2倍楽しい!TGCコラボステージ

2014.09.14 Vol.626
今年も大盛況だったリアルクローズのファッションフェスタ『第19回 東京ガールズコレクション2014 AUTUMN/WINTER』。10周年を迎える今回は“10th Anniversary 「Power of Fashion!−PROLOGUE−」”をテーマにTOKYO GIRLSの多彩なトレンドが集結。今回はいろいろなアイテムやカルチャー、豪華ゲストが登場するコラボステージに注目!

TGC TIPS for 2014 A/W  プラスワンアイテムで今年風に!

2014.09.14 Vol.626
HAT/CAP ベレー帽なら女子力アップ間違いなし!62618.jpg  季節を問わず、ファッションコーディネートに欠かせないアイテムとなったハットやキャップ。秋冬シーズンには防寒という目的も加わって、春夏以上に欠かせない存在になってくる。ランウェイをみると、女の子の魅力をぐっと引き上げるベレー帽が大活躍の兆し。ブラックはもちろん、レッド、グレーなども。



ACCESSORY ブラックには大振り&派手なデザインが合う62619.jpg  ブラックやダークカラーでシンプルにまとめたコーディネートに合わせるアクセサリーは大きなモチーフのネックレス。チェックや柄物のアイテムにも映える。敬遠しがちだった派手なデザインも全体をきゅっと引き締め、それぞれのアイテムの魅力を引き出す。リュクスなものや遊び心があるものでもグッド!



BAG アクセ感覚でビビッドカラーにトライ!62620.jpg  ブラックや落ち着きのあるカラーでまとめたファッションを引き立ててくれるのがバッグ。キャンディーのようなピンクやブルーのバッグたちがコーディネートにスパイスを加えてくれる。今季買い足すならば、アクセサリー感覚で使えるカラフルバッグがおすすめ。ビビッドカラーにも挑戦してみて!



FUR 秋冬度上げるふわふわファーはマストバイ!62621.jpg  定番のファーは秋冬には欠かせないアイテム。ファーを取り入れたジャケットやコートはもちろん、マフラーやスヌード、帽子、イヤーマフなど小物類もピックアップしたい。ゴージャス感を演出したり、カジュアル感やアウトドア感が増すイメージもあるけれど、キュートさもプラスしてくれる。

TGC 2014 A/W 鉄板のレザージャケットはライダースが狙い 

2014.09.14 Vol.626
 春夏と比べて、素材も豊富で重ね着コーディネートも楽しめる、秋冬ファッション。さまざまなアイテムが出そろうなかで、定番かつマストハブとなったのがレザーだ。ライダース、ノーカラー、テーラードなどバラエティーに富んだラインアップのジャケットはもちろん、さまざまなレングスのコート、スカートやパンツなど、ピックアップするアイテムも豊富で選択肢も幅広い。  TGCのランウェイで目に付いたのが、ブラックのライダースジャケットだった。どのブランドのショーにも必ず一点は登場するといっても過言ではないほど鉄板アイテムになっていて、それぞれレトロなミニワンピースやボタニカル柄の柔らかい素材のワンピースなどフェミニンなアイテムとミックスさせたり、デニムやスリムなボトムスと合わせてカッコいいを追求するコーディネートなど、大活躍だった。今季、レザージャケットを買い足すなら、このタイプがオススメといえそうだ。  また、ライダースでも、イチオシはダブルのもの(写真11)。シングルと比べると、よりマニッシュなイメージがあるけれど、その力強さがフェミニンなアイテムとの相性がいい。襟のついた清楚なミニワンピースと併せると凜とした雰囲気が加わる。ワンピースの良さを最大限に引き出して、女の子らしさを演出していた。また、ジャケットは、着込む、肩にかけるなど取り入れ方を変えるだけで印象も変わるので、気分やシチュエーションに合わせて楽しめそうだ。  気付けば、9月も半ば。まもなく本格的な秋の気配が漂い始め、秋冬ファッションをまとった人たちで街がいっぱいになる。今こそ、準備に着手するタイミング。TGCから得たヒントを参考に、あなたのクローゼットも充実させてみて! ただでさえ楽しい秋のお出かけが、もっと楽しくなるはずだ。

TGC 2014 A/W 秋冬のキーワードはクロ使い!

2014.09.14 Vol.626
街を歩けば、ショーウインドーはすでに秋模様。そろそろ自分のクローゼットも秋仕様にチェンジするタイミングだ。最新アイテムやトレンドカラーを買い足して、コーディネートもバージョンアップ。さて、何を足したらいいの? リアルクローズの祭典「東京ガールズコレクション 2014 AUTUMN/WINTER(TGC)」からヒントをもらった!

