桜のジャージとチップスター【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。
撮影/文章:長田洋平 (2019年10月20日ラグビーW杯 準々決勝 日本対南アフリカ)
ラグビーW杯開幕からちょうど1カ月。

ジャパンの激闘が幕を閉じた。
桜の戦士達はやっと責任と重圧から解放される。

リーチ・マイケルが抱える愛娘の手にはチップスター。

誰よりも強くそして優しい希代のキャプテンに安息が訪れた瞬間だと思った。

【カメラマンプロフィル】
撮影:長田洋平
1986年、東京出身。かに座。
早稲田大学教育学部卒業後、アフロ入社。
2012年ロンドンパラリンピック以降、国内外のスポーツ報道の現場を駆け回っている。
最近では平昌オリンピック、ロシアW杯を取材。
今年の目標は英語習得とボルダリング5級。
アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

メインで対戦のバズーカ巧樹と大谷翔司が一触即発【REBELS.68】
王者・老沼の「強さ見せる」に心直は「REBELSにも大番狂わせは必要」【REBELS.68】
髙田延彦 うどん談義がいつの間にか故アンドレのエピソードに
東京2020の追加経費は合計2940億円。IOCが7.5%のロイヤリティーを放棄
高槻かなこと礒部花凜のBlooDyeに新メンバー! 4人体制で再始動
紫雷イオが女子ウォーゲームズ戦のチーム・ショッツィに電撃加入【WWE NXT】