1964年の渋谷に欽ちゃんが「もう見られないと思っていたものが見られて懐かしい」

会見に出席した齋藤精一代表理事、萩本欽一、長谷部健渋谷区長、土屋敏男代表理事(左から)
1964年の渋谷駅周辺を3DVRで再現

 テレビプロデューサーの土屋敏男氏(日本テレビ シニアクリエーター)が代表理事を務める「1964 TOKYO VR」が8月21日、都内で「タイムマシン体験会~2018年・夏」の記者発表会を開催した。

 この「1964 TOKYO VR」は昨年10月に1964年の東京オリンピック当時の渋谷駅周辺の街並みを3DVRで再現しようという「1964 SHIBUYA VR プロジェクト」をスタート。

 過去の航空写真から街並みやビルの高さを再現し、そこに同プロジェクトに賛同した個人・法人の賛助会員や一般から寄せられた当時の写真を張りつけ、過去の風景を再現する。今回は10カ月が経ち、ある程度の形ができたことから発表会と体験会が行われた。

 機器を背負い実際に歩く形で渋谷駅周辺を歩く体験では、渋谷の上空や駅近辺の工事中の建物の上から渋谷をながめられるといった現在のテクノロジーならではの体験ができる。
1 2 3 4>>>
ゆきぽよ驚がく!ネットニュースに「ゆきぽよ、路上で半裸」の見出し?
ダイバーシティを体感する10日間の祭典、オンライン映画祭「True Colors Film Festival」が開幕
橘ケンチがマンガ原作! ライフワークの日本酒を擬人化した『あらばしり』
前戦惨敗の不可思が原点回帰「楽しむことを忘れていた」【K-1】
EXILEの佐藤大樹が新型コロナウイルスに感染 
黒潮“イケメン”二郎こと樋口“イケメン”壮士朗がWWEと契約【WWE】