あなたもきっと誰かのヒーロー『ヌイグルマーZ』

2014.08.31 Vol.625
 主演・中川翔子、監督・井口昇、原作・大槻ケンヂという豪華かつ奇跡のコラボで生まれた、異色の特撮ヒーロー映画。大槻のパンクバンド・特撮の楽曲をモチーフに大槻自身が手掛けた小説『縫製人間ヌイグルマー』を、『電人ザボーガー』の井口監督が実写化。ヌイグルマーのキャラクターデザインを『エヴァンゲリオン』シリーズの鶴巻和哉・コヤマシゲトが手掛ける。  全身ピンクの甘ロリ女子・夢子は、姉・冬子の家で居候を始めるが何をやってもドジばかり。冬子の娘・響子には“ダメ子”とあだ名をつけられ嫌われる始末。そんなある日、地球征服を狙う宇宙人が街を襲撃。命がけで響子を守ろうとした夢子は、響子のぬいぐるみに憑依していた宇宙生命体と合体し、ピンクのヒーロー、ヌイグルマーに変身する。

あの2人が帰ってきた!! 黒田勇樹と赤ペン瀧川先生がお悩み相談ライブ

2014.08.30 Vol.625
 7月から本紙ウェブで「新ハイパーメディア人生相談」を連載中の黒田勇樹となんでも添削家の赤ペン瀧川先生によるお悩み相談ライブ「赤ペン瀧川先生と黒田勇樹の自由と独立Vol.5」が9月23日、新大久保のネイキッドロフトで開催される。  このイベントは昨年5月の第1回を皮切りに12月までに立て続けに4回行われ、今回は9カ月ぶりの開催となる。 「早くやってほしいという声をたくさんいただいたのですが、2人ともお金にならない細かい仕事でスケジュールが埋まってしまって、なかなかタイミングが合わなくて…」とは赤ペン瀧川先生。  内容は至ってシンプル。入店時にお客さんに書いてもらったお悩みを2人がみんなの前でバッサバッサと解決していくというもの。  とはいっても若くして人生のあれやこれやを図らずも経験してきた2人の言葉は時にがんちくに富み、時に実体験を含み、と不思議なエンターテインメントに仕上がっている。  ライブにあたり打ち合わせ中の2人に直撃。 「相談されることが多くなり地元で“解決おじさん”と呼ばれだした僕の解決っぷりをぜひ見に来て下さい!」」(黒田)「迷える子羊の“早くやってくれ、例のライブ!”という心の叫びがビシビシ伝わってきてます。これはもうやるしかねえ!」(赤ペン)とのこと。  ちなみに赤ペン瀧川先生は9月2日から新宿のサンモールスタジオで空想組曲番外公演『無意味な花園』に、黒田は9月3日から池袋シアターグリーン BIG TREE THEATERでツラヌキ海賊団『みんなのうた』とそれぞれ舞台に出演。  相変わらず振り幅の広いジャンルで活動中なのだ。

綾瀬はるかが道頓堀グリコ看板工事幕に

2014.08.25 Vol.624
 
20140825a.jpg
  綾瀬はるかが道頓堀で走る? 25日、リニューアル工事中の大阪道頓堀のグリコ看板を覆った、綾瀬がプリントされた特別工事幕が公開された。

   綾瀬が白いミニドレスで両手を高く上げているもので、グリコの看板を思わせる。江崎グリコは「工事期間中でも道頓堀にお越しいただいた皆様に楽しんでいただけるように企画しました」。

 6代目となる新しい看板は2014年秋ごろになる予定。

カードとネットで対戦の新感覚ゲーム「ガンダムデュエルカンパニー」

2014.08.02 Vol.623
 トレーディングカードとブラウザゲームで遊ぶ、世界でひとつだけのガンダムゲーム『ガンダムデュエルカンパニー』のPC向け正式版、そして商品第一弾『ガンダムデュエルカンパニー01』が7月24日、世界同時公開&発売された。今後、スマートフォン向けの正式版も順次配信の予定だ。  世界最強の指揮官を目指すゲーム。遊び方は、PCやスマートフォン、タブレットから会員登録をした上で、お店で購入したカードのシリアルコードを登録して遊ぶ。ゲームでは3×3マス目にモビルスーツとパイロットのカードを配置して小隊を編成。機動力や戦略などを考えながら、自分だけのMS部隊を編成して出撃する。それぞれの関係性や所属軍、製造メーカーなどの組み合わせによってコンボも発動するなどファン心をくすぐる。カードは、「モビルスーツ」と「パイロット」がある。イラストは描きおろしで、全103種。カードをコレクションするだけでも120%楽しめる。

