rei | the first ーー月刊EXILE

7月22日・29日に初となるビルボードライブ『rei “the first” Billboard Live 2021』の開催が決定した伶。最近では、配信シングル「キミとならいいよ。」のリリースや『伶 Official YouTube Channel』でのカバー動画の公開など本格的に活動を展開している。今回のフォトシューティングでは、彼女が飼っている猫のきなこと撮影を敢行。ほかでは見ることのできない表情は必見です。

SC_ photography_Kentaro Kambe styling_Tamiko Awano hair&make_Kiyomi Onuki(Luana) text_Masako Wakamatsu edit_Haruna Nakagaki 《HOUGA》の赤ブラウス¥19,800、スカート¥27,500(ともにHOUGA) 《ReFaire》のピアス¥38,500(ReFaire)《warmth》のオニキスリング¥27,500(warmth)

ー─ 今回は愛猫きなこちゃんとのツーショット撮影。サイベリアンというちょっと珍しい種類だそうですね。

「ロシアの猫で暑さに弱くて、寒いのが得意な猫種です。あと、どこに行っても平気でいつも堂々としています(笑)。仔猫のときからあまり恐がらないですし、臆病でもなくて猫だけど人間みたいな感じです」

ー─ 出会いはいつですか?

「6年前、ペットショップで見つけました。猫を飼いたいと思って5〜6軒ペットショップを回って出会ったのがこのコで、どっしりと構えているとこがいいなと。気まぐれであまりベタベタしてこないところも楽です。きなこも本当にマイペースでこの間、別の雑誌にも出ましたが、『こんなに撮りやすいコはいない』と言われました」

ー─ 今日も初めての場所で知らない人もいっぱいいるのにリラックスしていて驚きました。

「病院とかも全然平気ですし、外でワンちゃんに会ってもまったく動じないです。向こうが興味を示してクンクン嗅いでくると、パシーンと猫パンチしたりします(笑)。家でいたずらをして『きなー!』と言ったときだけは怒られたと思って逃げます」

ー─ そんなきなこちゃんの写真を載せたグッズが初のワンマンライヴ『rei “the first” Billboard Live 2021』で販売されるそうですね。

「Instagramなどにも時々載せていてきなこのファンの方もいらっしゃるので、いちばんいいのはきなこグッズだなと思いまして。黒と白のTシャツ2枚と、トートバック、iPhoneケースを作りました。iPhoneケースは透明でとてもかわいくできたので特に気に入っています」

ー─ 公私ともに大活躍のきなこちゃんですが、伶さんにとってどんな存在ですか?

「かわいいとしか言いようがないのですが、きなこのほうは別に私に構うこともなく、とりあえずドスンと部屋の真ん中にいてくれて落ち着きます」

ー─ 実際、伶としての活動も順調で最近だとYouTubeにアップした優里さんの「ドライフラワー」のカバーが再生回数140万回(取材時)。

「私としてはせっかくYouTubeチャンネルを作ったので、好きな音楽をあげていこうと思っていました。思いのほかみんなに聴いてもらえたのはすごくうれしかったです」

ー─ ピアニストの清塚信也さんと共演した『THE FIRST TAKE』 の「白雪姫」、あとはUAさんの「情熱」も新たな一面を見るようで新鮮でした。

「『白雪姫』はFlowerのファンの方だけではなく、清塚さんのファンの方にも見ていただけて光栄だったなと思います。『情熱』のほうは昔から好きなR&B系の曲で、10代のファンの子たちはこの曲を知らない子が多いから、いい機会になるかなと思いました。初めて聴くという方が多くて、でも原曲を知っている30代、40代の方にも結構刺さったみたいでよかったです」

ー─ 原曲ファンも伶さんの「情熱」はシビれると思います。

「ありがとうございます(笑)。アコースティックですけど、ちゃんとR&Bを感じられるアレンジになっていたので、あまり原曲から離れないイメージでできたと思います。私自身、R&Bのほうが得意だから歌いやすかったです」

ー─ いろんな曲をカバーすることで新たな発見はありましたか?

