIONS主演「CINEMA FIGHTERS project」第4弾にメンバーがコメント!
RENAが「あと2~3試合でリングから降りようと思ってます」と引退に言及【RIZIN.24】