「尾崎世界観は、私たちが大声で言えないことを言ってくれる」クリープハイプ最新ツアーライブリポート

 ロックバンドのクリープハイプが5thアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』のツアー追加公演、『こんな日が来るなら、もう幸せといい切れるよ』を19日、完走した。追加公演はホールツアー。全席指定席、もちろんモッシュやダイブは禁止だ。今回は4月11日に行われた神奈川県民ホールでのライブの様子をリポートする。

撮影・冨田味我

アコースティックから始まったライブ、静かに泣くファンも



 クリープハイプは結成から今年で18年目。聞くファンも、クリープハイプ自身も、時代とともに変化しているのだと思う。当日のホールには、女性が多かったろうか。みなそわそわと、指定席に腰掛けながら、主人公が現れる前のステージに熱い視線を向けていた。

開演のブザーが鳴り響くと、客席から人々が跳ねるように立ち上がった。1stアルバムの、しかも初回限定盤に収録されていた、名曲「ex ダーリン」のアコースティックからの始まりだった。

尾崎世界観という男は、今のバンドシーンに1ジャンルとして君臨する「共感性バンド」「ノンフィクションさ」というフィールドを作った男なのではないだろうか。クリープハイプの曲は、今らしい消費されゆく女性の姿を彷ふつとさせる、終わってしまった恋の曲や後悔を振り返るような歌が多い。

「exダーリン」もそんな曲だ。隣にいる女性が、尾崎の高音に震え、静かに涙を流し始めた。千切れそうな高音を聞いていると、なぜか泣きそうになる。その気持ち、分かる。
会場には、まだ学生らしき人も多かった。1stアルバムの発売は2012年。追いかけて全曲聞くような、濃いファンたちが集まっていることを感じさせた。
1 2 3>>>
m-flo、最新シングルMVで「ハワイとメイクラブ」?
リコシェがタイトル初挑戦でUS王座戴冠【6・23 WWE】
“ガールフレンド”ベッキーの救援でロリンズが王座防衛に成功【6・23 WWE】
戸澤のクルーザー級王座返り咲きならず【6・23 WWE】
高橋歩とEXILE ÜSAが共著『NEO ZIPANG』発売を記念してトークイベント開催
5・6扇久保vs清水戦の裁定を「KO勝利」から「テクニカル判定勝利」に変更【修斗】