ふかわりょう男の敵に「虫唾が走る」とバッサリ!その狂気を東野幸治も絶賛

 お笑い芸人のふかわりょうが19日、最新エッセイ集『世の中と足並みがそろわない』(新潮社)の刊行を記念し、八重洲ブックセンター本店にてトーク&サイン会を行った。ふかわが「出会わなかったら今日の私はなかった」と敬愛してやまない東野幸治をスペシャルゲストに迎え、息もぴったりのトークで会場のファンを沸かせた。
『世の中と足並みがそろわない』刊行記念トーク&サイン会で拳を合わせるふかわりょう(左)と東野幸治
 東野は、同書の感想を「ふかわりょうがどんだけ面倒くさい奴か」といい、〈たまに、ロックミュージシャンが、男性限定のイベントを開催したりしますが、(中略)虫唾が走ります〉(「男の敵」)というフレーズを読み上げ「めちゃくちゃ面白かった。穏やかな感じで『5時に夢中!』の司会をしながら、そんなことを思っているのかと」と絶賛。ふかわは「日常で心の中に溜まっていたものを、ちょっとずつお湯に溶いて出したつもり。そこだけ抽出すると、誤解が……」と弁明した。

 刊行をきっかけにエゴサーチを始め、書籍の購入を迷っている人にいきなり「チョーおすすめだよ!」などとリプライしているというふかわ。今までアンチが多いと思っていたSNS上に、意外と認めてくれる読者が多かったことで、開放されたような気持ちになったのだとか。それでも「根っこの部分は〈虫唾が走る〉ですから」とたたみかける東野に、ふかわは「増刷したら表現を変えましょうか」とタジタジに。

 当初は収録するエッセイ「溺れる羊」がそのままタイトルになる予定だった。「今のタイトルのほうがふかわりょうのイメージとピッタリくる」という東野に、ふかわが「そういうつもりで書いてない」と反論すると、東野は「自分のことを真っ当だと思ってるでしょ? びっくりするくらい気が狂っているから。『ひるおび!』の彼はニセモノですから!」とピシャリ。
1 2 3>>>