【キーワードで見るニュース】2017.11.3~2017.11.9

旭日双光章
 平成29年秋の叙勲受章者が11月3日付で発表された。「白覆面の魔王」として日本のリングで数々の名勝負を展開しテレビタレントとしても活躍した元プロレスラー、ザ・デストロイヤー(87)(本名リチャード・ジョン・ベイヤーさん)が旭日双光章を受章した。現在、ニューヨーク州北西部のアクロンで妻のウィルマさん(84)と静かに余生を過ごすデストロイヤーさんは受章の一報に「自分がふさわしいかは分からないが、日本での経験は素晴らしかった」と話した。


パラダイス文書
 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)と加盟報道機関によって公表されたタックスヘイブンに関する資料。イギリスのバミューダ諸島などを拠点とする「アップルビー法律事務所」などから流出したものとされている。資料数は昨年のパナマ文書より190万多い1340万通。日本では鳩山由紀夫元首相らの名前があるといわれている。


てるみくらぶ
 今年3月に経営破綻した旅行会社「てるみくらぶ」が、決算書類などを改竄して銀行などから現金約2億円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課が11月8日、詐欺などの容疑で、同社の山田千賀子社長(67)らを逮捕した。同社をめぐっては今年3月24日、旅行ツアーの航空券が一部発券できなくなり、旅行客を海外に残したままツアーが中止になるなどのトラブルが発生した。


自動運転タクシー
 米IT大手グーグル系の自動運転車開発企業「ウェイモ」は11月7日、自動運転車による配車サービスを始める方針を明らかにした。アリゾナ州内の公道で来年前半に実証実験を開始する見通し。将来的に利用者以外は誰も乗車しない「ロボットタクシー」を走らせ、サービスを商業化するという。ウェイモは約8年かけて自動運転車を開発し、今年からハンドルやブレーキなどの操作が不要な完全自動運転車を公道で走らせる実験を始めていた。


JASRAC
 日本音楽著作権協会(JASRAC)などが11月8日、外国映画を上映する際の音楽使用料の是正を求めた。現在は「1作品につき一律18万円」となっているが、JASRAC側は興収の1~2%に是正するよう求めている。興行収入約255億円を記録したアニメ映画「アナと雪の女王」(平成26年)の場合だと興収の0.0007%となっている。劇場関係者からは「死活問題」との声が上がっている。