が~まるちょば「パントマイムの力を信じている」代名詞のトランクショーを封印し新規公演



 ソロになった パントマイムのが~まるちょばが新規公演「が~まるちょば LIVE 2021 STORIES “PLEASE PLEASE MIME ”」を開催する。開催日は2021年1月20~24日で、会場は新宿の紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA。

 が~まるちょばといえば、トランクを使ったストリートパフォーマンス的なショーが代名詞だが、本公演ではそれを封印。ストーリー仕立てのショートスケッチ、長編作品のみで構成するという。

 開催発表に合わせて行われた取材会では、その理由も説明。そこには、パントマイムへの愛があるからだった!

「パントマイムってマイナーで、ひどい時にはつまらないものとして認識されている。そのことがものすごく悲しくて。僕はパントマイムの力を信じているし、愛しているので、世の中の人に知ってもらいたいんです」

 パントマイムといえば、例えば「壁」のように見えないものを見せるイリュージョンやマジックのように思われているところがあるが、言葉を発しないのに「笑い」があり、「涙」があり、「感動」があることこそが、すごいと思わされるところだ。
 
 今回の公演では、長編ストーリーの名作『指環』など、これまでに上演した演目と新作を織り交ぜた内容になるという。

「今回『指環』をやるのは単純に見てもらいたいからです。この作品を見てもらうと、パントマイムを知らない人も、パントマイムへの意識は絶対変わってくれると思います。笑いの要素、感動する要素などが詰め込まれています。『指環』を作ったのは10年以上前になりますが、最初の頃と比べたら全然変わってきています。台本が変わるのかというと別の話になりますが、見直してブラッシュアップしたい」
今回の公演ではモヒカン&細身のスーツ姿のが~まるちょばはみられない……? それゆえに、期待が膨らむ
 もちろん新作にも注目だ。「僕の仕事の第一にあるのは作品を作ること。新作を作るということがパントマイムを学ぶことの一番の近道だと思っています」と、本人。

 公演タイトルは、英ロックバンドのビートルズのデビューアルバム『Please Please Me』に由来するもの。開催決定にあたって寄せたコメントで「世界中の人たちがマイムだとするものの多くは、ボクの思う、ボクの知る、魅力あるマイムとは大きくかけ離れたものに思えてならない だからボクはボクの思うマイムの魅力を、少しでも多くの人に伝える作品を見てもらって、心揺さぶって、「Please Please Mime」なのである お願いだ、マイムを喜ばせてくれ!」と熱っぽく語っている。本公演では、が~まるちょばのパントマイムへの愛がさく裂することになるだろう。
  
 が~まるちょばの公式サイトで、10月21日10時からチケットの先行抽選発売がスタートする。一般発売は11月21日から。
が~まるちょば LIVE 2021 STORIES “ PLEASE PLEASE MIME ”
【日時】
2021年1月20日(水) 19:00
2021年1月21日(木) 13:00/19:00
2021年1月22日(金) 19:00
2021年1月23日(土) 13:00/17:30
2021年1月24日(日) 13:00
※開場は開演の45分前

【会場】紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
【料金】前売・当日 5000円(全席指定/税込)
【作・演出・出演】が~まるちょば
【公式サイト】 http://www.gamarjobat.com/