『月刊「根本宗子」』こんなタイトルつけられたら見に行かないわけにはいかない

2014.08.02 Vol.623

 今年最初の発行号で「2014年、気になる人」としてインタビューした根本宗子。劇団『月刊「根本宗子」』主宰、作家・演出家、そして女優として案の定、2014年は大忙しの日々。そんな中、8月22日から月刊「根本宗子」第9.5号『私の嫌いな女の名前、全部貴方に教えてあげる。』を上演する。 「ダメな恋愛ものは1月公演で一区切りのつもりだったんですが、どうしてもやりたい題材ができてしまって、今回やることにしました。ごくごく私の私情をはさんだ理由なんですが(笑)、何かがありまして…それは秘密です(笑)」  どういったお話? 「アイドルを取り巻く女たちの話です。途中から何を見せられているんだろうという時間が、多分あります。脚本的には劇的な物語はなにも起こりません。説明ゼリフを排除して、くだらない会話だけで人柄を見せることを前半、1時間半ほどやってみようと思っています」  アイドル役でD-BOYSの土屋シオンが出演する。 「顔がアイドルっぽくて可愛いいというのがこの役の絶対条件だったんで、そこはこだわりました。本物のアイドルをアイドルの役に据えたことでだいぶリアリティーが増しました」  幕が上がってのお楽しみなのだが、ちょっと変わった設定とタイトルに隠された秘密がある。 「いろんなお芝居を見てきて、最近みんな同じに見えて、見飽きてしまっていたんです。それで“自分は違うんだ”と思ってやってきたんですが、それもやり飽きてしまい、行き着くところに行き着いてしまったのが今回の作品なんです」  相変わらずのチャレンジャーだ。

なぜ神保町花月はお笑い芸人にこんな過酷なことをさせるのか…「ト書き~即興芝居ライブ~」

2014.07.05 Vol.621
 吉本興業の数あるホールの中でも異彩を放つのが神保町花月。新喜劇とはまた違った形で、若手芸人を起用した「演劇」を中心としたプログラムが組まれているのが特徴なのだが、それ以外でも風変わりな企画が目白押しだ。  5月には2020年に東京でオリンピックが開催されることから「日本のお笑いが世界で№1だということを証明するためにはどうしたらいいか」と考え、外国人のお客さんを集め、芸人がカタコトの英語だったりアクションを多用したコントなど、工夫を凝らした芸を披露するライブを行った。そんなスタッフが今回企画したのが「ト書き~即興芝居ライブ~」なるイベント。内容はゲストの映画監督から事前に3~4行程度のト書きをもらい、若手芸人がそれをもとにそれぞれタイトルと内容を考えたものを観客の前で披露。それに対してゲストが演出やダメ出しをしていくというもの。  芸人は通常はネタを考え、合わせ、練ってから舞台に上げるから、ふだんとは全く違うことをやることになる。前述の外国人向けのライブといい、ここのスタッフは芸人さんにやけに厳しい!? 「新しい形で演劇・映画などの関係者とよしもと芸人がコラボできればいいな、と単純に思っていたんです。ゲストさんを探していくうちに、作品を作る上で、俳優、芸人関係なく常に面白い演者を探しているというお話をよく耳にしました。これはやるしかないと思い、映画監督さんと芸人さんの新しい出会いになる事を願ってこのイベントを企画しました」とはプロデューサーの武田さん。  即興劇が終わった後は、ゲストと芸人のトークショー。ダメ出しされた芸人たちの反撃がここで見られるかも…!?

井浦新、TOKIO松岡にあだ名付けられた?!

2014.06.30 Vol.620
 7月10スタートのTBSドラマ「同窓生~人は、三度、恋をする~」の出演者による制作発表会と試写会が30日、都内の会場で行われた。発表会には、連続ドラマ初主演となる井浦新のほか、主要キャストである稲森いずみ、松岡昌宏(TOKIO)、板谷由夏が出席した。  同作品は恋愛漫画の巨匠・柴門ふみの原作で、25年振りに同窓会で再会した中学時代の同級生4人が繰り広げる大人の恋愛ドラマ。40代という人生の折り返し地点に差し掛かりながらも、揺れ動く4人の気持ちを丁寧に描く。  主演の井浦は自分の役柄について「40歳にして、いまだに純度の高い言葉をはく男です。純粋ではあるが、20歳前後の純粋さとは違う、それなりの経験を重ねた上での純粋さを表現できれば」と分析。また、現場でのエピソードを聞かれた松岡は「スタッフやマネージャー抜きで4人だけで、新宿の居酒屋に行きました。面白いことに、台本と同じ事言うんです(笑)。そこでお互いの呼び方を決めることになって、僕は最初井浦くんのことを“ウラウラ”って呼んでいたんですけど、いつの間にか“アラアラ”になっていた(笑)。今は“シン君”って呼んでいます」と笑いを誘った。  7月10日(木)夜9時スタート。初回は15分拡大。

Copyrighted Image