1964年の渋谷に欽ちゃんが「もう見られないと思っていたものが見られて懐かしい」

会見に出席した齋藤精一代表理事、萩本欽一、長谷部健渋谷区長、土屋敏男代表理事(左から)
1964年の渋谷駅周辺を3DVRで再現

 テレビプロデューサーの土屋敏男氏(日本テレビ シニアクリエーター)が代表理事を務める「1964 TOKYO VR」が8月21日、都内で「タイムマシン体験会~2018年・夏」の記者発表会を開催した。

 この「1964 TOKYO VR」は昨年10月に1964年の東京オリンピック当時の渋谷駅周辺の街並みを3DVRで再現しようという「1964 SHIBUYA VR プロジェクト」をスタート。

 過去の航空写真から街並みやビルの高さを再現し、そこに同プロジェクトに賛同した個人・法人の賛助会員や一般から寄せられた当時の写真を張りつけ、過去の風景を再現する。今回は10カ月が経ち、ある程度の形ができたことから発表会と体験会が行われた。

 機器を背負い実際に歩く形で渋谷駅周辺を歩く体験では、渋谷の上空や駅近辺の工事中の建物の上から渋谷をながめられるといった現在のテクノロジーならではの体験ができる。
1 2 3 4>>>
斎藤工の撮影の活力は“赤ちゃんパワー”!
AIと人間が融合した「TEZUKA2020」新作漫画『ぱいどん』お披露目。まさかの連載も視野に
紗倉まな“新作小説の映像化があれば誰に”の問に「でんでんさんにお願いしたいです」
新型コロナ、東京オリパラ準備段階へ影響か
東京ガールズコレクション無観客で開催、LINE LIVEで生中継
伊藤健太郎、霜降り明星ら、ANN0をポッドキャストで配信開始