【いまライブで聴くべきバンド】新宿「NINE SPICES 」編

 今日もまた、都内のライブハウスではたくさんのバンドやアーティストがライブを行っている……けれど、数も種類も多すぎて、誰を見に行ったらいいのか分からない!!! だったらプロに聞きましょう!

 今月は意外と? ライブハウスの数も多い激戦区新宿のライブハウス新宿「NINE SPICES(ナインスパイス)」の店長JAPANさんにインタビュー。オルタナ好きが集まる、新宿でもアンダーグラウンドなライブハウスの現場では、どんなバンドが活躍しているのでしょうか。




■流行のレトロ感と90年代サウンドのマリアージュ「ナツノムジナ」
 一見、流行のシティポップのような雰囲気を持ちつつも、複雑なコード展開や、オルタナティブロックサウンドにも影響を受けたような雰囲気があるので、音楽好きな人達には「あ〜、絶妙〜」と頷かせる巧みに構築されたサウンドに仕上がっている。それに、本人たちの雰囲気や歌詞、ちょっとしたエフェクターの使い方などで、今若いバンドに増えている「レトロ感」みたいなものが出ていて、古いようで新しい、ナツノムジナならではもネオ感がある。それは彼らが沖縄出身というのがルーツにあるように思います。

 メンバーたちはまだ若いのに、音楽好きというよりも「音楽オタク」と言う方が正しいくらい、様々な音楽を研究している。そういう努力から生まれたセンスと才能が、長い音楽の歴史と今の音楽をしっかり融合させている。 リバーブの効いたサイケなサウンドが歌と混ざり、生で聞いていると空も飛べるような高揚感がある。見終わった後はなんだかいつも腑抜けてしまうんです、いい意味で。(笑)


■硬派なオルタナバンド。でもちょっとシュール、バランス感が絶妙な「kumagusu(クマグス)」
 NUMBER GIRLなどのオルタナティブミュージックをルーツに、ポストパンク的要素や、ノイズギターなど様々なインディー、アンダーグラウンドミュージックを取り入れつつ、はっぴいえんどなどのフォークソング的側面もあり、しっかり歌ものに昇華しているバンド。分かりやすくいうと、薄暗い場末の夜のネオンサインを彷彿とさせるような、「チャラさ」のない、アダルトな空気感があります。アングラなノイズミュージックの影響も受けていて、そういうジャンルって普段はあまり聴き慣れないような、音楽ジャンルの中でもよりコアなサブカルチャーなんだけど…kumagusuは歌モノとしての良さもあるので、こんなに聞きやすいノイズ感のあるバンドはそうそういない。かと思えば、ベースは絶対にライブではオールバックにキッチリジャージ、ギターボーカルはライブ中は年中下駄しか履かない、みたいな謎のスタンスを貫いてたりするんですけど。それがアンバランスなようで、一種「シュール」という意味ですごくバランスがいいパフォーマンスをする。そのメンバー同士のバランス感は、ライブでしか味わえない魅力ですね。


■不器用な貪欲さはライブでこそ真髄を発揮!平均年齢21歳の「Teenager Kick Ass(ティーンエイジャーキックアス)」
 若いバンドは、総じてライブの方が見応えがあることが多い。まだ青くて不器用。とにかくこいつらは「やりたい」と思ってしまったことを「やらないわけにはいかない」んです。その欲求を、全部ライブにぶつけてくる。不器用だからこそ、ティーンエイジャーキックアスはいつも全力です。全力すぎてMCとかも「それ言ったら誰か怒っちゃうんじゃないの?」みたいなことを平気で言ってしまう。その辺りは、見ていて「こいつららしいな」と思う。彼らが生きてきた人生観みたいなものも感じることができますね。若いからこそできる、反骨心むき出しのライブパフォーマンスは、CDやSNSからは聞こえてこない、あいつらの本当の叫びだと思います。


■FUJI ROCKにも出演、各所ライブハウスで話題の「突然少年」
 代々受け継がれて来たトラディッショナルな日本語オルタナティブロックバンド。でも、今各所ライブハウスで話題に上がり、今年はとうとうFUJI ROCKにまで出演した伸びしろバンドです。
 まず、年間何百本もライブを見る現場の人間からして見ていても、突然少年のギターは天才的です。個人でギターサポートの依頼があったりするくらい、その実力は周囲からも認められていて、数年後にはギタリストとして大物になってるんじゃないか?というギターの生音や指元は、楽器を触る人にはぜひ生で見て欲しい。
 それに、ボーカル。ボーカル茜一郎くんの魅力は、メンバー全員でライブのステージの上に立った時が一番伝わるんです。何ってまずすごい背丈が小さいんですよ、横周りも。他のメンバーはけっこう男らしい大きい体型なのに、真ん中に立つ彼は、「中学生か?」というくらい本当に小さい。でも、その小ささなんて感じさせない…体全部、のど全部使った、全力なライブパフォーマンスを見せてくれるんです。彼らの演奏が始まると、その空間はまるで青春映画の1ページのような雰囲気になる。でも、歌っていることはすごく普遍的なことで、そういうギャップとギャップの融合の中で、ギリギリのバランスを保っているのが突然少年の大きな魅力です。

JAPAN店長
新宿ライブハウスの中でも、よりコアな音楽好きが独自のコミュニティを作り上げている


 新宿ナインスパイスは、新宿のライブハウスの中でも特に「インディーロックやオルタナティブロックに影響を受け今と融合したバンド」が集まるライブハウス。コアな音楽をやっていることもあり、系列店の中でも自由度が高く、いい意味で「好き勝手に」音楽やそのコミュニティを楽しんでいるという。

「コアな音楽が好きというからには、大きく有名になっていく、というのとは目指すべき方向が違うと思います。でもうちにはうちなりの独自のコミュニティと音楽性があって。それが唯一無二だという自信はあります。他にはないコミュニティの中で、他のライブハウスには作れない、新しいシーンができていけばいいのかなと思っています」と、JAPAN店長。

 新宿ナインスパイスは9月で11周年を迎える。周年イベント中の9月はいつもにもまして力の入ったイベントが目白推しだ。9月1日には「バナフェス」という周年イベントの頭を飾る大玉イベントが行われる。「avengers in sci-fi」や、「さよならポエジー」などの実力派バンドもいながら、今回紹介した「ナツノムジナ」、「Teenager Kick Ass」も出演予定だ。


新宿「NINE SPICES 」
【住所】東京都新宿区歌舞伎町2-1-2 HANROKUビルB1
【TEL】03-3205-1439
【URL】http://9spices.rinky.info/

取材・文/ミクニシオリ

結成10周年!ゴジゲン『君が君で君で君を君を君を』
累計300万部の人気児童文学が映画化「若おかみは小学生」
パン好き木南晴夏が暴露!夫・玉木宏は「ごはんでもコーヒーを飲んでます」
ケンドーコバヤシ、バナナマン日村は「友達であることに変わりはない」
ずっと心にしみる育成ゲーム「昭和駄菓子物語3」〜おばあちゃんとねこ〜
キングオブコント優勝のハナコ 先月収入ゼロから1000万円獲得