「カバーをきっかけに今まであまり触れてこなかったジャンル、たとえば今の日本の音楽シーンで流行っているボカロやYOASOBIさんなどを聴くようになりました。いろんな音楽にチャレンジしていこうという気持ちがより増しましたし、自分でもすごく楽しいです。なかでもback numberさんの『水平線』はまったく歌ってこなかったロックなバンドサウンドで、どういう風に歌うか自分でも想像できなかったですが、意外と評判がよくて。こういう曲も今後はやってみたいと思いました」

ー─  実はロックなサウンドや大人っぽい曲調もすごく合う。切々と響く繊細な声質が、そういう曲だと逆に映えると思いました。

「ありがとうございます。でも、実際は使いにくい声です。自分の好きなジャンルの曲に合わない声だから、もっとハスキーで太くてカッコいい歌い手さんに憧れます」

ー─ 唯一無二の声だし、それを評価する声も多いですけど。

「そう言ってもらえるともちろんうれしいです。ただ、私の場合、きっと自分の声に合ったジャンルや歌い方を見つけるのがちょっと上手かっただけだと思います。だから歌が上手くなりたい子も、自分の声質に合う曲や歌唱法をいろいろ試して探すといいと思います。そうすると、『自分の声はこういう曲が合っていて、それをこう歌うと上手く聴こえる』など耳も肥えてきて、分析ができるようになると思います」

ー─ 貴重な歌唱アドバイスですね。話は戻りますが、カバーを含め最近の活動について伺えますか?

「まず、7月にビルボードでソロライヴがあるのでセットリストを決めたり、さきほども言ったグッズを作ったりしている最中です。まだ伶としての楽曲がそこまで多くないのでどのように構成を組み立てていくかを考えています。ただ、生バンドは初めてなので聴こえ方はだいぶ変わってくると思います。生バンドだからこそのアレンジにもこだわってビルボードっぽく、おしゃれな感じにしたいです」

ー─ 初のソロライヴですが、「頑張ります!」と肩に力が入っているというよりは……。

「まったりと楽しくライヴがしたいという感じです(笑)。これまではみんなスタンディングで応援してもらいながら歌う環境だったので、音楽と食事を楽しみながら座って聴いてもらえるライヴは自分のなかではすごく新しいです。今まで体感したことがないビルボードの独特な空気感を楽しみたいです」

─そのほかの活動についてはどうですか?

「今は自分の時間をしっかり取りつつ、仕事に集中できる期間だと思っていて、E-girlsを卒業して、リスタートしている気分です。新たな人生に踏み出した気持ちで歩んでいますし、大人っぽい楽曲や自分の成長を感じられるような活動をしていきたいと思っているので、ファンの方たちもそんな私と一緒に年を重ねてもらえたらうれしいです。そして、人生を楽しんでほしいなと思います」

Digital Single
「キミとならいいよ。」
配信中
配信サイト一覧
https://smar.lnk.to/LH5tdB

 

LIVE information
『rei “the first” Billboard Live 2021』
日程/7月22日(木・祝) ビルボードライブ大阪 7月29日(木) ビルボードライブ横浜
詳細はHPよりご確認ください。https://rei-web.jp

STREAMING information
伶 Official YouTube Channel
本人が選曲したカバー動画や生配信などを随時公開中。ぜひチェックしてください!

EXILE イズムに貫かれた総合エンタテイメント・マガジン
月刊EXILE 8月号発売中!


最新号のカバーはGENERATIONS from EXILE TRIBE。7月14日に通算8枚目となるアルバム『Up & Down』をリリースする彼らが「自然と笑顔になるようなアルバムを」と制作した本作について語る! THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのインタビュー、新ドラマ『プロミス・シンデレラ』の二階堂ふみ、前田郷敦、岩田剛典の対談など気になるコンテンツが満載。EXILE ÜSA 、MAKIDAI、橘ケンチ、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHI、世界、佐藤大樹、佐野玲於ら豪華メンバーによる連載も!
三代目 JSBの小林直己が自伝的なエッセイ! 不登校になった少年時代も綴る
中居正広とEXILE HIROが金スマで激レア対談 EXILE20周年で
前田拳太郎 THE INNER DEMONS ーー月刊EXILE
THE RAMPAGE RIKU 陣 岩谷翔吾 藤原樹 長谷川慎 鈴木昂秀が語る『ETERNAL』ーー月刊EXILE
MIYAVI Interview about “Imaginary” ーー月刊EXILE
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE | SUM BABY ーー月刊EXILE